夏の甲子園2018予選の南神奈川大会!優勝と準優勝を大予想

2018年の夏の甲子園は第100回全国高校野球選手権記念大会となっています。

こういった記念大会の時は、出場校が増え神奈川県も代表校が2校になります。

そのため、予選から北、南神奈川大会に分かれ開催されます。

そこで今回は、夏の甲子園予選の南神奈川大会にスポットを当て、優勝、準優勝、大穴の高校を予想してみました。

Sponsored Links

夏の甲子園2018予選の南神奈川大会!優勝予想は?

それでは、まずはいきなり優勝予想からいきます!

2018年南神奈川大会の優勝は強豪、横浜高校を予想しました。

今年は、ライバル東海大相模高校が北神奈川大会に出場なので優勝予想はわりと簡単だったです。

優勝予想理由

夏の神奈川と言えば圧倒的な強さを誇る横浜高校です。

圧倒的な強さで甲子園出場を果たした去年のチームから多くのメンバーが残っていました。

そのため、昨年の秋の県大会では優勝候補の筆頭と予想されながら鎌倉学園に準々決勝でまさかのコールド負けと屈辱を味わいました。

その屈辱を胸に望んだ今年の春の県予選大会では見事優勝を果たしました。

横浜高校と言えば、ずっと渡辺監督と小倉コーチの両輪が有名でしたが、既に二人は一線を退きました。

ただ、その後を引き継いだ平田監督が凄かった。

今までのミスの無い緻密さとともに豪快な野球ができるチーム作りを進めたんですね。

それで夏の県予選大会本塁打記録を塗り替える等の実績を作りました。

ただ、昨年の秋の大会のコールド負けの反省から、投手を中心とした守りを強化し「1-0」での勝利を目指す野球を進めています。

投手は昨年から主戦を務める板川(3年)と、早くも来秋のドラフトの主役と高い評価を受けている及川(2年)。

そして上がり調子の黒須(2年)とコマは揃っています。

まだ打線も、プロ注目の強打者・万波、斉藤は調子を落としていましたが夏に向け徐々に調子を上げてきています。

今年は東海大相模という強敵が北神奈川なので、普通に考えれば、甲子園出場は固いと予想します。

Sponsored Links

夏の甲子園予選で南神奈川大会の準優勝高校予想は?

神奈川大会ってとってもレベルが高いんですよね。

準優勝でも他県では、優勝並みのレベルだったりします。

だから準優勝予想でもガッカリしないでね(笑)

ではいきます。

夏の甲子園、南神奈川予選の準優勝は日大藤沢高校を予想しました。

準優勝にした理由

日大藤沢高校は毎年、上位には食い込むものの、神奈川の高校野球界に君臨する全国屈指の超強豪校・横浜高校、そして東海大相模に跳ね返されてきました。

特に東海大相模には去年まで夏の選手権大会神奈川県予選では三連敗という実力の差を見せつけられました。

つまり昨年の3年生は1年の時から3年までまったく勝てずに東海大相模と対戦し敗退しています。

私は3年連続して東海大相模戦を見てきました。

正直、戦力の差は歴然としていて同じ高校生とは思えないくらいです。

この2校(横浜高校・東海大相模)は全国から野球エリートを集め、恵まれた環境で野球に打ち込んでいます。

しかしその一方で日大藤沢は、選手の推薦入学は他の私立高校と異なりほとんどありません。

一応、野球部専用の球場もあるんですが、正直なところ公立高校のほうが日大藤沢より良いグラウンドを持っていたりするんです。

もちろん、だからといってグランドや立地条件のせいにするようでは根本的に勝てません。

3年間、少しずつではありますが日大藤沢高校と、これら強豪校との差は明らかに縮まってきています。

山本監督の熱い指導のもと、猛練習を重ねてきた成果だと思います。

幸い、今年は1年から主戦の好投手である新村君(3年)と中学時代からとても評判の高い武富君(2年)という好投手が二人います。

山本監督の実兄、レジェンド山本昌投手が臨時コーチに就任し投手陣の底上げが急ピッチで行われています。

今年(2018年)は、東海大相模と県予選で相まみえることはありません。

しかし、夏の甲子園での打倒・東海大相模に日大藤沢ナインはとても燃えています。

大願成就のため、甲子園を目指しているでしょう。

何が起こるか分からない南神奈川大会の大穴高校は?

高校野球はリーグ戦ではなくトーナメント戦です。

だから実力では劣っていても、その時の一瞬をついて勝ってしまう場合があります。

だからノーマークの大穴の高校が優勝するケースもあるんですよね。

夏の甲子園予選の南神奈川大会の大穴は星槎国際湘南高校ではないでしょうか。

ちなみに読み方は”せいさこくさいしょうなんこうこう”と読みます、難しいですね。

なぜ大穴予想をしたのか?

星槎国際湘南高校は、創部しまだそれ程歴史はなく、甲子園出場もまだありません。

しかし大穴として予想したのは監督の存在です。

長らく神奈川県の強豪校、桐蔭学園の監督だった土屋監督が異動し、星槎国際湘南高校で指揮しています。

昨年(2017年)の夏も好投手・本田(現・オリックスバッファローズ)を要し、春の神奈川大会予選ではベスト4まで進みました。

今年(2018年)は6月に専用球場が完成し、野球を行う環境が非常に整備されました。

戦力についても、2018年のチームは本田君のような大黒柱はいませんが、主戦の石橋を中心に継投でムダな失点を防ぐパターンが確立しています。

ただ投手陣より、打線はかなり強力です。

俊足巧打の小倉、そして主砲の松下は去年から注目を集めているバッターです。

特に松下は土屋監督も「高橋由伸(現巨人監督)2世」と高く長打力を評価しています。

プロのスカウトもしっかりと注目している神奈川県内屈指の強打者なんですね。

一時期調子を落としていた時期もありましたが、今はチームの勝利のためにチームバッティングに徹しているようです。

高校野球の場合、こういったパターンがあるチームは、前評判がそれ程高くなくても波に乗せたらビックリするくらいの非常に力を発揮します。

このように整備されつつある戦力に、桐蔭学園の時から知将と評判の土屋監督の名采配が冴え渡れば高校野球は何がおこるか分かりません。

たとえ大幅に戦力で上回るはずの強豪校といえども足下を掬われる可能性は大いにあります。

まとめ

今回は、夏の甲子園2018南神奈川大会予選の優勝、準優勝、そして大穴の高校を予想しました。

奇しくも20年前の第80回全国高等学校野球選手権大会では、南大阪代表のPL学園と東神奈川代表の横浜高校が延長17回を戦った年なんですよね。

そしてその時の横浜高校のピッチャーが松坂大輔投手です。

37歳になった今年、完全復活してオールスターゲームにも出場しましたね。

でも、松坂を怪物と言わしめたのは20年前の甲子園で17回、250球を1人で投げ切ったところからではないでしょうか。

そんな松坂大輔を輩出した横浜高校は今年も目が離せないですね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする