CSパリーグ先発投手予想!西武対ソフトバンク2018

NO IMAGE

埼玉西武ライオンズが10年ぶりの優勝で2018年のパリーグを制しました。

ちょっと前ならこれで、さあ日本シリーズだ~!

となるんですが今はそうもいきません。

 

まずはクライマックスシーズ(CS)で勝ってやっと日本シリーズ進出となります。

打撃陣は12球団で一番の西武ライオンズですが、その反面投手陣には難があるんですよね。

果たしてパリーグ代表で日本シリーズに行くのはどのチームなのか?

今回はCSファイナルステージの先発投手予想をしました。

 

Sponsored Links

CSパリーグのファイナルステージの日程

CSパリーグのファイナルステージは、ペナントレースで1位になった埼玉西武ライオンズとCSファーストステージから勝ち上がった2位福岡ソフトバンクホークスとの対戦になります。

日程CSファイナルステージ球場開始時間
10月17日(水)西武対ソフトバンクメットライフ
18:00 
10月18日(木)西武対ソフトバンクメットライフ
18:00 
10月19日(金)西武対ソフトバンクメットライフ
18:00
10月20日(土)西武対ソフトバンクメットライフ
14:00
10月21日(日)西武対ソフトバンクメットライフ
13:00
10月22日(月)西武対ソフトバンクメットライフ18:00
10月23日(火)予備日メットライフ18:00
10月24日(水)予備日メットライフ18:00

クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージは、6試合制になります。

先に4勝したチームが勝者となり日本シリーズに進出できます。

ただレギュラーシーズンでパリーグ優勝した埼玉西武ライオンズにはアドバンテージとして1勝が与えられます。

なので西武は実質3勝すれば日本シリーズ出場権獲得となります。

 

試合はすべてパリーグ優勝球団の本拠地でやるので今回は西武の本拠地メットライフで行われます。

引き分けて勝ち数が同じになってしまったらパリーグ優勝球団(西武ライオンズ)の進出となります。

日本シリーズ進出球団が決定した時点でCSは終了となり残りの試合は行いません。

CSパリーグ西武ライオンズ先発予想

西武ライオンズはパリーグ優勝してクライマックスシリーズ(CS)は、ファイナルステージになって初登場となります。

そのため、先発投手陣は休養十分、だれが先発してもOK状態ではあります。

とは言えば西武ライオンズは、投手陣は豊富に揃っているわけではありません。

超破壊力のある打撃陣に引っ張られて2018年はパリーグ優勝しました。

 

でも、でも西武にはパリーグ最多勝と最高勝率の投手もいるという・・・(打撃陣のおかげも多大にあるが)

ただ全体的には投手陣はリーグダントツの防御率最下位ですから辻監督も先発投手起用を考えるのも頭を悩ますと思います。

それでも西武には1勝のアドバンテージがありますからね、3勝すればいいんです、その点はやっぱり有利ですよね。

二けた勝利の3投手で3連勝できるのが一番ベスト、もつれると厳しい戦いも予想されます。

西武ライオンズ第1戦先発予想

多和田真三郎(25歳)

10月17日(水)CS第1戦先発予想は多和田真三郎になります。

そう、球界で一番、漢字が長いで有名な多和田投手、入団3年目の今季は覚醒し最多勝のタイトルを獲得しました。

同僚の先輩、山川選手とは中部商業、富士大、西武と同じ流れでともに初タイトルです。

にしても甲子園にも出場できない中部商業から同じ年に最多勝と本塁打王が出るなんてちょっと信じられないですね。

 

2018年の多和田投手は開幕2戦目に初登板して、そこから今年は連勝街道まっしぐら。

ただ、防御率が悪かったんですが終わってみれば3.81です。

危うく防御率4点台の最多勝投手が生れるところでした。

多和田投手は9月10月は絶好調だったのでそのままクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに進んで大丈夫だと思います。

 

気になるのは対戦相手がソフトバンクということ、西武では菊池雄星投手がソフトバンクになかなか勝てないということがずっと話題でした。

今年の多和田は、ソフトバンクとは2回対戦しています。

12.1回を投げて自責点15の防御率10.95とかなり悪い。

でも1勝1敗なんですよね、しかも無四球1ですから。

内容は最初の対戦の時に3回11失点で負け投手になっています。

初回に6失点ですから、そりゃ勝てないでしょう。

 

でも同じ月の次の対戦では4失点、無四球の完投勝ちです。

そこが多和田投手の良いところなんでしょうね、前回めった打ちをされても苦手意識を作らないということです。

西武ライオンズ第2戦先発予想

菊池雄星(27歳)

10月18日(木)CS第2戦先発予想は多和田真三郎になります。

西武のエースというよりパリーグのエースですね。

昨年は最多勝に最優秀防御率のタイトルを獲得、今年も最高勝率のタイトルを獲得しています。

 

菊池雄星投手がここまで成長するなんてデーブ大久保氏はどう思っているんだろう?

ファイナルステージで対戦するのは、入団からず~と勝てなかったソフトバンク戦なんですよね。

でも今季の最終登板がソフトバンクとの対戦でした。

 

そこで7回を投げ失点3の自責点1でとうとう初勝利~!となったわけです。

その時以来の先発登板が今回のクライマックスシリーズなので呪縛も解け本来の調子で投げれるでしょう。

西武ライオンズ第3戦先発予想

榎田大樹(32歳)

10月19日(金)CS第3戦先発予想は榎田大樹投手になります。

ドラフト1位で阪神入団も先発の烙印を押され中継ぎでも昨年は3試合しか登板できませんでした。

それが入団8年目の今季西武ライオンズに移籍して覚醒、先発を任されてから11勝4敗、防御率3.32の成績を収めました。

 

こういったくすぶっていた選手が新天地で活躍すると嬉しいですね。

日本ハムの大田泰示選手もそうですがトレードってけして悪いことばかりじゃないですよね。

心機一転、新天地で活躍する選手も結構います。

 

榎田大樹投手とソフトバンクの対戦は先発ではありません。

4月に中継ぎで一度あるんですがその時は2回を投げて1安打1四球失点0という成績でした。

なのでまだレギュラークラスのすべての選手と対戦したわけでは無いので初対決の選手も多いと思います。

西武ライオンズ第4戦先発予想

今井達也(20歳)

10月20日(土)CS第4戦先発予想は今井達也投手になります。

高卒でドラフト1位入団の2年目若手投手です。

高校時代は作新学院高校で夏の甲子園の優勝投手になっている将来がかない期待できる有望株。

今年は1軍デビューを果たすどころか現在はローテーションの一角に食い込みました。

先発14で5勝5敗防御率4.81という成績を残しています。

さらに眼下の敵、ソフトバンクには4度登板して2勝1敗防御率3.20とかなり相性が良いんですね。

なのでソフトバンクも高卒2年目の若造とは思っていないでしょう。

 

西武ライオンズ第5戦先発予想

髙橋光成(21歳)

10月21日(日)CS第5戦先発予想は髙橋光成投手になります。

2014年の高卒ドラフト1位入団の4年目です。

前橋育英高校時代は髙橋光成投手も甲子園で優勝投手になっています。

ルーキーイヤーから先発として活躍していたんですが右肩の故障などもあり毎年成績は下がっているんですよね。

 

2018年は3試合に先発して2勝1敗防御率4.50とう成績でした。

しかし10月3日には日本ハムを相手に8回を投げ自責点2で勝ち投手になっています。

何とかクライマックスシリーズ(CS)に間に合ったという感じでしょう。

西武ライオンズ第6戦先発予想

ウルフ(37歳)

10月22日(月)CS第6戦先発予想は ウルフ投手になります。

パリーグだけ3球団渡り歩いている外国人助っ人です。

来日9年目で日本プロ野球ののことは結構知っています。

3年前は対戦相手のソフトバンクに所属していたので現在のレギュラークラスの選手のことはかなり知っているかも。

 

でも37歳という年齢からくるものなのか今年は期待される活躍は出来ていません。

14試合登板で4勝4敗防御率4.77の成績が物足りないですね。

本来であればクライマックスシリーズ(CS)先発登板も難しいところでしょうがこれが現状の西武の投手陣です。

最後の良い投球をしたのが8月11日なので早めの降板もありえるかもしれません。

 

Sponsored Links

CSパリーグ福岡ソフトバンクホークス先発予想

ソフトバンクには昨年までの圧倒的な強さが無いですよね。

昨年までは先発投手陣も豊富で他のチームなら即ローテーション入りというピッチャーが2軍にゴロゴロいました。

 

今年は負の連鎖というか絶対的な守護人のサファテ投手がいない、岩嵜翔投手がいないということで先発としても活躍した石川柊太投手を中継ぎに戻さないといけなくなったのは痛いですね。

その結果、パリーグ優勝の連覇も逃したので何とかクライマックスシリーズ(CS)で!という気持ちは強いでしょう。

ただ、やなり先発ローテーションは鉄壁ではないです。

ソフトバンクホークス第1戦先発予想

バンデンハーク(33歳)

10月17日(水)CS第1戦先発予想はバンデンハーク投手になります。

2m近い長身から繰り出す速球は打者に恐怖を与えます。

4年目の今季は防御率がはじめて4点台になってしまいましたが9月、10月だけ見れば防御率1点台と盛り変えています。

 

最終的には二けたの10勝7敗の成績は立派です。

ただ西武戦は分が悪いようでパリーグのチームで唯一勝ち星が無く0勝2敗 防御率8.82という散々な状況。

でもベテランですからね、CSでは好投するんじゃないかとの予想もしました。

ソフトバンクホークス第2戦先発予想

高橋礼(22歳)

10月18日(木)CS第2戦先発予想は高橋礼投手になります。

大卒1年目のルーキーです。

今年は主に中継ぎでの登板が多かったのですが10月に入ってから先発2試合で締めくくっています。

今年の成績は登板12で先発3、投球回30で0勝1敗の防御率3.00という成績でした。

 

ただ西武戦は一番多く登板していて5度の登板機会があり投球回11.2で自責点0の勝ち負けつかず、防御率3.36ですから、あの破壊力満点の打撃陣を3点台に抑えているのでなかなか評価できるのではないでしょうか。

レギュラーシーズンでは1勝もできなかった投手がCSで1勝でもすれば間違いなくヒーローになれます。

ソフトバンクホークス第3戦先発予想

武田翔太(25歳)

10月19日(金)CS第3戦先発予想は武田翔太投手になります。

一昨年までは抜群の成績で投手陣が豊富なソフトバンクでもエースでした。

侍ジャパンにも選ばれた武田投手ですが昨年から調子を崩してしまいました。

不思議なのが今年のピッチングです。

 

4勝6敗と大きく負け越しているんですが4勝のうち3完投ですべて完封勝利という内容。

投げるとバカスカ打たれるので無期限2軍で調整、でも投手陣不足で仕方なしに1軍に上げると完封してしまうという監督泣かせの1年でした。

なので2018年は先発あり中継ぎありで、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ日本ハム戦では中継ぎとして登板しました。

 

結果は2.2回を投げ打者8人に対してノーヒットという素晴らしいピッチングを見せました。

でも本来は先発向きの投手だと思うので第3戦は武田投手と予想しました。

ソフトバンクホークス第4戦先発予想

ミランダ(29歳)

10月20日(土)CS第4戦先発予想はミランダ投手になります。

クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ第1戦で先発したミランダがファイナルステージの第4戦でくると思います。

中1週間なので本来のローテーション通りでしょう。

 

CSの一番最初にミランダを先発させたのは工藤監督が一番調子が良いと判断したからです。

でも結果は3.1回を投げ5安打、1被本塁打、四死球4、自責点3で防御率8.10という内容。

3.1回で球数94って、いかに通常のピッチングが出来なかったかが分かります。

 

昨年メジャーで8勝したミランダですがやはりCSともなると緊張もあったんでしょう。

これが2試合続くとは思えないので今回は前回より良いピッチングをすると思います。

ソフトバンクホークス第5戦先発予想

千賀滉大(25歳)

10月21日(日)CS第5戦先発予想は千賀滉大投手になります。

2018年のソフトバンクのエースと言えば千賀投手でしょうね。

昨年は最高勝率のタイトルも獲得しました。

今年は4月は出遅れましたが5月からはしっかり先発ローテーションを守っています。

 

ただ月によって成績にムラがあるのが気になるところです。

8月は防御率0点台なのにその前後は5点台ですから完全な安定感は無いですね。

ただCSファーストステージでは、勝ち負けはつきませんでしたが6回2失点自責点1とナイスピッチングでした。

 

こちらは日本シリーズや侍ジャパンなど大舞台慣れしているので平常心でいけるのではないでしょうか?

ソフトバンクが4連勝で勝たなければ5戦目もあるのでその場合は千賀投手が先発と予想します。

ソフトバンクホークス第6戦先発予想

東浜巨(28歳)

10月22日(月)CS第6戦先発予想は 東浜巨投手になります。

東浜投手は昨年16勝して最多勝のタイトルを獲得しました。

今年はスタートダッシュに失敗して序盤はなかなか勝利から見放されてしました。

故障もあり6、7月は長期離脱していたんですが8月に復帰してからは負けしらず。

 

それまで1勝5敗と大きく負け越していた成績が7勝5敗と一気に勝ち星が抜いてしましました。

さすが昨年の最多勝投手、速球で三振を多く取るピッチャーではありませんが確実にアウトを取るすべを知っています。

 

東浜巨投手と言えば2012年のドラフト1位、そう大谷翔平投手や藤浪晋太郎投手などドラフトが盛り上がった年です。

でも東浜投手はドラフトで競合したわりには3年目まで結果が出ませんでした。

それでも4年目に覚醒して今の座を手に入れたんですよね。

身長182cm体重76kgと細身でイケメンの東浜投手なので、それに成績が伴えば人気はもっと爆発するでしょう。

まとめ

今回はCSパリーグ先発投手予想の西武対ソフトバンク戦でした。

僕の予想は

第1戦 多和田真三郎 対 バンデンハーク

第2戦 菊池雄星 対 高橋礼

第3戦 榎田大樹 対 武田 翔太

第4戦 今井達也 対 ミランダ

第5戦 髙橋光成 対 千賀滉大

第6戦 ウルフ 対 東浜巨

このようになりました。

全体的に見た感想はどちらも先発投手が足りてないということですね。

昨年までのソフトバンクからしたら絶対に考えられないことです。

 

西武は十亀の不調は想定外で、ウルフももう少し出来ると思っていました。

西武打線は確かに強力ですが、もし榎田投手が移籍してこなければ今年のパリーグ優勝は難しかったらだろうしCSもソフトバンク有利だったと思います。

Sponsored Links