清宮幸太郎(日本ハム)2019年の年俸予想

清宮幸太郎(日本ハム)2019年の年俸予想

中学校から注目され、高校時代は通算本塁打記録を作った日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手。

高卒1年目で打率.200ながら本塁打7本と非凡な才能を見せてくれました。

しかし、守備が苦手、打てないコースがあるなど、まだまだ成長過程の選手ではあります。

 

はたしてルーキーイヤーの1年目が終わり、日ハム球団は清宮選手にどのような評価をしたのか。

球団の評価が一番分かりやすいのは年俸ですよね。

そこで今回は、日本ハム清宮幸太郎選手の2019年年俸を予想します。

 

Sponsored Links

清宮幸太郎2年目の年俸はいくら?

人気の清宮選手ですから高額年俸(1,500万円)で契約しました。

世間からの注目も高い選手なので来期の年俸に関しても気になっている人が多いはず。
そこで今回は、3人の方に2019年の年俸を予想してもらいました。

日ハムファンMさんの予想

(今年)1500万円→(来季)1500万円

年俸予想理由

清宮は高卒ルーキーとしては最高額の年俸での入団です。

実際、1年目から1軍の試合に出場し、初出場から7試合連続安打の記録を作るなど一定の活躍をしたとは言えるでしょう。

ですが、出場の多くはDHで、守備についたとしても中田翔を休ませる際の1塁がほとんどでした。

また、三振が多いなどまだまだ1軍の投手には対応できない部分もあり、シーズンの大半は2軍で過ごしています。

 

最終成績は53試合・32安打・7本塁打・18打点です。高卒ルーキーの野手としては及第点と言えるかもしれませんが、年俸1500万円の選手としては正直物足りません。

北海道日本ハムファイターズは独自の年俸査定システムを導入していて、選手成績を全て数値化して適正年俸を算出していると言います。

つまり、同じような成績の選手であれば同じような年俸になるということです。

 

清宮の来季年俸を考えるのに最も適当なサンプルが実はチーム内にいるのです。昨年の横尾俊健選手です。

2017年の横尾選手は大卒2年目、期待の長距離砲としてシーズン後半に出番を増やしました。

2017年の横尾選手は50試合・32安打・7本塁打・20打点でした。いかがでしょう、今年の清宮選手とほぼ同等ですね。

 

もちろん、査定には守備も含め他の多くの要素が含まれるのでこれだけで同じとは言えませんが、野手、長距離砲として考えてみると似たようなレベルの成績であったと言えると思います。

この結果、今年の横尾選手の年俸は760万円から1300万円にアップしました。ということは、来年の清宮選手も同じような数字になるでしょう。

 

しかし清宮選手は今年すでに1500万円の年俸です。来季への期待やグッズ売り上げでの貢献など考えると、ダウンはないでしょう。

かと言ってアップするほど特別な成績を残したわけでもありません。現状維持の1500万円というのが妥当ではないかと考えます。

Sponsored Links

 

スポーツ好きのSさんの予想

(今年)1500万円→(来季)3000万円

年俸予想理由

今年は入団1年目のルーキーイヤーだった清宮幸太郎選手。

その為に年俸も1千5百万円に出来高払いが付いた契約でした。

春先は不安でしたが今年の活躍を見れば年棒分はしっかりと仕事をしたと思います。

 

しかし来年(2019年)はまだ2年目です、その為年棒は、倍増位になると思います。

来年は春季キャンプで首脳陣にアピール出来れば紅白戦、オープン戦でも出場機会は多いと思うんですよね。

そうなれば1塁の不動のレギュラー、中田翔選手もうかうか出来ません。

 

中田選手は、2017年のように開幕から大不調だった場合、早い段階で清宮選手が一塁も守ることも多いでしょう。

そこで清宮選手が今年の終盤にホームランを多く打ったような成績を残せるようなら清宮レギュラー、中田翔は控えという構図がありえます。

 

清宮選手はホームランバッターで近い将来、チームを支える柱として不動の4番を打つことになるのは間違いありません。

高卒2年目の年俸が倍増の3000万なら清宮選手としてうれしいでしょう。

 

一見貰いすぎのような気もしますが高校時代から騒がれ人気選手ですから成績以外にも球団に利益は与えているはずです。

その様なことを総合的に考えると、倍増が良い所かと思います。

そうして日本を代表する様なホームランバッターに成長して行き、年棒は、バイバイにとなって行くことでしょう。

 

自らの力を評価されて稼ぐ世界なので、スーパースターの世界をひた走る選手に成っていくためにはこの2年目は大切な年になるんだと思います。

2019年は出場機会も増えて、勝負を決める打点が増えていくことでしょう。

 

日本ハム球団としては特別な選手です。

まだまだ金の卵の状態の清宮選手、2年目の年俸を予想する3,000万円は、5年後にはどこまで膨らんでいるのか?

プロ野球選手ってホント夢のある商売ですよね。

自営業のPさんの予想

(今年)1500万円→(来季)3000万円

年俸予想理由

清宮幸太郎選手は早稲田実業時代高校通算ホームランの日本記録を打ち立てドラフト1位でファイターズ入団しました。

高校時代から続く清宮フィーバーがやはりプロに入ってからも巻き起こりました。

昨シーズンオフにエンゼルスに移籍した大谷翔平選手以来の人気を獲得した点は評価できます。

 

入団直後は周囲のプレッシャーもあってか故障や体調不良を繰り返し、やや出遅れ感こそあったものの夏場以降は一軍に定着。

最終的には高卒新人で53試合180打席と少なかったものの7本塁打を放ち来シーズンの飛躍を大いに期待させたシーズンでした。

 

観客動員数こそ前年を下回ったものの元々の人気と実力を考慮した場合、清宮選手の年俸は今シーズンの1500万から倍増3000万位は妥当なのかなと思いました

また過去の例から見ても2005年にデビューしたダルビッシュ有投手は不祥事影響もあって一軍合流こそ遅れたものの5勝5敗の成績で年俸は1500万円から3000万円に倍増しました。

 

2013年に投手と野手の二刀流として話題となった大谷翔平選手も投手としては3勝打者としては.238 3本塁打を記録しやはり1500万円から3000万円への倍増となっているんですよね。

ファイターズの場合高卒の選手はじっくり育てて行く傾向があります。

 

一軍である程度の結果を残し且つ来シーズンの活躍を期待できそうな人気実力を兼ねそろえている選手には年俸を高く設定する傾向もある事から年俸3000万円という予想になりました

ちなみに余談ではありますがダルビッシュ大谷両選手とも2年目は飛躍し更に倍以上の年俸をゲットしています

■関連記事

岡本和真(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

岡本和真(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

山川穂高(西武)年俸推移!2018年活躍したらどこまで上がる?

まとめ

今回は、黄金ルーキー北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手の2019年の年俸予想でした。

1年目の成績は、打率.200は物足りないですが、本塁打7はやはりすごいです。

前半戦は2軍での出場も多かったですが2軍ではやはり、役者が違うという感じでしたね。

1軍では8月は打率.333の本塁打3とプロに慣れた打撃でした。

木製バットにも慣れた2019年は、かなりの活躍が期待できる選手になっているかも知れないですね。

ですが課題は守備、1塁だけだとライバルは中田翔だけじゃなく助っ人外国人が来たらいきなりピンチになる恐れがあります。

試合に出られなければ年俸も上がりません。

個人的には、外野も本格的に練習はしてほしいですね。

 

Sponsored Links