後藤駿太(オリックス)年俸推移と2019年の年俸予想

後藤駿太(オリックス)年俸推移と2019年の年俸予想

高卒1年目から1軍出場を果たした後藤駿太選手。

毎年数試合は1軍の試合に出ているんですが結果が残せていないのが現状なんですよね。

強肩を生かした外野の守備は光るものがあるんですが課題の守備が落ち込んでいます。

 

戦力外もささやかれ始めた後藤選手ですがもう一度奮起してもらいたいものです。

ただ年俸のダウンは必至でしょうね。

はたして契約更改ではどうなるのか、今までの年俸推移と2019年の年俸予想をします。

 

Sponsored Links

後藤駿太(オリックス)年俸推移

後藤駿太は、2010年に群馬の前橋商業高校からドラフト1位でオリックスバファローズに入団しました。

契約金:7,500万円

年俸:700万円

で合意して入団しました。

1年目から8年目までの年俸推移

年度入団年俸年齢
2018年8年目2,900万円25歳
2017年7年目2,500万円24歳
2016年6年目3,000万円23歳
2015年5年目3,000万円22歳
2014年4年目1,500万円21歳
2013年3年目1,100万円20歳
2012年 2年目1,000万円19歳
2011年1年目700万円18歳

後藤駿太選手は高卒8年目で25歳です。

ドラフト1位ということもあり本来なら油が乗り気ている頃なんですが、なかなか満足いくシーズンをすごくことができません。

年俸推移を見てもそれが顕著に表れ8年間で微増減がほとんどです。

 

唯一、後藤選手本人も納得できたシーズンは2014年だけだと思います。

この年は127試合に出場して打率.280、本塁打5本、打点30、盗塁5、出塁率.332とほぼキャリアハイの成績を残しています。

そして年俸もこの年は1,500万円から3000万円と倍増したんですよね。

 

しかし2015年以降は毎年打率は.250を下回っている状態で2016年はとうとう1割台の打率まで落ち込みました。

2017年は奮起して129試合出場の打率.240まで戻したんですが、今年(2018年)は、出場機会が激減、打率も.225という成績でシーズンを終えました。

 

Sponsored Links

後藤駿太2019年の年俸予想

今年(2018年)大幅に出場機会が減った後藤駿太選手。

100%ダウン提示だと思いますが年俸予想を発表します。

2019年の年俸は2,000万円と予想しました。

今年2900万円から400万ダウンですね。

 

年俸予想をした理由

今季は出場が33試合とプロ入り3年目から続いていた100試合以上出場を大きく下回ってしまいました。

1・2年目の出場試合数が30・32試合ということでその激減ぶりは明らかです。

昨年までは守備固め・代走などでの出場が多かったが今年はそれすらもチャンスをもらえなかった。

 

守備・肩は球界を代表するものがあるにもかかわらず、この出場試合数ということでチームの中で必要とされているのか疑問が生じる。

一部オリックスファンの間では「トレード要員」という声もあがるほどになってしまった後藤選手。

秋季キャンプやフェニックスリーグへの招集もかかっていないため個人的には、戦力外通告もあるのではと見ていたくらいなんですよね。

 

高卒ということでまだまだ若いと言えるが、もっと若い選手が外野にコンバートされチャンスを掴み結果を残しつつあります。

同じように俊足強肩の選手が複数いるチーム事情も相まって後藤駿太選手の年俸のダウンは避けられないでしょう。

微増が多かった年俸もこれからはダウン提示が多くなると思います。

もちろん自由契約にならなければの話ですが・・・

 

予想した金額より下回っても驚かないくらいである。それくらい戦力外通告の選手の中に名前があっても驚かない今年の成績であり起用のされ方でした。

二軍戦ですら出場があったりなかったりの現状だったので来年は奮起して後藤駿太なくしてオリックスの躍進なしと言われるくらいの活躍を見せてほしいものです。

上州のイチローという名前をほしいままにし高卒1年目で開幕スタメンを勝ち取ったポテンシャルを結果に結び付けてほしいですね。

最後に

プロ野球選手ってなかなか因果な商売ですよね。

活躍しているときは普通のサラリーマンでは考えられないような給料(年俸)をもらいます。

しかし、毎年入団してくるライバルに勝たなければいけません。

 

チーム内の競争に負ければ試合にも出られなし年俸も上がらない。

年俸推移を見ればだいたいどれくらい活躍したかは予想がつきますよね。

後藤駿太選手は今、非常に厳しい立場に置かれていると思います。

 

しかし心機一転、秋季キャンプ、春季キャンプ、オープン戦と首脳陣にアピールして、来期は活躍し年俸も、もう一度3000万を超えるように頑張ってもらいたいですね。

 

Sponsored Links