巨人のレギュラー捕手から3番手まで予想!みんなの意見は?

巨人のレギュラー捕手から3番手まで予想!みんなの意見は?

巨人のレギュラー捕手は小林誠司に決まりそうで、なかなか決まらないですね。

それが2018年の巨人のキャッチャー事情でした。

来年(2019年)は、さらに正捕手争いが激化します。

 

阿部慎之助は、残り少ない野球人生を捕手で終えたいということで捕手に復帰します。

FAで炭谷銀仁朗が移籍してくる可能性もあります。

若手の大城卓三や宇佐見真吾レギュラーを目指して頑張っています。

 

そこで今回は、野球好きの方に巨人の正捕手争いを予想してもらいました。

レギュラー捕手から控え捕手の3番手まで聞いてあります。

 

Sponsored Links

小林の肩はソフトバンクの甲斐捕手並み

愛知県の男性Kさんの予想

レギュラー:小林誠司
2番手:大城卓三
3番手:阿部慎之助

理由
まず一番手捕手は小林捕手で今シーズンは少し宇佐見捕手や大城捕手に明け渡した形となり不本意なシーズンになったと思います。

しかしやはり小林捕手の肩はソフトバンクの甲斐捕手並みに非常によい肩を持っています。

 

またエース菅野投手との呼吸もぴったりで投手のよい引き出しを思う存分に発揮することができるんですよね。

菅野投手も小林捕手のリードを絶賛している記事を見かけやはり今の読売の正捕手は守りに関しては小林捕手しかいないのではないかと思い一番投手から信頼できる捕手で一番にあげさせていただきました

 

ただ打撃の方となるとシーズンの出だしは一時期首位打者に躍り出ていましたがシーズン終わってみればやはり規定打席の中で最下位。

これで二年連続の不本意な結果に終わってしまいました。

もう少し打撃コーチに恵まれればもっとよい数字になっただろうし打撃が磨かれれば脅威な捕手になると思うんですけどね。

 

2番手捕手には大城捕手をあげさせていただきましたがこれは捕手の経験は浅いものの打撃に関しては小林捕手以上の打撃センスを持っているからです。

攻めるオーダーであればスタメンに大城選手があるかもしれません

けどやはり捕手は守りがメインですので2番手にあげさせていただきました

 

そして最後に3番手捕手に阿部捕手を挙げさせて頂いたのは、阿部慎之助捕手です。

来季(2019年)から捕手一本でやるという記事があり捕手で現役を終えたいということですね。

経験は誰よりも豊富ですが体力的に全試合フル出場はできないと思います。

しかし緊迫した場面で登場するという捕手の切り札として三番手にあげさせていただきました

 

Sponsored Links

小林の打撃はポテンシャルを秘めている

東京都の男性Rさんの予想

レギュラー:小林誠司
2番手:大城卓三
3番手:阿部慎之助

理由
正捕手にあげた小林誠司捕手に関してですが彼はエースの菅野に常に指名されており強肩で守備に最も安定感のある捕手です

バッティングが課題ですがルーキーイヤーには2割中盤を打てていたり日本代表として出場したWBCでは大活躍を見せたりと苦手のバッティングでもポテンシャルは秘めています

この打棒が来年開花すれば正捕手の座は揺るぎないものとなるでしょう

 

そして2番手にあげさせていただいたのは大城卓三捕手です

彼はバッティングに関しては、非常光るものがありセリーグ内で見ても広島東洋カープの會澤捕手につぐ存在ではないでしょうか

 

今年はルーキーイヤーということもあり終盤に少し打撃の調子を崩しましたが社会人出身ではあるものの来季は2年目ということもあり成長した姿を見せることもできるのではないでしょうか

小林誠司捕手のバッティングの調子があまりにも悪い場合は彼が多くの出場機会でマスクをかぶることになるでしょう

 

3番手捕手としてあげさせていただいたのが来年から捕手復帰が注目される阿部慎之助捕手です

高橋由伸政権の1年目以来の復帰となります

実績は素晴らしく長年読売ジャイアンツの正捕手の座を守り続けました

 

しかしながら満身創痍の大ベテランであり常時の出場は難しいでしょう

来季は今期も二桁本塁打を放った打棒を生かす代打の役回りをしながら三捕手として上記の2人に何かあった場合にはマスクをかぶることになるでしょう

インサイドワークと盗塁阻止率はセリーグNo.1

福岡県の男性Oさんの予想

レギュラー:小林誠司
2番手:炭谷銀仁朗
3番手:大城卓三

理由
阿部慎之介は、年齢的なものやシーズンを考えた時にどうしても捕手としては厳しいと考えます。

1番手はやはり小林捕手で、インサイドワークと盗塁阻止率も3割以上ありセリーグでは屈指の肩を持っています。

バッティングが今シーズンは振るわなかったのですが、元来WBCでも見せたバッティングが戻れば必ず正捕手の座は射止めそうです。

 

2番手は今シーズンオフにFA宣言してまだ巨人入りしていませんが、獲得を示唆している状況からやはり獲得すれば2番手は炭谷捕手になりそうです。

WBCの代表にも選ばれたことがある捕手で特にリード面は申し分がありません。

肩も強く小林捕手と同系統のタイプにはなります。

 

しかし西武ライオンズの時に主に菊池雄星投手の主戦キャッチャーだったの出場機会も40試合程度でした。

菊池投手がポスティングで出ていく事が濃厚であることから西武にいれば出場機会はさらに減る可能性があります。

でも炭谷捕手は他球団ではまだまだ戦力としては考えられる存在なので巨人での活躍も十分ありえます。

 

3番手は大城捕手です。彼は特にバッティングが良いキャッチャーで、守備面に多少問題はあります。

しかし彼が守備面もレベルアップすると小林捕手の正捕手の座を脅かす存在にもなります。

 

今回は前年の実績を考えて3番手捕手にしていますが、当然逆転も可能な位置にいます。

キャッチャーのポジションは人も育ちにくいポジションであり、正捕手の座はとりあえず小林捕手にしています。

バテッティングがそれこそ戻れば小林捕手が最有力で1番手です。

■関連記事

甲斐拓也(ソフトバンク)年俸推移と2019年の年俸予想

菅野智之(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

岡本和真(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

最後に

今回は巨人のレギュラー捕手から3番手捕手までの予想でした。

ソフトバンクの甲斐捕手は、打率は低いですが圧倒的な盗塁阻止でレギュラーを不動のものにしました。

巨人の小林捕手も打率は低く肩も良いので甲斐捕手とタイプは似ているんですが不動のキャッチャーにはなっていないですよね。

2019年は不動のものにするのか、それともライバルの誰かが抜き出るのか?

今回の予想では、やはりレギュラーは小林捕手というのが多かったですが安心ではできない感じですね。

せめて打率が.250でもあれば不動になるかも知れません。

 

Sponsored Links