第40回海洋博公園花火大会2018サマーフェスティバル穴場情報

どうも、ヒロです。

夏の風物詩、花火大会は何度見ても飽きないですよね。

沖縄の観光スポット美ら海水族館がある海洋博公園では毎年花火大会が行われます。

ただ、人気なだけあって混雑は必須、穴場スポットが欲しいところです。

そこで今回は、第40回海洋博公園花火大会2018(サマーフェスティバル)の穴場情報を紹介します。

Sponsored Links

第40回海洋博公園花火大会2018の基本情報

◆名称:サマーフェスティバル2018(第40回海洋博公園花火大会)

◆日時:平成30年7月14日(土)
・サマーフェスティバル 12:00~20:50
・第40回海洋博公園花火大会  20:00~20:50
※荒天の場合は中止となります。
※順延はございません。

◆開催場所:エメラルドビーチ

◆住所:沖縄県国頭郡本部町石川424

◆交通アクセス:
・那覇空港から乗用車で約2時間
・那覇空港から高速バスで約2時間25分
・名護バスターミナルからバス徒歩で約50分

エメラルドビーチへのアクセス地図

第40回海洋博公園花火大会2018を見る穴場スポット

穴場スポットを最初から探すより、まずはド直球で陣取りたいという方は、エメラルドビーチを目指しましょう!

ただ、開催当日は花火大会だけじゃなくさまざまなーフェスティバルもやってますよね。

その為、入場整理券は朝8時から配布されています、エメラルドビーチはゲートが2か所に設置されているんですがすべて入場出来るわけではなりません。

無料ではありますが入場者が2万人に達した時点で入場出来なくなります。

花火大会ではよくある有料鑑賞席も海洋博花火大会では用意されていません。

なので、なお更2万人限定の入場整理券の価値が高くなり早く完了すると思います。

それでは、2万人限定で入れなかった方は穴場スポットへ!

穴場スポット備瀬の水牛車近辺


海岸沿いは大きな建物もないので花火を楽しむことが出来ます。

エメラルドビーチはすぐ近くなので会場とさほど変わらない迫力の花火が見れます。

穴場スポットを探し続けて遠すぎる場所ではあまり意味がありません。

僕の個人的な意見としては音もさほど届かないような小さな花火を見るくらいなら自分でやる花火が好きだったりします。

まとめ

今回は海洋博公園花火大会の穴場スポットを紹介しました。

紹介した・・・というより少ないですよね(スミマセン)

海洋博公園は地元なので何度も行ってるんですが奇麗に見えて、大きく見えて、混雑しない場所となると結構難しい。

本当のおすすめは船で見るクルーズツアーがお勧めです。

混雑することもなく、海上からなので一段と違った花火鑑賞が堪能できまよ。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする