夏の甲子園大会2018優勝予想!準優勝に大穴も一挙まとめて!

夏の甲子園大会2018優勝予想!準優勝に大穴も一挙まとめて!

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が行われる夏の甲子園。

今年(2018年)は記念大会となります。

史上最多の56代表校が出場する今大会はどの高校が優勝するこか?

 

今回は、優勝校と準優勝校、そして大穴の高校もあわせて予想しました。

高校野球にはドラマがあるからプロ野球の予想より難しい。

 

Sponsored Links

 

夏の甲子園大会2018優勝予想

第100回全国高等学校野球選手権記念大会。

2018年夏の甲子園は、奈良県の天理高校を優勝予想しました!

 

天理高校については、打撃練習をとてもよくやっている。

打撃センスに関しては大阪桐蔭以上のものがあるように思う。

 

昨年は残念ながら、惜しくも準決勝で負けてしまったが、「天理のバレンテイン」みたいに、いつでもフルスイングを心がけて全部の選手がやってくる。

今年(2018年)の夏は猛暑が予想されています、そのため、投手力では勝てないと思うんですよね。

 

天理高校は、控え選手が豊富で、スカウトが小学校リトルリーグからマークした選手を優先的に先発させる。

これが天理高校ならではのセンスで、上手く行ったら勝てる戦略となる。

 

大阪桐蔭、東海大相模も有力だと思うけれど、打撃センスは落ちてきている。

天理高校の特徴として、ナイター設備のある野球部専用の練習場で、打撃練習をナイターでやっていることがメリットがある。

高校野球は昼だが、甲子園ではデーゲームでも、銀傘あるので、ナイター練習しておくのには合理性がある。

 

投手は、今年は先発、中継ぎ及び抑えで分業してくるので、最近の継投方針に会っている。

かなりプロ野球を意識した野球をやっている。PL高校がまだ力あったとき、常にPLとは練習試合していて、切磋琢磨していた。

 

近年イマイチなのは、PLが、野球部を廃止してしまった、これ天理には痛手であった。

しかし、夏の大会で”天理”ブランドは健在している。

あの門田さん(南海)以来、名選手をたくさん登場させた。

昨年から打撃センスは上がっており、優勝予想をさせていただいた。

 

Sponsored Links

夏の甲子園大会2018準優勝予想

2018年夏の甲子園は、大阪府の大阪桐蔭高校を準優勝予想しました!

やはりここは、強豪大阪桐蔭ではないでしょうか?

 

ここ数年間は指導者にもとても恵まれています。

高校野球の夏の大会は、高校野球チームのブランド名と、選手の個々の実力はもちろん必要。

 

だけどそれだけじゃなくて、「指導者」に恵まれていること、ここが重要なポイントだと思います。

おしなべて、関東系は強い。却って、関西は大阪桐蔭、天理高校、平安高校に力が集中している。

 

練習するとき、よいグランドを持っているチームは、やはりよく練習している。

守備練習は、夏の甲子園では、ミスすれば、致命的な結果になることが多い、チャンスは1回だけなので、ミスは許されない。

 

関東系(東京2チーム、神奈川代表)と大阪(勝ち上がりが激しいので、ここでかなり優劣がついている。)は、そこそこツブがそろっていて、優勝候補であることには違いない。

 

ただ、意外性には欠ける。甲子園出場回数は、相手チームにはやはり「恐怖心」を生み出す源泉でもある。

この点、天理高校は、伝統的に「スパルタ教育」をしていて、奈良の智辯高校は、春。

 

夏は天理高校というのが最近のトレンドである。天理高校は春夏3回優勝しているが、昨年の実績、そろそろという「そそる」雰囲気、これが”意外性ある”優勝候補だと思う。

ブラスバンド応援も素晴らしく、相手チームに威圧を与えている。

夏の甲子園大会2018大穴の高校を予想しました

2018年夏の甲子園は、大穴の高校は和歌山県の箕島高校を予想!

最近目立った成績を残していない箕島高校。

けれど甲子園では意外に、「意外性」を出せるチームである。

 

和歌山県では、有田市にあり、野球以外にめぼしいスポーツがないから、いつも「野球」ばかりやっている。

野球で結果出せないと、選手は「船乗り」になるしかないとも。

 

みなこれ嫌がっているので、イザというときは、すごい集中力を出すことが多い。

あと、昭和56年にあった延長18回サヨナラ勝ちの知名度があるのが大きいです。

 

野球って、なにか「奇跡的な」勝ち方をしているチームは、やはり「ファンを引き付ける」何かがある。

それをファンは期待しているが、これにマッチしているのが、「箕島高校」ではないかと思う。

 

和歌山代表は、智辯和歌山高校が強いけれど、そろそろ箕島高校にも、気が熟している。

何かやってくれる。そういうオーラがありあり。夏が暑いと、箕島高校は、必ず”何か”をやってくれる雰囲気がある。

 

東尾投手は、最初ぜんぜん期待されていなかったが、西武に入団後、めきめき実力を発揮した。

吉井投手も、ぜんぜん期待されていなかった選手であったが、プロ入団後、すばらしい実力を発揮した。

 

この高校、20年に一度は、何か一発を出してくれる高校であり、大穴候補として取り上げました。

まとめ

今回は2018年夏の甲子園の優勝校、準優勝校、大穴の高校の予想をしました。

実は予想をしたのが、まだ甲子園出場校が決まる前・・・

 

もしかしたら予想はしたけど甲子園に出場すら出来ない可能性もありはします。

そんな時はすみませんが暖かい目で許してください。

天理に大阪桐蔭、箕島高校の選手たち!がんばってね。

Sponsored Links