阪神タイガース2019スタメンレギュラー予想

阪神タイガース2019スタメンレギュラー予想

2018年の阪神タイガースは17年ぶりの最下位の終わりました。

17年前の阪神は暗黒時代だったんですが同じことが起こらないか不安になってしまうファンも多いでしょう。

2019年は矢野新監督を迎えて立て直しを図るわけですが投打ともしっかり固定されていたい感じですよね。

そこで今回は阪神ファンの方にタイガースの2019年スタメンレギュラーを予想してもらいました!

 

Sponsored Links

捕手(キャッチャー)梅野隆太郎

2019年の阪神タイガースのスタメンキャッチャーは梅野隆太郎捕手だと予想します。

去年も梅野がレギュラーだった原口は肩か肘に問題があり長期間は捕手が出来ないと重み増す

個人的には守備と打撃の両面のバランスで坂本を推したいがおそらく梅野になる可能性が高いのではないでしょうか。

 

梅野がレギュラーになる要因として盗塁阻止率が高いこと。

それともうひとつ、たまに一発があるところも魅力です

打順は8番固定で確定だと思いますが梅野が7番を打つようでは2019年の阪神は優勝できないと個人的に思います

一塁手(ファースト)マルテ

阪神タイガース2019年の一塁手スタメンレギュラーはマルテ選手だと予想します。

一塁はどこの球団も助っ人外国人のために開けている傾向があります。

阪神も例外ではないし毎年一塁は課題のポジションなんですよ

 

今年(2019年)は新外国人のマルテに大いに期待したい

原口も個人的には一塁の有力候補ではあったが大腸がんの手術後、リハビリ中である。

原口選手には焦らずリハビリに専念して来季の復帰を目指してほしいですね。

 

なので今年の一塁はマルテのレギュラーで固いでしょう

守備の負担を減らして打撃にという考えでベテランに一塁を守らせること全球団がたまにやっています。

しかし福留の一塁は個人的には無しなので一塁はマルテがいい

二塁手(セカンド)糸原健斗

阪神タイガース2019年の正二塁手は糸原健斗選手だと思います。

セカンドはもともと今阪神に有力な選手いないのが現状です

2017年までは守備の名手、大和選手がいたけど横浜DeNAベイスターズにFA(フリーエージェント)で移籍してしまった。

 

2018年はそれを確実に埋めれる選手がいなかったのでセカンドは今は穴なんですよね

鳥谷選手がベテランになったので肩を考慮してセカンドに、ということはあるが鳥谷はショートの方がいい

糸原選手はショートをやったりしているけど社会人の時はセカンドだったようだしセカンドに慣れている

そう考えるとセカンドは糸原選手に落ち着くだろうと予想しました。

三塁手(サード)鳥谷敬

阪神タイガースのスタメンサードは鳥谷敬選手と予想しました。

阪神はサードも穴で大山選手とか鳥谷選手とかいろんな選手がこれまで守ってきた

個人的には鳥谷はショートの方がいいけど今年のショートは北条選手と木浪選手がいるので二人のどちらかを使ってほしい

 

それに比べてタイガースのサードは穴で大山はまだ打率がレギュラーではない

ベテランの鳥谷選手はセカンドやショート、それにサードを守れるし実績も十分なので2019年は鳥谷を三塁手のスタメンで起用したい

 

Sponsored Links

遊撃手(ショート)北條史也

阪神タイガース2019年ショートのレギュラーは北條史也選手と予想します。

今年のショートはいろいろいるけど北條史也選手がスタメンではないでしょうか。

木浪選手を使っても欲しいけど去年の実績があるのでやはり北条選手の方が一歩有利な状態にあるように思います。

 

鳥谷選手はベテランの域に入ったのでチーム事情としてショートではあまり使わないと予想している

そう考えるとショートは北条選手が少しスタメンに近づいていると思う

しかし調子や成績によっては木浪選手がシーズン途中にポジションを獲る可能性もあると思います。

左翼手(レフト)中谷将大

阪神タイガースの2019年レフトのスタメンレギュラーは中谷将大選手と予想します。

阪神タイガースの外野のレギュラー争いはし烈で誰が出てきてもおかしくありません。

しかし外野のどこかのポジションに必ず入るのは中谷選手かと思います

 

中谷選手には魅力的な一発があるし昨年スタメンで出ています。

他にも高山選手とかいいのがいるけど中谷選手の方が安定感がある印象があります。

なので中谷選手がスタメンレギュラーとして定着すると予想しています

他にも今までで出た選手で俊介選手とかがいるけど中谷選手の方が圧倒的に有利ではないでしょうか

中堅手(センター)近本光司

阪神タイガース2019年センターのスタメンレギュラーは近本光司選手だと予想します。

当確ではないけれど阪神には糸井福留に代わる外野手を育てたいという意図があると思うんですよね。

そんな風に考えると足が速くて一番打者にうってつけ素養を持っている近本選手は首脳陣からかなり期待されているのではないでしょうか。

 

また近本選手はルーキーとはいえ年齢的にもう24歳、プロ野球入団としては少し遅い部類に入ると思います。

そうなるとスタメン張れるぐらいの選手でないとドラフトにかからないと思うんですよね。

そのあたりの考察からセンターは新人の近本選手がレギュラーを奪取するんじゃないかと予想しました。

右翼手(ライト)糸井嘉男

阪神タイガースの2019年ライトのスタメンレギュラーは糸井嘉男選手と予想します。

別の考えではライトは福留でセンター糸井という選択肢もある。

しかし年齢的なことを考えるとどちらかは代打に回った方いいと思います

 

なので糸井をライトに押すことにしました

外野は他の候補として高山中谷福留近本板山あたりがレギュラーを狙っている。

しかしライトは肩必要なポジションなので福留か糸井を推す

この二人なら打率も残るし一発もある個人的にはクリーンナップを打つか6番あたりで固定したいですね。

阪神タイガース先発ローテーションの6投手

阪神タイガースの先発ローテーションピッチャーは以前の記事に書いてあります。

⇒阪神タイガース2019年開幕投手&先発ローテーション

 

開幕投手はメッセンジャー投手と予想しています。

メッセンジャー投手は今年から外国人枠も外れます。

それくらい長く日本プロ野球で活躍した投手ですから安定感もありますが、カッかして自滅するパターンも。

 

オリックスからFA移籍で西投手を獲得したのも大きいし、中日を自由契約になったガルシア投手を獲得できたのもとても大きいです。

阪神タイガースの投手陣の補強は点数をつけるなら100点だと思います。

後は藤浪晋太郎投手が完全復活すれば昨年のようなチーム成績にはならないでしょう。

 

まとめ

今回の記事は「阪神タイガース2019スタメンレギュラー予想」でした。

2019年の阪神タイガースは投手陣はかなり整備出来たと思います。

後は野手ですよね、確実な固定メンバーが約束できない状況ですから。

 

昨年は規定打席に達したのは糸井、糸原、福留、梅野の3選手だけ。

打率3割を打ったのは糸井選手の打率.308だけです。

頼りにならなきゃいけない助っ人外国人のロサリオは散々でしたからね。

今年の助っ人マルテ選手はどんな活躍をするのか楽しみですね。

 

Sponsored Links