広島東洋カープ2019年開幕投手&先発ローテーション

広島東洋カープは3年連続セリーグ優勝を果たしました。

もはや6球団の中で1チームだけ抜きん出ている状態です。

常勝軍団になった広島カープは打撃陣では、丸選手がFAで巨人に移籍したこともあり2019年は多少不安が残ります。

投手陣に関しては、2018年は最多勝を獲得した右の大瀬良大地投手と沢村賞を獲得したこともある左のジョンソン投手を中心にローテーションを組んでいましたがチーム防御率は4.12と満足いく内容ではありませんでした。

そこで今回は、広島東洋カープの2019年開幕投手と先発ローテーションピッチャーを予想します。

Sponsored Links

広島東洋カープ2019年開幕投手は?

広島東洋カープのの第1戦(開幕投手)は、大瀬良大地投手と予想しました。

大瀬良大地投手2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年272.6215720.682182

大瀬良大地投手は2017年に先発に復帰していきなり10勝2敗の好成績を上げました。

その勢いの中、始まった2018年は防御率、勝利数、投球回などキャリアハイの成績で初の最多勝のタイトルも獲得しました。

2018年は、野村祐輔投手が開幕投手を務め第2戦はジョンソン投手、大瀬良大地投手は第3戦目で初登板でした。

しかし今の実力からしたら2019年の開幕投手は大瀬良大地投手で間違いないでしょう。

大瀬良投手は中継ぎでも結果を出せた選手ですがやはり先発が一番似合います。

2019年は入団6年目、28歳と一番良い時期なので今年以上の成績を残せる可能性はあります。

広島東洋カープ先発ローテーション2019第2戦目は?

広島東洋カープの先発ローテーション第2戦目はジョンソン投手と予想しました。

ジョンソン投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018243.1111500.688144.2

助っ人外国人として日本プロ野球に来てから、すでに4年目のジョンソン投手。

4年間で3度の二桁勝利と安定感は抜群です。

2016年、2017年は開幕投手を務めおり球団からも期待大の投手です。

しかも2015年と2018年は開幕2戦目ですからね。

いかに安定しているかが分かります。

2018年はシーズン8連勝して広島球団としてはバリントン投手(13年)を抜く外国人投手の最長連勝記録を更新しました。

貴重なカープの先発左腕投手なので二けたというより、14~15勝は狙ってほしいですね。

ということで先発ローテーション第2戦目もジョンソン投手で間違いないですね。

広島東洋カープ先発ローテーション2019第3戦目は?

広島東洋カープの先発ローテーション第3戦目は島内颯太郎投手と予想しました。

島内颯太郎投手の2018年成績

九州共立大学4年で春のリーグ戦で4勝を挙げる。

最速152キロをマーク。

2018年ドラフト2位入団のため、プロでの実績は2019年が1年目になります。

島内颯太郎投手は、ルーキーとして先発3番手には入るのではないかと予想しました。

大瀬良大地投手と同じ九州共立大学出身の島内投手は非常にポテンシャルが高く、右の本格派で綺麗なフォームから繰り出す投球は美しさすら感じます。

150キロのストレートに鋭いスライダーを織り交ぜるのが特徴の島内投手。

バント処理などのフィールディングも素晴らしいので野手の足を引っ張ることもないでしょう。

個人的には先輩の大瀬良投手と同じ新人王も狙えるのではないかと思います。

苦手な球団や得意な球団などレギュラーシーズンに入ってから色々でてくるとは思います。

しかし普通に怪我なくやれたら1年間先発ローテーションを守れると思うし即戦力として活躍するのではないでしょうか。

偉大な大瀬良大地とゆう先輩に追いつけ追い越せで頑張ってもらいたいですね。

Sponsored Links

広島東洋カープ先発ローテーション2019第4戦目は?

広島東洋カープの先発ローテーション第4戦目は野村祐輔投手と予想しました。

野村祐輔投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年204.227600.538119.1

野村祐輔投手は、2018年の開幕投手です。

2年連続を狙いたいところですが、さすがに7勝6敗で終わった成績と最多勝の大瀬良投手では今回は諦めるしかありません。

しかし野村祐輔投手は、新人王を獲得するなど実績、人気共に充分。

高校時代の決勝で逆転満塁ホームランを打たれたことがきっかけで明治大学ではコントロールを磨き今では精密機械のようなコントロールを見せています。

元々定評のあった外角低めのストレートに加えて黒田氏に教わったインコースをえぐるシュートが武器。

今シーズンは怪我をして二桁勝利とはならなかったが普通に本来の力を発揮すれば二桁勝利は間違いないと思います。

野村投手が二桁勝利の活躍すればカープが4連覇はかなり可能性が高くなります。

個人的には巨人にFA移籍した同年代の丸選手との真剣勝負がみたいですね。

先発ローテーション的にもカードの最初で投げ安定して先勝するには野村投手の四番目で妥当かなと思います。

広島先発ローテーション2019第5戦の投手は?

広島東洋カープの先発ローテーション第5戦目は九里亜蓮投手と予想しました。

九里亜蓮投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年194.268410.667120.1

九里亜蓮投手は、負けん気の強さではおそらくカープの中でもNo.1じゃないかと思います。

また優勝を決めた試合に先発するなど九里投手は持ってる男だと思うんですよね。

チームが苦しい時期には中継ぎのロングリリーフをこなしたり精力的にチームに欠かせない存在となっています。

来季(2019年)は、これまで手が届きそうで届かない、達成出来そうで出来なかった二けた勝利を狙って欲しいですね。

もちろん、先発一本でいけば十分可能な数字ですから。

九里投手は、9回を投げ切るスタミナはすでに持っているので駆け引きや経験などを積み更にレベルアップしてマツダのマウンドで輝いてほしい選手です。

また顔もイケメンで女性人気も高い選手なのでこれからどんどん実力、人気共に上がっていくのではないかなと感じています。個人的には最後まで先発一本で見たいですね。

広島先発ローテーション2019第6戦の投手は?

広島東洋カープの先発ローテーション第6戦目は岡田明丈投手と予想しました。

岡田明丈投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年245.098700.533138

ドラフト1位で入団した岡田明丈投手は2016年の1年目から1軍で4勝3敗の成績を残します。

すると2年目(2017年)にはいきなり覚醒、12勝5敗でチーム2位の成績を残すまでに急成長。

セリーグ連覇に大きく貢献しました。

さらに飛躍を狙った2018年は、8勝7敗防御率5.09と不甲斐ないシーズンを送ってしまいました。

それでも奪三振率は年々上がっています。

直球の最速は155キロあり、好調な時は常に140キロ台後半を投げれるピッチャーです。

スピードだけじゃなくスライダーやカーブを軸にして、時々チェンジアップ、シュート、フォークも投げるという多彩な変化球を持っています。

岡田明丈投手が先発するときは、磯村嘉孝捕手や會澤翼捕手が先発マスクを被ると思います。

岡田投手のような速球と多彩な変化球を持っているピッチャーをリードする場合、マスクを被る捕手がいろいろ考えないといけないので大変だとは思います。

しかし引き出しがいっぱいあるのでそれがハマった場合は、面白いようにアウトが取れると思うんですよね。

なので岡田投手を生かすも殺すもキャッチャー次第ではないでしょうか。

その結果、うまくいったら2017年のように二けた勝利はいけると思います。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

⇒丸佳浩(巨人)2019年成績予想!FAで広島から移籍1年目

⇒鈴木誠也(広島)2019成績予想!カープの4連覇には必要です

まとめ

今回の記事は広島東洋カープの2019年開幕投手&先発ローテーションでした。

僕の2019年の予想では、

第1戦(開幕投手):大瀬良投手投手

先発ローテーション第2戦目:ジョンソン投手

先発ローテーション第3戦目:島内颯太郎投手

先発ローテーション第4戦目:野村祐輔投手

先発ローテーション第5戦目:九里亜蓮投手

先発ローテーション第6戦目:岡田明丈投手

上記のような予想になりました。

広島東洋カープの投手陣は、今回紹介した中ではルーキーの島内颯太郎投手以外はすべて実績のある投手です。

それでも2018年は、本来の調子が出せなかったピッチャーがいるんですよね。

その結果がチーム防御率4.12でリーグ3位という内容でした。

まあ、逆に考えるとそれでもリーグ3連覇したのは立派です。

2019年は実績のある投手とルーキーが期待通りの活躍をしてくれればチーム防御率1位はいけると思います。

ただ、リーグ4連覇に関しては丸選手がいなくなったからね・・・

チーム一丸で頑張ろう!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする