ミニミニ動物園の営業時間はお客様に優しいです!年中無休で時間も長い

ミニミニ動物園の営業時間はお客様に優しいです!年中無休で時間も長い

ミニミニ動物園は沖縄県うるま市にある屋内施設の動物園です。

営業時間が長いので各家庭の事情に合わせて遊びに行くことが出来るんです。

それでいて年中無休だし、入場無料です。
すごくないですか?

敷地内にあるスイーツの店たまご屋も、それだけ買いに来るお客もいるほど人気です。

今回はそんなミニミニ動物園の営業時間の僕の体験談なんかも紹介します。

Sponsored Links

ミニミニ動物園の営業時間は素敵すぎる

まず、ミニミニ動物園の営業時間

月~土曜日 8時30分~19時
日曜日        9時30分~18時30分

定休日:無休

となっています。

ミニミニ動物園の営業時間は朝早くからはじまって遅くまで営業しています。

この営業時間を沖縄県内で一番大きな動物園の「沖縄こどもの国」と比べると一目瞭然で違いが分かります。

沖縄こどもの国の営業時間
開園 9:30~18:00 4月~9月(入園は17:00まで)
開園 9:30~17:30 10月~3月(入園は16:30まで)
休園 火曜日(祝祭日の場合は翌日が休み)
※GW(ゴールデンウィーク)、春・夏・冬休み期間は火曜日も営業。

ミニミニ動物園と沖縄こどもの国の営業時間の違い

ミニミニ動物園の平日は沖縄こどもの国より1時間も早くから営業します。

そして終わる時間です4月
ミニミニ動物園は平日は季節関係なく19時
沖縄こどもの国は4月から9月が18時、10月~3月が17:30分

閉園の時間だけでも4月から9月で1時間もミニミニ動物園が長いのですが、こどもの国は入園できるのが17:00までとなっています。

その差、2時間は大きいですよね。

 

こどもの国は17:00までに入らないと動物を見ることができませえん。
ミニミニ動物園は19:00ちょっと前に来ても19:00までは見れるんです。

まあ、こういった営業時間が成り立つのもニミニ動物園が入園無料だからですよね。

これが少しでも入園料を取るなら10分しか見れないとなると納得できるわけがありません。

無料だからできること!ってことですね。

Sponsored Links

ミニミニ動物園はなぜ入園無料で成り立っているのか?

ミニミニとは思えない程の種類や数がいる動物園。
これだけの数はいれば維持費も結構かかるはずです。

それではなぜ維持費というか経営がなりたっているのか?

まあ、僕は関係者じゃないので聞いたことはないのですが外から見た感じだだいたい想像がつきます。

その答えは、施設内になるスイーツの店たまご屋がかなり繁盛している。

ということではないでしょうか。

 

元々ミニミニ動物園のオーナーはズケラン養鶏場を営んでいます。

そのニワトリの新鮮な卵を使って作るケーキやシュークリームなどのスイーツは評判を呼びかなり人気です。

スイーツだけじゃなく取れたての新鮮卵も売ってるので業者さんも買いに来ているようです。

 

僕が約10年前にはじめてミニミニ動物園を訪れてから、スイーツの店たまご屋は何度も店舗改装で大きくなり、スイーツの種類もどんどん増えています。

だから動物園自体は無料でもまったく問題ないのでしょう。

ミニミニ動物園の関連記事

ミニミニ動物園はたまご屋のスイーツも最高!

まとめ

今回のミニミニ動物園の営業時間についての記事はいかがだったでしょうか?

雨の日も子連れで楽しめて、スイーツも美味しいときたら行くしかありません。

動物がメインなのか、スイーツがメインなのか分からなくなります。

また、動物から動物まで長い距離を歩かされることがないのもおすすめの理由です。

あっ、でも本当は美味しいスイーツを食べるんだから少しくらい歩いたほうがいいかも知れないですね。

Sponsored Links