日本ハムファイターズ2019年開幕投手&先発ローテーション

日本ハムファイターズの2018年は惜しくも3位という結果に終わりました。

しかし投手陣は上沢投手や、マルティネス投手などの活躍もありチーム防御率はリーグ2位だったんですよね。

そして2019年はオリックスのエースだった金子千尋改め、金子弌大投手も移籍してきて日本ハムの投手陣に加わりました。

先発ピッチャーは揃っている日本ハムですが2019年の投手陣はどうなるのか?

開幕投手と先発ローテーションを予想しました。

Sponsored Links

日本ハムファイターズ2019年の開幕投手は?

日本ハムファイターズ2019年開幕投手(第1戦)は、上沢直之投手と予想しました。

上沢直之投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年253.1611643.647165.1

上沢投手と言えば大谷翔平選手と仲が良いことでも有名ですが、昨年は初の二桁勝利の防御率もリーグ3位と飛躍の年になりました。

右肘の故障から2016年は、まったく投げられない状態から翌年復帰し、わずか2年で日本ハムのエースにまで、のし上がった感じです。

6回以上を3失点以内に抑えるQS(クオリティースタート)が2018年は同僚のマルティネス投手と共にパリーグ1位の17試合もありました。

それだけ安定している投手なので開幕投手にはピッタリだと思い予想しました。

上沢直之投手が開幕投手にあらばれれば初の栄誉となります。

ただ、怖いのは右肘を手術した後ですからね。

それでも2018年は、リーグ3位の165.1イニング投げてるし、リーグ2位の4完投、リーグ1位の1完封しています。

長いイニングを投げれるスタミナがあるのは、分かるんですが肘は投手の生命線ですからね、そこは慎重にいってほしいです。

日本ハムファイターズ先発ローテーション2019第2戦目は?

日本ハムファイターズ2019先発ローテーション第2戦は、マルティネス投手と予想します。

マルティネス投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年253.51101130.476161.2

外国人助っ人のマルティネス投手は、昨年入団1年目で10勝を挙げ上沢直之投手と二枚看板で活躍しました。

1年目から二けた勝利し、防御率もリーグ4位だったのでかなり優良外国人を獲得できたと思います。

最近は、日本の育成で外国人を育てるケースも多いですがマルティネス投手は大リーグのレンジャースで17勝を挙げたバリバリのメジャーリーガーでした。

レンジャースと言えばダルビッシュ有投手が2012年から2017年途中までいた球団なので日本人にも馴染みがある球団だと思います。

ただ、いくらメジャーリーガーでも日本で活躍出来るかどうかは別問題なんですよね。

高額年俸で解約しても全くダメな助っ人もいれば格安契約でも大活躍する選手もいます。

マルティネス投手の場合は、2億円で獲得した投手だったので妥当な金額で予想通りの活躍をしてくれたとおもぃます。

しかし上沢投手と勝ち星は1つしか違わないのに、負けが多いのが2019年の課題ですよね。

防御率はリーグ4位なのでそこまで悪くは無いですが、絶対に抑えなければいけない場面で打たれるケースが多々ありました。

もちろん打線との巡りあわせもありますが、抑えるところは確実に抑えていきましょう。

日本ハムファイターズ先発ローテーション2019第3戦目は?

日本ハムファイターズの先発ローテーション2019第3戦は金子弌大投手になると思います。

金子弌大投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年173.874700.364100

長年、オリックスバファローズで先発ローテーションを守りチームを支えてきた金子千尋改め、弌大投手。

2018年は本人も納得できない不本意なシーズンに終わりました。

複数年契約の最終年だったんですが2019年の契約がオリックス球団とはこじれてしまい自由契約に。

新天地が同じパリーグの日本ハムに決まったことで相手打者の特徴も知っており投げやすいと思います。

ただ、それは逆も言えるので打者から見ても金子投手の特徴は分かっていると思うんですよね。

なのでその上を行く投球をしなければいけません。

金子の不調は治るのか?

金子投手は、プロ通算14年ですが度々右肘の故障で離脱します。

しかし、こそこら復活して二けた勝っちゃうのが金子投手でもあるんですよね。

ただ、金子投手も35歳でかなりベテランの域に入ってきました。

持ち味だった多彩な変化球と抜群の制球力が衰えてきているのは間違いありません。

それでも毎年先発として活躍している投手ですから2019年も二けた前後は勝てると思います。

Sponsored Links

日本ハムファイターズ先発ローテーション2019第4戦目は?

日本ハムファイターズの先発ローテーション2019第4戦は、村田透投手と予想します。

村田透投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年143.276300.66777

村田透投手は、波乱万丈のプロ野球経歴ですよね。

2007年に大学生・社会人ドラフト1巡目で巨人に指名され入団。

そこまで良かったんですがわずか3年で未勝利のまま戦力外通告を受けました。

でも捨てる神あれば拾う神ありですよね。

その年の11月に行われた12球団合同トライアウトで何とクリーブランド・インディアンスのスカウトの目に止まりマイナー契約を結びました。

アメリカでは、AAA級とAA級の昇格、降格がほとんどでしたが2015年には1度だけメジャー昇格を果たしました。

結果は3.1回を投げて4安打にホームラン2本を浴びて敗戦投手です。

しかし巨人時代は1軍昇格はおろか2軍での大した活躍が出来ず3年でクビになった村田投手が大リーグで登板し、3Aでは主力として活躍したわけですからすごいですよね。

結局、その実績が日本ハムとの契約につながるわけですから。

日本ハムでは、先発もロングリリーフもこなせる使い勝手の良い投手として重宝しています。

ただ、僕は2019年は基本的に先発投手として使ってほしいですね。

その為に先発ローテーション第4戦に予想しました。

日本ハム先発ローテーション2019第5戦先発投手は?

日本ハムファイターズ先発ローテーション2019第5戦はジョニー・バーベイト投手と予想します。

ジョニー・バーベイト投手の2018年成績

所属:デトロイトタイガース(メジャー)
登板7試合 0勝0敗 0セーブ 2ホールド 防御率12.15

3A成績
登板33試合 0勝3敗 12セーブ 3ホールド 防御率1.45

2017年成績

所属:ピッツバーグパイレーツ(大リーグ)
登板24試合 0勝1敗 0セーブ 1ホールド 防御率4.08

ジョニーバーベイト投手は、まだ26歳と若いですね。

メジャー経験は、2017年のパイレーツ時代に24試合登板しています。

ほとんどがリリーフでの登板ですが栗山監督は先発もこなせる万能選手という印象からオープン戦でしっかり見極めて可能なら先発で使うと思います。

ただ、昨年は助っ人外国人、入団1年目のロドリゲス投手をいきなり開幕投手に持っていき奇襲作戦に出て結果、投球回2.1回を投げ8失点と負け投手。

とんだ赤っ恥をかいてしまったので、いくら栗山監督が見極めても今年の開幕投手にはならないでしょう。

しかしバーベイト投手もまだ若く、大リーグで多くな成功を収めた投手ではありません。

なのでジャパニーズドリームを狙って頑張ってくれると思います。

初登板で良い投球が出来ればずっと続くと思いますが、大きくコケるようだとしばらく2軍落ちになる可能性はあります。

日本ハム先発ローテーション2019第6戦先発投手は?

日本ハムファイターズ先発ローテーション2019第6戦先発投手は上原健太投手だと思います。

上原健太投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年63.1340001.00037.1

上原健太投手と言えば2015年のドラフト1位投手です。

大卒ということで即戦力になるかと思ったんですが残念ながらそうはならなかったですね。

ただ、じっくりと確実に成長している投手です。

入団1年目 登板1 0勝0敗 防御率0.00

入団2年目 登板9 先発6 1勝5敗 防御率6.23

入団3年目 登板10 先発6 4勝0敗 防御率3.13

2年目と3年目は、先発登板数は同じですが成績は大きく上回っています。

2018年は、なかなか先発の機会が回ってこなかったんですが9月27日に再昇格してからは、先発ローテーションで登板し、日本ハムの最終試合では6回自責点3で見事勝利投手になりました。

結局、上原健太投手はの2018年は負け無しの4連勝で、しかも終盤も終盤の9月27日から3連勝です。

こんなことなら、もっと早く1軍昇格させていた方が良かったんじゃないでしょうか?

ということで2019年は開幕から上原健太投手は、先発ローテーション6戦目の投手になると思います。

もうひとつ、上原投手を早く使いたいのはバッティングの良さですよね。

上原投手のバットスイングは投手のスイングじゃありません。

大谷翔平投手を彷彿させる打てる投手です。

2018年も、セパ交流戦では数少ない打席でホームランを放ちました。

打順の9番目に打てる投手がいるのと、まったく打つ気が無い投手がいるのとでは勝敗に大きく左右しますからね。

そういった意味でも上原健太投手は、先発ローテーションで使えると思います。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

ソフトバンクホークス2019年開幕投手&先発ローテーション

西武ライオンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーション

まとめ

今回の記事は、日本ハムファイターズの2019開幕投手&先発ローテーション予想でした。

僕の予想では、

開幕投手(第1戦)は、上沢直之投手。

先発ローテーション第2戦は、マルティネス投手。

先発ローテーション第3戦は、金子弌大投手。

先発ローテーション第4戦は、村田透投手。

先発ローテーション第5戦は、ジョニー・バーベイト投手。

先発ローテーション第6戦は上原健太投手。

上記のようになりました。

オリックスから日本ハムに移った金子投手は、何度も開幕投手を務めたことがあるベテランです。

開幕投手って143試合の中の、ただの1試合では無いとよく言われます。

だから経験豊富な金子投手もアリかなと思ったんですが、さすがに昨年の成績では無理ですよね。

ということで昨年好成績を残した上沢直之投手が初の栄誉で頑張ってもらいたいと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする