岸孝之(楽天)高校時代はパラダイス?イケメンでカッコイイからね

どうも、ヒロです。

西武から楽天にFA移籍した岸孝之投手が好調ですね。

岸投手は宮城県の野球の強豪校とは

縁の無い無名校で高校時代を過ごしました。

なぜ強豪校に進まなかったか?

それには理由があるのですが、

イケメンだからそう考えるのも仕方ありません。

今回は、そのことについて紹介します。

Sponsored Links

岸孝之(楽天)の高校時代はどんな感じ?

岸孝之投手の高校時代は何だかすごく楽しそうでした。

野球部には入部したんですが、

けして野球の名門校に入学したわけではありません。

むしろ超無名校です。

宮城県立名取北高校ですね。

甲子園には縁の無い学校です。

だから高校時代は球児の憧れ、

甲子園は本気で行けるとは思っていなかったようです。

甲子園に出場できるのは強豪校だけで、

自分には縁の無いはるか遠い存在という風に考えていたようですね。

そもそも岸孝之投手が高校入学前に高校を選ぶ基準というのがありました。

それが野球部が丸坊主じゃなくてもいい学校・・・

それだけで岸孝之投手の野球に対する

思い入れがどの程度だったかわかります(笑)

ほんとに野球が好きで、ほんとに甲子園に

出場したいと思っている球児はそんなこと考えません。

中学校までは地元でも高校から親元を離れて

より甲子園に出場できる可能性が高い学校を選びますからね。

岸孝之投手の場合は、地元から近い高校。

坊主にしなくても良い学校。

それが高校進学の条件だったんです。

以前テレビ番組でPL学園の野球部の話がありました。

PL学園は、下級生は上級生の言うことに対して、

”いいえ”とか”違います”、と言ってはいけないようです。

完全服従だったみたいですね、

それと比べたら名取北高校はパラダイスですよ。

まあ、それでも甲子園に出て優勝できれは

まだいいですが毎年優勝するとは限りませんからね。

岸孝之投手の高校時代は、

そんな生活とはまったく無縁だったようです。

もちろん、名取北高校の野球部が

そんな感じだったら岸投手はすぐに野球部を辞めていたでしょう。

それでも高校時代は宮城県大会でコールドで

参考記録ながら無安打無得点試合をやってのけています。

そこまでプロ野球にあこがれていたわけでもない

岸孝之投手の運命を変えたのは、

その試合を東北学院大の監督が見にきていたからです。

別に当初は、岸投手を目当てに来たわけじゃなく

相手チームの主力に息子がいて、

その息子の晴れ舞台を見に来たのが偶然、岸投手が目に留まったようです。

名取北高校の次の試合は抜かるんだ雨の影響で

岸投手は自責点0ながらチームは負けてしまいます。

これで高校時代は終わってしまいますが

東北学院大に誘われ大学時代は

大活躍しプロ野球への道が開かれました。

プロ野球選手なりたくて

血のにじむような努力をしてもなれない人がほとんどです。

なので、岸投手のような高校時代を送ってもプロに入れる人って稀ですよね。

Sponsored Links

岸孝之のイケメン度はどれくらいの?

岸孝之投手のイケメンぶりは球界でもトップクラスだと思います。

しかも自分がイケメンだと認識しているところがすごい。

あっ、別に岸投手が自分から

”俺はカッコイイんだぜ~!”って、

言ってるわけじゃないですよ。

でも、高校時代から髪型には

こだわっていたみたいだしプロに入ってもそうですよね。

若い頃の岸投手

出典:https://ameblo.jp/its0305/entry-10211551125.html
髪の毛、長いですね。

襟足も長いけど不潔な感じはまったくしません。

きれいに整えられたヘアスタイルでまるでジャニーズ。

若い頃に木村拓哉を意識しているのかな?

でも、イケメンで似合ってるから何にも言えない。

西武ライオンズでは渡辺久信の

若い頃、以来のカッコよさかな。
※髪の毛があった頃と言った方が言いか・・・

岸孝之投手は、30過ぎてもいい感じで大人になりましたね。

FAで楽天に移ってからは髪の毛も短くしました。

それでも清潔感があり、

若いころと違ったイケメンぶりを発揮しています。

良い感じで年齢を重ねているけど老けることなく成績は絶好調!

今年(2018年)12年目の33歳ですが防御率1位、

奪三振も、あの史上4人目の4年連続で

奪三振王にも輝いた同じ楽天の同僚則本昂大を上回り1位です。

高校時代、坊主が嫌で無名校に入学した

岸投手がここまでやるんですからね。

人の人生ってどうなるか分からないですね。

まとめ

今回は、岸孝之投手の高校時代。

そしてイケメンぶりについて紹介しました。

岸孝之投手は現在人気、実力を

兼ね備えた最高のピッチャーだと思います。

33歳には見えない顔とスタイルは

世の男性陣も見習わなくてはいけません。

でも、その根底になるのは高校時代の坊主は嫌だ~

ってところにあるんだと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする