メッセンジャー投手(阪神)2018成績予想!

メッセンジャー投手(阪神)2018成績予想!

阪神タイガースのメッセンジャー投手は本当にタフですよね。

まあ、確かに見た目もタフそうですが実際にすごい!

 

昨年は8月に右足骨折しながら最終戦では見事復活しましたからね。

それで7年連続規定投球回到着です。

 

2018年は阪神へやってきて9年目、もうすぐ外国人枠からも外れるんですよね。

そうなると阪神はメッセンジャー投手が投げる時、他のチームより外国人助っ人がひとり多く出場できるんですよね。

これは阪神にとっては頼もしい限りでしょう。

 

そんな、中々壊れない、故障しても復活が早いメッセンジャー投手の2018年の成績を予想します。

 

Sponsored Links

メッセンジャー(阪神)2018年成績予想

阪神タイガースの一番頼れる男はメッセンジャー投手です。

2018年も7月22日の時点で10勝をマーク。

 

外国人としては元西武の郭泰源を抜いて歴代最多の7度目の二けた勝利を達成しました。

それもその間に二けた勝利が途切れたのは、2015年の一度だけ、あとはずっと連続で二けた勝利です。

これほど抜群の安定間のあるメッセンジャー投手

2018年成績予想は

17勝8敗

このように予想しました!

成績予想理由
メッセンジャー投手は開幕投手で中5日で投げるので登板回数は多く怪我にも強いタフな選手です。

 

おそらく今年も大きな離脱もなく先発ローテーションの中心として全日程戦えるでしょう。

ただ、チーム打率が今年は低くなかなか得点が奪えずにピッチャーが好投しても打線の援護なく敗戦投手になってしまう傾向をよく見ます。

 

秋山投手、岩貞投手と並んで今年の3本柱として防御率は素晴らしいのに勝ち星が比例していません。

そのイライラを試合に影響せずに常に冷静にメッセンジャー自身のピッチングを続けることが課題です。

 

それが出来れば最多勝と防御率1位のタイトル争いに参戦し、ダブル受賞も十分取れます。

コントロールも球威も素晴らしい投手ですので、負ける時はだいたい審判の判定に苛立ち自分をコントロール出来ずに自滅する傾向が多く思えます。

 

来日9年目、球団からも信頼が厚く、今は優良助っ人を越えて、日本人扱いを待つ状態。

将来の阪神球団の指導者としても期待されてます。

 

本人もチームの為に自覚があり、チームを育てるピッチングを若手投手によく教えています。

成績は前半戦で9勝 後半で8勝の17勝で最多勝争いをします。

阪神タイガースの中でも一番計算出来る選手です。

 

負け数の8敗は打線の援護なくピッチャー見殺しの試合が4回くらいはあると予想できます。

あとの4回はイライラしての自滅です。

 

相手打線に攻略されて打ち込まれての敗戦はないと思います!

2018年の貧打戦阪神タイガースでのメッセンジャーの成績はこれが現実的に妥当だと思います。

まとめ

今回は、阪神タイガースのランディ・メッセンジャー投手の2018年成績予想でした。

メッセンジャー投手は来日1年目だけ日本野球に戸惑い良い成績を残せませんでした。

 

2年目からは力で押すだけじゃなく変化球も交えることで好投手となり来日9年目となる今年(2018年)も阪神タイガースの絶対的エースとなり活躍しています。

 

本来であればここに藤浪晋太郎投手が割って入らなければいけないんですけどね。

藤浪投手が復活するまではメッセンジャー投手が頑張り続けないといけないですね。

 

Sponsored Links