巨人2019スタメンオーダー予想と補強について

巨人2019スタメンオーダー予想と補強について

2019年の巨人は原監督3度目の登場です。

FAでの大型補強は生え抜きのベテラン選手を流出させ賛否両論ありました。

 

そうなるとスタメンオーダーを組のも逆に難しくなると思うのですがどうなるのでしょう?

そこで今回は巨人の2019年スタメンオーダーを予想します。

 

Sponsored Links

巨人2019は大型補強で大きく変わる

巨人軍の2019年は高橋監督から原監督に代わり変革の年になると思います。

冷血とも思えるトレードは、原監督の得意技でもあるんですよね。

でも、その結果がちゃんとリーグ優勝7回、日本一3回に導いているわけですから間違ったことをしているわけではないのです。

 

今回も大型補強で広島から2年連続MVPの丸佳浩外野手、西武から炭谷銀仁朗捕手をFAで補強。

そしてオリックスからは自由契約になった中島宏之内野手を獲得し補強。

その中島選手と争く形になる新助っ人外国人のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手も獲得

さらにシアトルマリナーズを退団したた岩隈久志投手も獲得。

 

これだけの大型補強を結構した巨人ですが、2019年の優勝候補であることは間違いありません。

ただ、その引き替えに生え抜きベテランの内海哲也投手と長野久義外野手がFAの人的補償で流出してしまったということなんですね。

 

巨人として一番怖いのが丸選手が巨人軍のプレッシャーに負けて成績を落とすこと。

そして逆に長野選手が広島で大活躍すること。

また、炭谷選手が捕手争いに敗れてスタメンマスクを被れず、逆に内海哲也投手が西武ライオンズで先発ローテーションとして活躍すること。

 

これは、もちろん原監督からしたら考えたくないことかも知れませんが十分あり得ることだと思います。

ただ、、もちろん普通にやれば丸佳浩選手は活躍するだろうし、炭谷捕手も可もなく不可もなくというレベルではいけると思います。

 

一塁を争う事になりそうな中島選手は、レギュラーを取れてもがんばって2割8分の本塁打5~6本でしょう。

一塁手は、20本以上は打てないと普及点はあげられないです。

ビヤヌエバ選手に関しては、予想が難しいんですよね、何たってムラが多い選手です。

昨年(2018年)はメジャー2年目、110試合に出場し打率.236、本塁打20本、打点46という成績。

 

ホームランが20本ということでバリバリのメジャーリーガーに見えるが内容が残念な選手である。

まず、打率が3・4月に打率.321でナ・リーグの月間最優秀新人に選ばれたと思ったらそこからずっと毎月2割前後と低迷、8月に打率.356と驚異的な復活をしたが最後は故障でシーズンを終わった選手です。

まさか原監督が20本塁打打ったという実績だけで補強したとは思えませんがビヤヌエバ選手は穴が多すぎるんですよね。

 

左ピッチャーにめっぽう強く打率.336に対し右ピッチャーになると打率.189と一気に下がってしまう。

三振も多いしこれなら大事な場面では左のワンポイントが出てくるのは間違い無いでしょう。

また、びっくりするくらいチャンスに弱い、20本塁打もしているのに打点が46しか無いってって信じられない。

 

得点圏打率が.197ってクリーンアップ任せられないじゃんって成績です。

20本塁打打って46打点じゃ、他の選手で10本塁打でも50打点打ってる選手いるんじゃない?

んん~、大型補強のビヤヌエバ選手ですが、昨年の阪神ロサリオの匂いがするのは僕だけでしょうか?

 

あと、岩隈久志投手の補強は本当に必要だったんでしょうか、故障明けで即戦力としては無いと思います。

他に獲られて活躍されるよりは、内で囲い込みたいというなら分かります。

ということで巨人の2019年の大型補強は、やり過ぎるくらいやってますが多分このうちの何人かが活躍すればいいという考えだと思います。

 

Sponsored Links

巨人2019年スタメンオーダー予想

それではお待たせしました。

大型補強が完了した巨人の2019年スタメンオーダー予想です。

 

巨人2019年開幕戦のスタメンオーダー
1番遊撃坂本勇人
2番二塁吉川尚輝
3番中堅丸佳浩
4番三塁岡本和真
5番左翼ゲレーロ
6番右翼陽岱鋼
7番一塁ビヤヌエバ
8番捕手小林誠司
9番投手菅野智之

開幕投手は2年連続、通算5度目の菅野智之投手になると思います。

もう、怪我でもしなければこれは鉄板でしょうね。

となると捕手は同い年の小林捕手で間違い無いでしょう。

 

ただ、打順は小林選手があまりにも打撃が下手なので昨年までのDeNAベイスターズみたいに菅野8番、小林9番でも面白いかも。

ただ、小林選手にとっては屈辱だろうけど・・・

あっ、でも小林捕手の場合は、春先は結構打撃が良かったりするのでやっぱり8番か。

 

ビヤヌエバ選手は当初は、気楽に打てる7番を予想しました。

それにチャンスに弱いし、初めての異国に地なので慣れも必要だろうからね。

なので5番に実績のあるゲレーロ選手。

 

3番丸選手、4番岡本選手は昨年の不動の打順ですね。

1番坂本選手ですが、攻撃的にするならメジャー式で2番坂本も面白い。

 

巨人2019年レギュラーシーズンのスタメン
1番二塁田中俊太
2番遊撃坂本勇人
3番中堅丸佳浩
4番三塁岡本和真
5番一塁ビヤヌエバ
6番右翼陽岱鋼
7番左翼ゲレーロ
8番捕手炭谷銀仁朗
9番投手菅野智之

上記は開幕から1か月ほど過ぎてからの予想スタメンオーダーです。

投手は基本、菅野投手を中心に先発ローテーションを組むと思いますが小林捕手の打率が2割前後なら先発スタメンは炭谷銀仁朗捕手になると思います。

それでも菅野投手が登板するときはキャッチャー小林になると思います。

何たって菅野投手が先発なら2点の援護があれば、ほぼ勝てますから。

 

ビヤヌエバ選手は1か月の猶予を与えて日本の野球に慣れたらクリーンアップで良いでしょう。

もちろん、しっかり打点を稼いでもらわないといけないですけどね。

 

1番は田中俊太選手も見てみたい、兄の広島、田中広輔選手と自主トレをしてどこまで成長してきたか?

吉川尚輝選手と田中俊太選手は、同じようなタイプで昨年は出場試合数も同じくらい。

成績は吉川選手が良かったですがレギュラー確定では無かったですよね。

2019年シーズンで二人の内、どちらかが飛躍する可能性はあります。

 

坂本勇人選手を2番に置いたらすごい強力打線になります。

6番の陽岱鋼選手も日本ハム時代に25本打ったこともあります。

陽岱鋼選手が復活すれば2番から7番までホームランが打てる超重量打線になります。

 

ただ、これが機能するかどうかは別問題、1番から3番までは走れるけどそれ以降は走れる選手ではありません。

打率に関しては坂本、丸、岡本の3選手は3割いきそうですが、5番以降の選手はちょっと難しいでしょうね。

 

下位打線にもう少し、走れるか率が残せる選手がいれば良かったんですが大型補強したわりには、ちょっと残念なスタメンオーダーです。

ああ、原監督と相思相愛で入団した中島選手はいつ使うんだろう?

ビヤヌエバ選手の不調待ちか。

最後に

今回の記事は、「巨人2019スタメンオーダー予想と補強について」でした。

勝つために徹底的にこだわる原監督が入ったことで昨年4位だった巨人は大きく変わると思います。

 

高橋監督のように、どこか他の首脳陣や選手に遠慮していた部分が原監督にはまったく無いですからね。

現役時代の爽やかな若大将というイメージも今はもうまったく無い。

それだけ勝負に徹する監督です。

 

昨年までの若手を育てる方針から監督が代わればまた、よそ様から補強して確実に優勝を獲りに行くことになった2019年の巨人軍。

はたして2019年のスタメンオーダーの選手で最終的にどのような成績になるのか今から楽しみです。

 

Sponsored Links