選手年俸

1/2ページ

大瀬良大地(広島)年俸推移と2019年の年俸予想

  • 2018.12.12

広島東洋カープの大瀬良大地投手と言えば2018年は大活躍でしたね。 チームはセリーグ3連覇を果たし、そのエースとして君臨したのが大瀬良大地投手でした。 また、巨人の菅野智之投手と共に最多勝のタイトルを分け合い、最高勝率のタイトルも獲得しました。   ドラフト1位で広島に入団してから、中継ぎに回っていた時期もありましたが先発になれば確実に二けたは勝てる投手です。 今回は、そんな大瀬良大地投 […]

千賀滉大投手の年俸推移とソフトバンクの育成力

  • 2018.12.03

常勝軍団のソフトバンクで千賀滉大投手は無くてはならない存在です。 元々は育成契約のさらに下位の4位指名で入団しました。   しかし千賀滉大投手は、育成から支配下登録を勝ち取り、1軍にも上がってエースにまで上り詰めました。 契約金も無く支度金として300万円、年俸270万円、背番号120からスタートしたわけです。   それが入団から、たった8年目で1億円プレーヤーですからね。 ま […]

東浜巨(ソフトバンク)年俸推移と2019年年俸予想

  • 2018.11.30

ソフトバンクホークスの東浜巨投手は2017年に最多勝のタイトルを獲得しました。 エースとして活躍が期待された2018年は故障の影響で長期離脱。   最終的には17試合の登板で7勝5敗と前年を大きく下回る成績で終わりました。 今回はそんな東浜巨投手の年俸推移と2019年の年俸予想をします。   Sponsored Links 東浜巨(ソフトバンク)年俸推移 沖縄出身の東浜巨投手は […]

小林誠司(巨人)年俸推移と正捕手へのいばらの道

  • 2018.11.27

巨人の小林誠司捕手は、肩が良く盗塁阻止率もセリーグNo1のキャッチャーです しかし残念なことに打撃がさっぱり・・・   2018年は、春の珍事というか開幕からしばらくは首位打者の状態でした。 でも終わってみればやっぱり定位置、規定打席に足りなかったのです個人成績には載りませんが載ったら最下位という打率でした。   そんなだから年俸推移も微増ばっかりなんですよね。 2019年は、 […]

藤浪晋太郎(阪神)年俸推移と2019年の復活成績予想

  • 2018.11.24

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手は、高卒1年目から10勝を挙げるなどエース級の活躍をしました。 ライバル大谷翔平投手と共にこのままどんどん飛躍していくと思ったんですけどね・・・   入団3年目の2015年は、14勝7敗、防御率2.40という好成績を収め、若干21歳で奪三振のタイトルも獲得しました。 でも、これが藤浪投手のピークだったんですよね。 その後、四死球から崩れる試合が増え、2軍調整 […]

金子千尋(オリックス)年俸推移と史上最大限減俸でどうする?

  • 2018.11.21

オリックスのエースと言えば金子千尋投手ですよね。 過去に沢村賞や最多勝、最優秀防御率など多くの賞を獲得しています。 それだけ優れた選手なんですが4年総額20億年(年俸5億円)の大型契約を結んでから調子を落としてしまいました。   その為に年俸高すぎという声も多く聞かれるようになった金子千尋投手ですが、さらに昨年の年俸は5億円ではなく6億円だったことも明るみに。 来年(2019年)の年俸は […]

炭谷銀仁朗(西武)年俸推移とFA巨人で試合出場は?

  • 2018.11.20

炭谷銀仁朗選手は長年、西武ライオンズの正捕手としてチームを支えていました。 課題だった打撃も2017年は改善され打率.251をマーク。 しかし2018年は森友哉選手の台頭、チーム方針もありスタメン出場は激減しました。   シーズンオフにはFA宣言し、出場機会を求め巨人移籍は、ほぼ確実な状況なんですよね。 今回は、そんな炭谷銀仁朗捕手の年俸推移と巨人入団で大丈夫なのか、予想してみました。 […]

浅村栄斗(西武)年俸推移とFA宣言でどこへ行く?

  • 2018.11.17

西武ライオンズのキャプテンと言えば浅村栄斗選手ですよね。 2018年は、2度目の打点王にも輝きチームはパリーグ優勝と大活躍のシーズンを送りました。 高卒入団10年で年俸が下がったのは1度だけという安定感バツグンの浅村栄斗選手。   今年はFA(フリーエージェント)権を取得してFA宣言しました。 浅村栄斗選手を獲得したい球団は複数あるようですがどこにいくのか? それとも宣言後残留もありえる […]

秋山翔吾(西武)年俸推移と3年契約の最終年はどうなる?

  • 2018.11.11

西武ライオンズの核弾頭と言えば秋山翔吾選手ですよね。 プロ野球のシーズン最多安打216本の記録保持者でもあります。 アベレージヒッターだった秋山翔吾選手は、2017年からは本塁打も倍増。 相手チームからしたら、やっかいな選手になりました。   そんな秋山選手は2016年オフに契約更改交渉を行い、年俸2億円プラス出来高払いの3年契約を結びました。 そして2018年オフは3年目最終年の契約更 […]

柳田悠岐(ソフトバンク)年俸推移と3年契約後はどうなる?

  • 2018.11.10

ソフトバンクの柳田悠岐選手は、今、日本の野手で一番の選手ではないでしょうか。 打って良し、走って良し、守って良しの三拍子揃っています。   独特の豪快なフルスイングは、けして小学生はマネしちゃいけないと言われますがこれだけ結果を出すとどうしてもマネしたくなりますよね。 あのアッパースイングだから高打率と飛距離が伸ばせるなら野球の教えからは一から考えないといけないかも知れないですね。 &n […]