大瀬良大地(広島)年俸推移と2019年の年俸予想

大瀬良大地(広島)年俸推移と2019年の年俸予想

広島東洋カープの大瀬良大地投手と言えば2018年は大活躍でしたね。

チームはセリーグ3連覇を果たし、そのエースとして君臨したのが大瀬良大地投手でした。

また、巨人の菅野智之投手と共に最多勝のタイトルを分け合い、最高勝率のタイトルも獲得しました。

 

ドラフト1位で広島に入団してから、中継ぎに回っていた時期もありましたが先発になれば確実に二けたは勝てる投手です。

今回は、そんな大瀬良大地投手のこれまでの年俸推移と2019年の年俸を予想します。

 

Sponsored Links

大瀬良大地(広島)年俸推移

長崎県出身の大瀬良大地投手は、長崎日大高校から九州共立大学を経て2013年にドラフト1位で広島東洋カープに入団しました。

契約金:1億円

年俸:1500万円

で合意して契約しました。

 

1年目から5年目までの年俸推移

年度入団年俸差額年齢
2018年5年目6300万円180027歳
2017年4年目4500万円-10026歳
2016年3年目4600万円110025歳
2015年2年目3500万円200024歳
2014年1年目1500万円23歳

大瀬良大地投手の年俸推移は、入団5年で1度だけ年俸が下がったことがあります。

それが入団4年目の年俸で100万円減ということでした。

 

大瀬良投手は入団1年目から10勝8敗と二けた勝利をあげ防御率は4.05ながら新人王に輝きました。

その為、2年目の年俸は、一気に3500万円となり2000万円増でした。

 

しかし2年目のシーズンは先発としては苦しいシーズンになりました。

開幕はもちろんローテーション入りしたものの昨年までの投球が出来ずに初勝利を挙げたのが5月4日と1ヵ月以上もかかってしまいました。

 

それで立ち直れば良かったんですが、その後も勝ち星に恵まれず6月からはチーム事情もあったんですが中継ぎに配置換えになりました。

ただ中継ぎとしては、それなりの結果を残すことが出来たので先発よりも中継ぎ向きの投手という印象を首脳陣に与えたかも知れません。

 

最終的に2年目の2015年シーズンは
防御率3.13、登板51、先発9、完投2、勝利3、敗戦8、ホールド20、HP22、セーブ2
という成績で終わりました。

 

このような結果から3年目の年俸は4600万円(1100万円増)になりました。

開幕当初の投球内容からすると、よく年俸推移をここまでアップ出来たなと思います。

 

3年目の2016年シーズンは、開幕前に右肘の内側側副靭帯の部分損傷が分かり前半戦を棒に振りました。

復帰したのが夏の7月20日、久しぶりの先発として中日戦に登板しましたが3回4失点で悔しい降板、再び登録抹消となりました。

 

再昇格したのは8月12日でしたがそこからは前年と同じように中継ぎでの登板。

中継ぎだとなぜか珍しく大瀬良大地投手は好投するんですよね。

リーグ優勝にも貢献し、日本シリーズでも2試合中継ぎで登板しました。

 

最終的に3年目の2016年シーズンは

防御率3.32、登板17、先発1、完投0、勝利3、敗戦1、ホールド4、HP7、セーブ0

という成績で終わりました。

このような結果から4年目の年俸は4500万円(-100万円減)となりました。

大瀬良大地投手の年俸推移では唯一、ダウン提示だった年俸です。

 

4年目の2017年シーズンは、オープン戦からオープン戦から絶好調だったので完全先発に復帰して開幕ローテーション入りを勝ち取る。

そこから何と、それまでのうっぷんを晴らすように8月9日に敗戦投手になるまで無傷の7連勝を記録しました。

やっぱり大瀬良大地投手は、先発が一番と思わせた年でもあります。

 

この年は、ルーキーイヤー以来の二桁勝利を3年ぶりに達成したんですよね。

先発ローテーションを守り抜いた為、投球回145.2で規定投球回も達しチームのセリーグ連覇にも貢献しました。

 

残念だったのは規定投球回達成者の中では大瀬良大地投手は、勝率1位でした。

ただ、最高勝率のタイトルには13勝以上という条件があった為、10勝に終わった大瀬良投手は条件に当てはまらない為、タイトルを獲得することが出来なかったんですよね。

最終的に大瀬良投手の2017年シーズン成績は

防御率3.65、登板24、先発24、完投0、勝利10、敗戦2、勝率.833

という成績で終わりました。

勝率.833ってすごいでしょね。

ただ、防御率はそこまで良い成績では無いので、うまく要所を抑えて負けなかったというのと、防御率3.65だから10勝止まりだったとも言えます。

結果として5年目の年俸は6300万円(1800万円増)となりました。

最高勝率のタイトルを獲っていたら年俸推移も、もう少し違っていたでしょうね。

 

Sponsored Links

大瀬良大地2019年の年俸予想

大瀬良大地投手の2019年の年俸を予想する前に、2018年の成績を見てみましょう。

大瀬良大地2018年成績

年度防御率先発完投
無四球
勝利敗戦勝率
2018年2.6227157.682

2018年の大瀬良大地投手は飛躍しました。

最多勝のタイトル獲得。

最高勝率のタイトル獲得。

月間MVP 投手部門:5月

最優秀バッテリー賞:捕手は會澤翼

上記はすべて入団以来、はじめて獲得したものになります。

 

大瀬良大地投手は、前年は開幕から無傷の7連勝を達成しました。

2018年は、開幕からとはいきませんでしたが4月下旬から6月上旬にかけて6連勝を達成。

この安定したピッチングで4月から毎月勝ち星を挙げてきました。

 

10月は1試合の登板で勝ち負けが無かったんですが8回3失点の内容だったので2018年は開幕から最後まで素晴らしい年だったと思います。

最終的には広島のセリーグ3連覇に大きく貢献したので年俸大幅アップは間違い無いでしょう。

 

ということで年俸予想にいきます。

大瀬良大地2019年年俸

1億3500万円と予想しました。

 

予想理由

2018年の活躍からしたら倍増は、当たり前ですがそれにタイトル料がふたつ、さらにリーグ優勝が加わります。

となるとソフトバンクあたりだと1億4000万円と予想するところですが広島球団ということで百万単位まで細かくしました。

で、6300万円から2019年は1億3500万円(7200万円増)の年俸予想となります。

■関連記事

丸佳浩(巨人)2019年成績予想!FAで広島から移籍1年目

菅野智之(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

岡本和真(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

最後に

今回の記事は、「大瀬良大地(広島)年俸推移と2019年の年俸予想」でした。

2018年は、最多勝に最高勝率のタイトルを獲得した大瀬良投手です。

どう転んでも年俸1億円突破は間違いないでしょう。

 

そして僕の予想は、1億3500万円でした。

あなたの予想はどれくらいでしょうか?

それにしても大瀬良投手の年俸推移もここから飛躍的に上がっていくんでしょうね。

来年二けた勝てば一気に2億行きますから。

 

Sponsored Links