浅村栄斗(楽天)成績予想2019年!前年を超えるのは可能か?

浅村栄斗(楽天)成績予想2019年!前年を超えるのは可能か?

浅村栄斗選手は、西武ライオンズからFA宣言して楽天ゴールデンイーグルスに移籍しました。

2018年は3割、30本、100打点の大台をすべてクリアしてチームをリーグ優勝と最高の1年になりました。

 

しかし2019年は新天地で新しいスタートを切るわけですが同じ、またはそれ以上の成績を残すことはできるのでしょうか?

今回は、そんな浅村栄斗選手の2019年の成績予想をします。

 

Sponsored Links

浅村栄斗(楽天)成績予想2019

甲子園の常連強豪校、大阪桐蔭高校から高卒で西武ライオンズに入団して10年目の浅村栄斗選手は、2018年大活躍でしたね。

浅村栄斗選手の2018年の成績

出場試合打率打数安打本塁打打点
143.31056517532127

素晴らしい成績で終わった2018年ですが新天地で迎える2019年の成績はどうなるのか?

早速、予想から行きます!

 

浅村栄斗選手の成績予想2019年は

打率2割9分、本塁打25本、打点85

となりました。

なので打撃主要3部門はすべて前年より下がるという予想です。

 

予想理由

浅村栄斗選手は2018年、西武ライオンズのパリーグ優勝にチームのキャプテンとして、大きく貢献しました。

また、チームの優勝と共に個人的にも2度目の打点王のタイトルを獲得。

 

しかしFA(フリーエージェント)権を取得し、交渉の結果、楽天への移籍が決まりました。

楽天と言えば同じパリーグのチームです、となると移籍しても対戦するピッチャーは、あまり変わりありません。

もちろん、ライオンズ投手陣とは、レギュラーシーズンでの対戦は初めてになりますが紅白戦や練習では打っていると思います。

 

となると1年間故障や怪我がなく、試合に出続けることができれば、それほど成績が落ち込むことは無いと思います。

ただ、2018年ぐらいの成績を残すのは現実的に厳しいでしょう。

 

2018年は、安打数、本塁打、打点など多くの部門でキャリアハイの成績を残しています。

しかしあれだけの成績を残せたのは、もちろん浅村選手の努力が一番ですが、それにプラスして山賊打線と呼ばれる打撃陣の好調さがあったから。

1番から9番まで抜かりない打線は相手ピッチャーからしたらホント脅威の打線です。

 

西武時代は、後ろにホームラン王を獲得した山川穂高選手が控えていたのでピッチャーも浅村栄斗選手と、簡単に勝負を避けることができませんでした。

そのため、ストライクゾーンでしっかり勝負をしてもらえたんですね。

 

1番バッターには出塁率の高い秋山選手がいましたから、ランナーがいる状態で打順が回ってくることが多かったので、必然的に打点を稼ぐことができました。

しかし、楽天の場合では1番には今年の新人王の田中選手がいますが、打率は2割7分ぐらいですし、2番には茂木選手がいますがケガがちなので、どうしても打順を固定することができなかったんですね。

 

浅村選手は楽天に行ってもおそらく西武時代と同じように3番に座るか、場合によては4番を打つ可能性もあります。

しかしランナーがいる状態で打順が回っていることは西武の1、2番コンビとは違うので2019年は確実に減ると思います。

 

また、浅村選手の後ろを打つ選手はウィーラー選手か銀次選手、内田選手あたりになるでしょうが、明らかに迫力不足です。

そなると浅村選手は勝負をしてもらえないケースが確実に増えると思うんですよね。

 

そこでどれだけ我慢できるかがカギになりますが、長年実績のある選手なので悪いと言われる成績にはならないと思います。

■関連記事

浅村栄斗(西武)結婚はいつ?相手は神代有子?

中村剛也(西武)成績予想2019年!本塁打30本は打てるか?

まとめ

今回の記事は、「浅村栄斗(楽天)成績予想2019年!前年を超えるのは可能か?」でした。

僕の予想は残念ながら

打率2割9分、本塁打25本、打点85になります。

 

打率は、がんばって3割いくかもしれませんが、本塁打と打点はどうしても勝負してもらえないケースが多いでしょうね。

すごい助っ人外国人でもくれば話は別ですが・・・

 

本塁打の最高が20本のアマダーで、3割バッターがいない楽天の打撃陣では、ホント浅村選手だけ要注意していればいいという感じですからね。

まあ、でも優勝した西武からFAで楽天に行った浅村選手は偉いと思います。

ソフトバンクに行けば契約金も高かったらどうし、また優勝も経験できたのにそれでも楽天を選んだというのは、お金で決めないという選手がいて良かったです。

 

Sponsored Links