クライマックスシリーズ パリーグ!ファーストステージ先発予想

2018年のプロ野球のパリーグは西武ライオンズが圧倒的な打撃陣の強さでレギュラーシーズンを制しました。

ただ日本シリーズに進出するにはクライマックスシリーズ(CS)を制しなければいけません。

まずは2位ソフトバンクホークスと3位日本ハムファイターズがファーストステージで戦います。

短期決戦なので両チームとも気合十分でしょう。

はたしてこのクライマックスシリーズのファーストステージは誰が先発するのか予想しました。

Sponsored Links

クライマックスシリーズ2018のファーストステージ日程

2018年のプロ野球はセリーグの3位争いが熾烈になりました。

3位と4位ではAクラス入りがかかっているのはもちろんですがクライマックスシリーズに進出出来るかどうかという大問題があるので雲仙の差があります。

ですがパリーグに関してはいい感じで1位から6位まである程度のゲーム差があったのでクライマックスシリーズに進出出来るチームは早い時点で予想が出来たんですね。

そしてクライマックスリーズのファーストステージで戦うのが2位の福岡ソフトバンクと3位の北海道日本ハムファイターズです。

それではまず両チームのファーストステージの日程を紹介します。

日程チーム時間球場
10月13日(土)ソフトバンク対日本ハム13:00ヤフオクドーム
10月14日(日)ソフトバンク対日本ハム13:00ヤフオクドーム
10月15日(月)ソフトバンク対日本ハム18:00ヤフオクドーム

試合は3試合2勝制で先に2勝したチームがファイナルステージに進出します。

先に2連勝した場合は、3試合目は行いません。

球場は上位チーム、2位のソフトバンクの本拠地ですべて行います。

1日目、2日目の週末はデーゲームですが3日目はナイターになります。

パリーグCSファーストステージ先発投手予想

ファーストステージで3日間戦うと翌日の10月16日(火)だけが移動日で休みになります。

その翌日の10月17日(水)は2018年の覇者西武ライオンズとファイナルステージを戦わなければいけません。

つまり中1日で九州福岡から関東の埼玉まで移動 して西武と戦います。

なのでファーストステージとファイナルステージの頭に一番の好投手を先発させることはできません。

ただ、ファイナルステージは6戦4勝制で先に4勝したチームが日本シリーズ進出になります。

先発投手を予想する場合の考え方としては、

クライマックスシリーズのファーストステージに好投手3人を順番に3日間先発させる。

そうすれば、その3人がファイナルステージの第4戦、第5戦、第6戦に中1週間でもう一度先発させることができます。

それを踏まえてファイナルステージの先発予想をします。

ファーストステージ第1戦先発予想

福岡ソフトバンクホークス第1戦先発投手予想
東浜巨投手(28歳)


東浜巨投手と言えば昨年の最多勝投手です。

ただ2018年は開幕からスタートダッシュに失敗。

故障もあり前半戦7月までは2軍での調整でした。

10月6日現在の成績
登板16試合 6勝5敗 防御率3.49

数字だけ見ると大した事ありませんが5敗は4月、5月のもの。

故障明けの8月からは8試合に登板して5勝負け無しなんですね。

いつの間にか負け数を追い越していました。

勝利数だけで言うと13勝を挙げているエースでライバルの千賀投手が上です。

千賀投手の場合、先発ローテーションはしっかり守っているのですが9月かから調子を落としてしまいました。

不安定な投球が続いているので短期決戦で状態の悪い千賀を使うのはちょっと怖いですね。

逆に東浜巨投手の場合、今もっとも安定しているピッチャーなのでクライマックスシリーズのファーストステージ第1戦の先発投手に一番相応しい投手でしょう。

北海道日本ハムファイターズ第1戦先発投手予想
上沢 直之(24歳)


2018年日本ハムファイターズで一番大化けしたピッチャーが上沢直之投手になります。

10月6日現在の成績
登板25試合 11勝6負 防御率3.27

昨年は右肘手術からの復活の年になりました。

そして2018年は開幕から先発ローテーション入り。

日本ハムのエースに上り詰め、防御率も楽天の岸投手、西武の菊池投手に次いで3位と好成績を残しています。

対ソフトバンクも4勝2敗 防御率2.20とお得意様なのでクライマックスシリーズのファーストステージに先発するのは

不思議なことに最下位の楽天には0勝2敗とまったく勝てず防御率もパリーグで一番打たれて4.50という成績です。

クライマックスシリーズのファーストステージの相手が楽天じゃなくて良かったですね。

Sponsored Links

ファーストステージ第2戦先発予想

福岡ソフトバンクホークス第2戦先発投手予想

ミランダ(29歳)


出典:https://baseballgate.jp/p/278412/

2018年シーズン途中から加わった救世主です。

10月7日現在の成績
登板8試合 6勝1負 防御率1.89

まあ、昨年はメジャーで8勝を挙げていたので実力は折り紙付き。

2018年のソフトバンクは鉄壁の投手陣にヒビが入ったのでミランダの加入がなければクライマックスシリーズ進出も危なかったかも知れません。

対日本ハムは過去1度だけの対戦ですが6.2回を投げて被安打1の防御率0.00です。

北海道日本ハムファイターズ第2戦先発投手予想
マルティネス(28歳)

View this post on Instagram

To Mr and Mrs Perez! @nicholasaperez @vanessaviltre

Nick Martinezさん(@nickmartinez22)がシェアした投稿 –

おお、こうして見るとかなりのイケメン。

昨年まではテキサスレンジャーズでダルビッシュ有の同僚だったんですね。

二人とも高身長でイケメン・・・うらやましい。

10月7日現在の成績
登板25試合 10勝11負 防御率3.51

マルティネスも1年目ですが開幕からずっとローテーションを守っています。

ここ最近は3連敗ですが打線との噛みあいもありますからね。

直近の2位試合は7回3失点、7回1失点としっかり試合は作っています。

対ソフトバンク戦は4試合登板で1勝2敗ですが29回を投げて防御率1.89なのでむしろお得意様でしょう。

ファーストステージ第3戦先発予想

福岡ソフトバンクホークス第3戦先発投手予想

バンデンハーク(33歳)

バンデンハークって意外とお茶目なのね。

後ろは練習中に西武の栗山の打球が頭に直撃した柳田選手です。

笑顔で柳田選手をバックに写真を撮るバンデンハーク。

作り笑顔でピースサインをする柳田選手。

これは痛そうだけど中々笑える。

10月7日現在の成績
登板23試合 10勝7負 防御率4.30

対日本ハム戦は今まで4回登板しています。

1勝2敗 防御率8.27です・・・って悪いじゃん。

とまあ、心配になりますが9月、10月のバンデンハークは防御率1点台と安定感抜群です。

クライマックスシリーズのファーストステージは短期決戦なのでバンデンハークのベテランの味と安定感の方が他の先発陣より上回りました。

あっ、もちろん石川柊太投手が先発にもどるなら話は別ですよ。

北海道日本ハムファイターズ第3戦先発投手予想
上原 健太(24歳)

View this post on Instagram

⚾︎ 幸せのハイタッチ🤚 . #1歳児の恋www#上原健太 . お友達からたくさん写真をいただき感謝です .

えりさん(@sasa26eri61)がシェアした投稿 –


やっと上原が本領発揮してきた。

10月7日現在の成績
登板9試合(先発5) 3勝0負 防御率2.87

今年の上原は良い!

死球は減ったし、簡単にホームランは打たれなくなった。

登板機会が少なかったが出場すれば安定感はある。

ドラフト1位が3年目にして、とうとう本来の実力を見せてくれるようになりましたね。

まとめ

今回の記事はクライマックスシリーズ パリーグ!ファーストステージ先発投手予想でした。

ファーストステージ第1戦先発予想

  • 東浜巨投手(ソフトバンク)
  • 上沢直之投手(日本ハム)

ファーストステージ第2戦先発予想

  • ミランダ投手(ソフトバンク)
  • マルティネス投手(日本ハム)

ファーストステージ第3戦先発予想

  • バンデンハーク投手(ソフトバンク)
  • 上原健太投手(日本ハム)

上記のような予想になりましたが2連勝した場合は、第3戦が無いので先発投手予想が無駄になってしまいます。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする