阪神タイガース2019年開幕投手&先発ローテーション

阪神タイガースの2018年は17年ぶりの最下位に低迷しましたね。

17年前は4年連続の最下位と暗黒時代でした。

しかし同じ過ちは無いと思います、なぜならオフの補強に成功したからです。

オリックスバファローズからは西勇輝投手、中日ドラゴンズからはオネルキ・ガルシア投手を獲得したからです。

藤浪晋太郎投手も昨年の後半は復調の気配を見せ明るい材料が多い阪神タイガースですが2019年はどうなるのか?

開幕投手と先発ローテーションを予想します。

Sponsored Links

阪神タイガース2019年開幕投手は?

阪神タイガース2019年の開幕投手(第1戦)は、ランディ・メッセンジャー投手と予想します。

相手がどうであれどそのチームのエースは開幕戦の先発を務める義務があります。

今年の開幕は京セラドームのヤクルト戦。正直京セラドームでの成績も対ヤクルトの成績もメッセンジャーとしてはかなり分が悪いです。

とは言え、やはり開幕投手はメッセンジャー投手に投げて欲しいんですね。

対するヤクルトの開幕投手は原投手と読んでいます。2018年シーズン全然打てなかった投手だけに、メッセンジャー投手は7回2失点レベルの投球が要求されることになるでしょう。

しんどい開幕戦になりそうな予感がしますが、エースのメッセンジャー投手こそこのハードルをクリアしてくれるだけの経験と実績があるものと期待して開幕投手はどう考えてもメッセンジャー投手です。

今年から外国人枠を外れることですからメッセンジャー投手には阪神ファンも期待大だと思います。

阪神タイガース先発ローテーション2019第2戦は?

阪神タイガース先発ローテーション2019第2戦は西勇輝投手だと思います。

2戦目はこのオフにオリックスからFAで移籍した西投手に。阪神での最初の登板を慣れ親しんだ京セラドームで、登板という方が良いと思います。

また西投手は交流戦で少ない登板数ながら対ヤクルトの成績は上々です。

本当は甲子園で投げさせてあげたい気持ちでいっぱいですが、こればかりは高校野球がある限りどうにもなりません。

年間で160イニングオーバー、1年を通じてローテーションを守りつつ、12~3勝(10敗以下)を期待される西投手。

FAで阪神にやってきて、どのようなピッチングを見せてくれるか楽しみです。

阪神タイガース先発ローテーション2019第3戦は?

阪神タイガース先発ローテーション2019第3戦は小野泰己投手と予想します。

この3戦目が一番の悩みどころですね、前年勝ち星の順列で行けばガルシア投手。

2018年シーズンの実績から行けば小野投手、過去の実績と相性から行けば秋山投手と色々考えられます。

しかし、2カード目になる対巨人では小野投手はかなり打ち込まれているので、3戦目に小野投手を持ってきました。

3年目となる小野投手は年々ストレートの威力も増し、あとはコントロールを磨けばエースにもなれる素材。

実は2018年シーズンの阪神で開幕から1年間ずっとローテーションで投げ続けた唯一の投手であったりします。

ヤクルトの先発予想はブキャナン投手。2018年の開幕投手であり、10勝も挙げたヤクルトの実質的なエース。

実は阪神はこのブキャナン投手もあまり得意にしていません。ヤクルトの表3枚の開幕カードは結構しんどいかも。

Sponsored Links

阪神タイガース先発ローテーション2019第4戦は?

阪神の2019年先発ローテーション第4戦は、藤浪晋太郎投手と予想します。

ここから2カード目。阪神は東京ドームでジャイアンツ戦になります。

シーズンを戦うにおいて3連戦の1戦目はいかなる場合においても大切なのですが、特に大切な2カード目の1戦目は良くも悪くも2019年の阪神の命運を握る投手である藤浪投手を対ジャイアンツの1戦目にぶつけます。

2019年の阪神を占う大切な試合。2018年後半に復活の兆しが見え始めた藤浪投手がFAで丸選手を補強したジャイアンツ打線にどんなピッチングをしてくれるのか楽しみです。

なお、藤浪投手をヤクルト戦から外したのは、ヤクルトの選手はデッドボールをもらうために避けなかったり、場合によっては当たりにすら来るチームだというのも一つの要因です。

阪神先発ローテーション2019第5戦先発投手は?

阪神タイガース2019年の先発ローテーション第5戦目は、オネルキ・ガルシア投手だと思います。

2018年オフ中日を自由契約になったガルシア投手をジャイアンツにぶつけます。

昨年は中日に在籍していましたが、対ジャイアンツの成績も東京ドームでの成績も良かったですからね。

6~7イニングを3~4失点ぐらいで乗り切ってくれれば勝ちも見えてくるのではないでしょうか。

ガルシア投手の心配といえば去年の投球が他球団から研究されても2019年もしっかり通用するのかどうか?

それと阪神の捕手(おそらく梅野捕手)との相性しっくりくるかどうかという点ですね。

外国人助っ人の場合は、コミュニケーションも大切ですから。

とりあえず左の外国人投手というのはジャイアンツが、もっとも苦手とするところで、さらに昨年活躍したガルシア投手ですから阪神ファンも楽しみでしょう。

阪神先発ローテーション2019第6戦先発投手は?

タイガースの先発ローテーション2019年第6戦は才木浩人投手だと思います。

先発ローテーションの最後は難しいですね、2017年に大ブレイクした秋山投手が復調していればおそらく3戦目に投げるでしょう。

そうなると小野投手が6戦目に回ることになると思いますが、ここは2018年最もブレイクした才木浩人投手を6戦の先発に予想しました。

ジャイアンツ戦の経験もあり、度胸も抜群の才木投手がのびのびとしたピッチングができるかどうかはここまで5試合の成績にもよるかと思います。

せめて阪神が3勝2敗ぐらいでくれば才木投手も良いピッチングができるのではないでしょうか。

ここに挙げた投手以外でも青柳投手や高橋(遥)投手や守屋投手、竹安投手など、実績はさほどなくても楽しみな投手がたくさんいるのが今の阪神投手陣です。

才木投手あたりは、不調が続けばこれらの投手と入れ替えになる可能性もあります。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

巨人2019年開幕投手&先発ローテーション

広島東洋カープ2019年開幕投手&先発ローテーション

中日ドラゴンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

まとめ

今回の記事は阪神タイガース2019年開幕投手と先発ローテーションでした。

予想としては、

開幕投手(第1戦)は、ランディ・メッセンジャー投手。

先発ローテーション第2戦は、西勇輝投手。

先発ローテーション第3戦は、小野泰己投手。

先発ローテーション第4戦は、藤浪晋太郎投手。

先発ローテーション第5戦は、オネルキ・ガルシア投手。

先発ローテーション第6戦は、才木浩人投手。

今回は上記のような予想になりました。

2019年の阪神タイガースは指揮官も金本知憲監督から矢野燿大監督に代わります。

そして巨人の影に隠れて実は阪神の補強が大成功だったと思います。

昨年はロサリオを獲得したことが誤算でしたが同じ過ちはないでしょう。

2019年の阪神は最下位からAクラス、いやそれどころか広島の4連覇を阻むチームになるかも知れません。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする