しゃっくりに吐き気が伴う場合は危険信号!原因と対処方法は?

しゃっくりに吐き気が伴う場合は危険信号!原因と対処方法は?

どうも、ヒロです。

突然ですがこんなことってありませんか?

楽しく飲んでる最中に急にしゃっくりが出たり、
何にもしてないのに突然出るしゃっくり・・・

 

でも、困らない程度ならいいですが、
吐き気を伴い場合があり、そうなるとただ事ではありません。

吐き気の感覚では胃からこみ上げる感じや
すっぱい唾が出たりする場合もありかなり不快です。

いったいなんでこんなことになってしまうんだろう?

普通じゃないしゃっくりと吐き気の原因について調べてみました。

Sponsored Links



しゃっくりで吐き気ががするのはなぜなのか原因を究明

しゃっくりなんて飲み席ではいつもしてるから気にしない!

そんな楽観的な人も実は多いです。

でもしゃっくりに吐き気も伴いとしたら
胃などの消化器に何か原因があるのかな?と注意しましょう。

 

しゃっくりのたびに吐き気がする。

胃から熱いものがこみ上げてくる。

こんな症状だと考えられるのが逆流性食道炎が原因という
可能性がとても高いです。

そもそも、普段の日常生活ではあまり起きない
しゃっくりがどうしておきてしまうのか?

 

よくあるのは横隔膜の強直性痙攣、
その時に同時に声帯を閉じてしまうことでしゃっくりがおこるようになります。

しゃっくりで原因があるケースでは、
上腹部臓器や横隔膜へ刺激によるものが多数です。

どういうことなのか詳しく知りたいですよね?

 

胃や十二指腸への刺激が多い飲み物、
さらに腹部臓器の炎症、そして横隔膜の炎症(腹膜炎)する場合です。

迷走神経というのをご存知でしょうか?

臓器になる迷走神経を刺激すると、
呼吸中枢を介し、その後横隔神経も刺激されてしまいます。

 

それでも日常生活に問題が無ければいいのですが、
この状態は腎臓病や脳腫瘍のような疾患を引き起こす原因になります。

誰もが経験したことのあるしゃっくり。
そこに病気と関連付ける人は少ないでしょう。

ただしゃっくりには多くに病気が見えないところで潜んでいます。

脳神経系の病気やけが:頭部外傷、脳腫瘍、脳梗塞、等

呼吸器や消化器の病気:消化器系のがん、肺炎、気管支ぜん息等

代謝性の病気:アルコール中毒、尿毒症、痛風症等

横隔膜神経を刺激する病気:肺がん、甲状腺がん、食道がん等

横隔膜を直接刺激する病気:、肝臓がん、横隔膜下腫瘍等

このような病気が潜んでいることから、
しゃっくりが続くようなら注意をしてください。

Sponsored Links



しゃっくりが止まらないときの対処法

普通、しゃっくりをする場合吐き気がありません。
ましては痛みが出ることもありまあせん。

しゃっくりだって5~6回ですぐに収まるのなら問題ないでしょう。

 

ただ、いつまで経っても止まらないしゃっくりというのは、
仕事や勉強中なら集中もできないし結構ツライものがあります。

そこで今回はしゃっくりが止まらなくて泣きたいあなたへ
しゃっくりを止める3つの方法を紹介します。

1.まずは大きく息を吐いて、そのまま口を閉じます。

その状態から呼吸をしないで10秒間数えます。

それでもしゃっくりが止まらない場合は数を増やしていきます。

 

2.指を耳の穴に入れてから30秒数えてください。

そして30秒たったらその指を一気に引き抜いてください。

こうやって一気に抜くことで気圧が変化するので、しゃっくりが止まります。

 

3.背中まっすぐ伸ばした状態で首だけを下を向きます。

その状態で息を止め15秒~20秒ほど数えます。

息を止めたままでゆっくり唾を2回飲み込んでくささい。

飲み込んでから息をすると、しゃっくりは止まります。

まとめ

今回のしゃっくりと吐き気の記事はいかがだったでしょうか?

たかがしゃっくり、されどしゃっくりです。
誰も見てないところ、気心のしれた人の前ならいいです。

 

でも、学校や仕事のお得意先の前だと冷や汗ものです。

学校なら冷やかされたり授業に集中できません。

お得意先の前ならまとまる商談もまとまらないかも知れません。

 

まあ、最悪それが”しゃっくりだけ”ならまだいいのですが、
先ほどから話したように吐き気を伴うしゃっくりだったら・・・

そうぞうするだけで恐ろしいです。

 

なのであなたのしゃっくりが吐き気を伴い、
それが長く続くようなら病院を受診することをおすすめします。

Sponsored Links