巨人2019年開幕投手&先発ローテーション

巨人2019年開幕投手&先発ローテーション

読売巨人軍は、昨年チーム防御率はセリーグ1位で唯一の3点台でした。

しかし二けた勝利を挙げたのは開幕投手を務めたエースの菅野智之投手だけ。

左のエースとして2年連続二けた勝っていた田口麗斗投手は2勝8敗とまさかの大失速。

 

そんな状況でチームは3位ならが勝率5割を切り、4年連続優勝から見放されてしまいました。

2019年は原監督も3度目の現場復帰し再び優勝を目指します。

そこで今回は巨人2019年の開幕投手と先発ローテーションを予想します。

 

Sponsored Links

巨人2019年の開幕投手は?

巨人の開幕投手(第1戦)は、菅野智之投手と予想しました。

菅野智之投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年2.1427158108.652202

菅野智之投手は、巨人のエースどころか日本プロ野球を代表するエースですよね。

しかも菅野投手には開幕投手が良く似合う。

入団2年目で初の開幕投手に指名されてから実働6年間で実に4度の開幕投手を務めています。

 

巨人過去5年間の開幕投手
2014年 菅野投手 7回4失点 勝利投手
2015年 菅野投手 7回1失点 勝利投手
2016年 菅野投手 7回0失点 勝利投手
2017年 マイコラス投手 7回2失点 勝利投手
2018年 菅野投手 7回5失点 敗戦投手

3年連続で開幕投手を務め、2017年も当初は菅野投手が開幕投手の予定でしたがWBCでの負担を考慮して回避させオープン戦で調子の良かったマイコラス投手が開幕投手になったんですね。

そして疲労もとれた第4戦で先発し見事に7回1失点で勝利投手になりました。

 

そんな状況で自身の初戦では、まず負けない菅野智之投手でしたが昨年(2018年)は衝撃的でしたね。

阪神タイガース相手にまさかの開幕戦7回5失点で負け投手になりました。

しかも、続くヤクルト戦でも6回5失点という信じられない内容。

 

しかし先発3試合目の広島戦では8回1失点と復活して、その後はいつも菅野投手になっていました。

で、シーズン終わってみれば最優秀防御率、最多勝、最多奪三振、さらに2度目の沢村賞まで獲得する最高のシーズンになりました。

 

当初の開幕戦から2試合連続5失点KOからすると最優秀防御率のタイトルが獲れたのはやはり本物の投手だからなんでしょうね。

10完投もすごいですが8完封ってまったく他を寄せ付けません。

なので2019年も菅野智之投手の開幕投手は間違いないでしょう。

巨人先発ローテーション2019第2戦目は?

巨人の先発ローテーション第2戦目は、田口麗斗投手と予想しました。

田口麗斗投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年4.80162810.20086.1

昨年の田口麗斗投手の不調はホント信じられなかったですね。

右の菅野投手と左の田口投手は一番信頼できる投手でしたから。

 

田口投手はプロ野球選手としてはけして大きくない身長、いや成人男性としてもそれほど大きくない171㎝の身長です。

でも、そこから低めを丁寧について相手打者に凡打の山を作っていき2年連続二けた勝利を挙げていました。

 

2017年の防御率3.01、13勝4敗、勝率.765の成績があまりの良すぎたで、なおさら昨年の成績が納得出来ないんですよね。

ただ、昨年は防御率は確かに悪かったですが完投しても勝利投手になれなかったり、8回を投げて1失点でも敗戦投手になったりと多少不運な部分もありました。

 

それに終わりよければすべて良しというか、レギュラーシーズンではないですが、広島カープとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に先発したんですよね。

そこで田口麗斗投手は、6回67球を投げ1安打無失点という最高の内容だったんですよね。

 

そんな終わり方なら2019年も先発ローテーションの一角として期待出来ると思います。

本来の調子が戻れば先発ローテーション第2戦で良いんじゃないでしょうか。

巨人先発ローテーション2019第3戦目は?

巨人の先発ローテーション第3戦目は、山口俊投手と予想しました。

山口俊投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年3.68219962.500154

昨年の巨人はノーヒットノーランが2度出るというすごいことになりましたね。

一人は、菅野投手だったので、これはいつかは出るだろうと会い程度予想出来ました。

もう一人が、山口俊投手だったんですがこれはちょっと予想出来なかったですね。

 

2017年にDeNAから巨人にFA移籍し自身で起こした事件で完全にダーティーなイメージだったんですよね。

契約金も高かったのに2017年は1勝1敗、防御率6.43と完全に終わってしまいそうな投手でした。

巨人の場合は、どうしてもFAやトレードで獲得する選手は多いですが、金額に見合った働きができない選手が多い。

 

山口俊投手も同じだと思ったんですが復活しましたね。

2018年は先発と中継ぎもやって9勝9敗に6完投、2完封、さらに1ホールド、2HP、1セーブと活躍しました。

6完投は山口投手の自身キャリハイですからね、これは評価できるでしょう。

 

横浜、DeNA時代は長らく抑えもやっていた投手です、山口投手は先発でも中継ぎでも器用にこなれる投手なんですが2019年はチーム事情から先発で行くと思いますね。

なので開幕第3戦も先発ローテーションは山口俊投手でいくと思います。

 

Sponsored Links

巨人先発ローテーション2019第4戦目は?

巨人の先発ローテーション第4戦目はメルセデス投手と予想しました。

メルセデス投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年2.05135421.55692

ドミニカ出身のメルセデス投手は、昨年7月に支配下登録されてから、すぐに1軍のマウンドで先発ローテーションに入りました。

5勝4敗ではありましたが13試合に先発して、そのうち9QSですからね。

安定感があり2完投、1完封は素晴らしいです。

 

メジャーリーガーではなく、24歳と若いメルセデス投手は日本の育成から上がってきた選手なのでハングリー精神があると思うんですよね。

もう、半分ジャパニーズドリームを達成したと思うんですが2019年も最初から先発ローテーションの一角に食い込めば完全なジャパニーズドリームが達成すると思います。

巨人先発ローテーション2019第5戦先発投手は?

巨人の先発ローテーション第5戦目は、今村信貴投手と予想しました。

今村信貴投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年3.86136211.75077

今村信貴投手も貴重な先発左腕です。

一昨年までは2軍では好投しても1軍では通用しない壁がありました。

しかし2018年は、その壁を突き破ったと思います。

 

巨人生え抜きの若手で24歳と若く、これからの伸びしろはいっぱいあります。

昨年は6勝とキャリアハイだったんですが、こんなもんじゃないでしょうね。

最速149kmのストレートは、球持ちがよくキレがあるボールを投げます。

そこに80km台の超スローカーブで緩急をつけてからシンカー気味のフォークがくるのでどうしても打者のバットが回ってしまうんですよね。

 

今村信貴投手の場合は、塁に出してしまったランナーも牽制球やクイックモーションが上手いのでなかなか次の累を狙えないんですよね。

牽制球やクリックモーションが上手いということは、それだけ自分も助けるし、チームも助けるので評価される部分になります。

 

得点圏にランナーを進めなければ、それだけ点を与える可能性が少ないわけですから。

ということで2019年の先発ローテーション第5戦目は今村信貴投手と予想します。

巨人先発ローテーション2019第6戦先発投手は?

巨人の先発ローテーション第6戦目は吉川光夫投手と予想しました。

吉川光夫投手2018年成績

年度防御率先発勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年4.26186700.462101.1

吉川光夫投手はの本ハムファイターズ時代の2012年は最優秀防御率、最優秀賞、ベストナインを獲得するなど輝かしいキャリアがあります。

しかし、ここ3年間は防御率も4点台~5点台と残念な結果になっています。

特に巨人に移籍した1年目の2017年は防御率5.87、1勝3敗と先発ローテーションに定着してから最低のシーズンになってしまいました。

 

そこで巻き返しを狙った2018年が6勝7敗、防御率4.26と前年の成績よりは良かったんですが、それでも胸を張れる数字では無いですよね。

しかしセリーグの打者の傾向はだいぶ分かったと思います。

なので成績はさらに伸びると思うし、今の巨人では他に先発ローテーションの6番手になるピッチャーがいないと思い予想しました。

 

本来なら西武からFAで移籍して来た野上亮磨投手あたりも先発ローテーションに食い込んで欲しいんですけどね。

昨年は移籍1年目で投手は先発だったんですが結果が出ず6月からは中継ぎに回ってしまいました。

もともと野上投手は通算でも勝ち星より負けの方が多い投手ですから1度失った信用を取り戻すのは難しいと思います。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

広島東洋カープ2019年開幕投手&先発ローテーション

中日ドラゴンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

菅野智之(巨人)2019年成績予想!狙えるタイトルは?

まとめ

今回の記事は、「巨人2019年開幕投手&先発ローテーション」でした。

僕の巨人の2019年予想は、

  • 開幕投手は、菅野智之投手。
  • 先発ローテーション第2戦目は、田口麗斗投手。
  • 先発ローテーション第3戦目は、山口俊投手。
  • 先発ローテーション第4戦目は、メルセデス投手。
  • 先発ローテーション第5戦目は、今村信貴投手。
  • 先発ローテーション第6戦目は、吉川光夫投手。

上記のような予想になりました。

 

こうして見ると昨年の先発ローテーションと比べて野上投手と大竹投手が抜け、メルセデス投手と今村信貴投手が入った感じですね。

まあ、あくまで僕の予想ですが。

 

それでも昨年は先発ローテーションの3戦目から6戦目までは、よそから来たFA投手でした。

そう考えると今回の予想は生え抜き選手を育てるという意味では良かったんじゃないでしょうか。

 

Sponsored Links