プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

プロ野球2019年の12球団、セリーグ・パリーグの開幕投手と先発ローテーションを予想しました。

先発がしっかり揃っているチームもいれば、なかなか揃わないチームもあります。

昨年開幕投手の菊池雄星投手が抜けた西武は、巨人から炭谷銀仁朗捕手の人的補償で内海哲也投手が入団。

これはもしかして菊池投手並みの働きをするんじゃないかと思っています。

オリックスは昨年の開幕投手の西勇輝投手が阪神にFA移籍されたのは痛手ですね。

それではプロ野球12球団の開幕投手と先発ローテーション予想を見てみましょう!

Sponsored Links

プロ野球セリーグ開幕投手&先発ローテーション2019

プロ野球のセリーグは、昨年(2018年)まで広島東洋カープが3年連続リーグ優勝とぶっちぎりの強さを見せています。

昨年も2位ヤクルトに7ゲーム差をつけて優勝としばらくは広島黄金時代が続きそうな予感がします。

とは言えば打つ方の大黒柱、2年連続のMVPの丸佳浩選手がFA移籍しましたからね。

となるとセリーグも2019年はどうなるか分かりませんよ。

それではまず、その広島東洋カープの開幕投手&先発ローテーションの予想からです。

広島東洋カープ開幕投手&先発ローテーション2019

広島カープの2019年予想はこのようになりました。

第1戦(開幕投手):大瀬良投手投手。

先発ローテーション第2戦目:ジョンソン投手。

先発ローテーション第3戦目:島内颯太郎投手。

先発ローテーション第4戦目:野村祐輔投手。

先発ローテーション第5戦目:九里亜蓮投手。

先発ローテーション第6戦目:岡田明丈投手。

個々の詳しい内容は下記の記事をご覧ください!

⇒広島東洋カープ2019年開幕投手&先発ローテーション

ヤクルトスワローズ開幕投手&先発ローテーション2019

ヤクルトスワローズは、前年の最下位から昨年は2位に躍進しました。

そして2019年はどうなるのか?

開幕投手と先発ローテーションを予想しました。

開幕投手(第1戦目):原樹理投手。

先発ローテーション第2戦目:小川泰弘投手。

先発ローテーション第3戦目:ブキャナン投手。

先発ローテーション第4戦目:スアレス投手。

先発ローテーション第5戦目:石川雅規投手。

先発ローテーション第6戦目:高梨裕稔投手。

個々の詳しい内容については下記の記事をご覧ください!

⇒ヤクルトスワローズ2019開幕投手&先発ローテーション

読売ジャイアンツ開幕投手&先発ローテーション2019

巨人には菅野智之投手という絶対的エースがいて球界のエースでもあります。

菅野智之投手の開幕投手が予想するまでもなく誰に聞いても鉄板ですよね。

それに続く先発ローテーション6人は難しいですが2019年を予想しました。

開幕投手(第1戦目):菅野智之投手。

先発ローテーション第2戦目:田口麗斗投手。

先発ローテーション第3戦目:山口俊投手。

先発ローテーション第4戦目:メルセデス投手。

先発ローテーション第5戦目:今村信貴投手。

先発ローテーション第6戦目:吉川光夫投手。

個々の詳しい内容については下記の詳細をご覧ください!

⇒巨人2019年開幕投手&先発ローテーション

横浜DeNA開幕投手&先発ローテーション2019

横浜は昨年、新人ながら東克樹投手が先発ローテーションに入り大活躍しました。

新人王にまで輝いた東克樹でしたが左肘の故障で開幕に間に合いそうにありません。

もし、故障がなければ入団2年目で開幕投手の可能性もあったんですけどね。

それでは、横浜DeNAの2019年の予想です。

開幕投手(第1戦目):平良拳太郎投手。

先発ローテーション第2戦目:井納翔一投手。

先発ローテーション第3戦目:濵口遥大投手。

先発ローテーション第4戦目:京山将弥投手。

先発ローテーション第5戦目:石田健大投手。

先発ローテーション第6戦目:上茶谷大河投手。

横浜ベイスターズ個々の投手については下記の詳しい情報をご覧ください!

⇒横浜DeNAベイスターズ2019年開幕投手&先発ローテーション

中日ドラゴンズ開幕投手&先発ローテーション2019

中日は昨年(2018年)のチーム勝ち頭のガルシア投手との契約がこじれたのが痛かったですね。

なんたってガルシア投手は防御率2.99で個人成績リーグ4位、13勝9敗で中日で一番頼れる投手でしたから。

今年もいれば間違いなく開幕投手だったんですが中日球団はかなりお金にシビアですからね。

代理人との交渉が上手くいかなかったのはもったいないです。

では、2019年はどんな開幕投手で先発ローテーションどうなるのか予想です。

開幕投手(第1戦目):吉見一起投手。

先発ローテーション第2戦目:柳裕也投手。

先発ローテーション第3戦目:笠原祥太郎投手。

先発ローテーション第4戦目:松坂大輔投手。

先発ローテーション第5戦目:小笠原慎之介投手。

先発ローテーション第6戦目:藤嶋健人投手。

個々の投手についての詳細は下記の内容をご覧ください!

⇒中日ドラゴンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

阪神タイガース開幕投手&先発ローテーション2019

阪神タイガースは昨年(2018年)は17年ぶりの最下位に転落してしまいました。

その前年がリーグ2位だったので優勝を目指した金本監督の3年目はまさかの最下位。

藤浪晋太郎投手の復活も期待していたんですが、それも無かったので苦しい1年でした。

そんな阪神タイガースの2019年はどうなるのか、開幕投手と先発ローテーション予想です。

開幕投手(第1戦):ランディ・メッセンジャー投手。

先発ローテーション第2戦:西勇輝投手。

先発ローテーション第3戦:小野泰己投手。

先発ローテーション第4戦:藤浪晋太郎投手。

先発ローテーション第5戦:オネルキ・ガルシア投手。

先発ローテーション第6戦:才木浩人投手。

個々の投手の詳しい内容は下記の詳細をご覧ください!

⇒阪神タイガース2019年開幕投手&先発ローテーション

2018年最下位だったとは言え、こうして見ると西投手とガルシア投手を獲得出来たわけですからね。

投手陣の補強としては大成功だったと思います。

ホント後は、藤浪さんのイップスが直るのを願うばかりでしょう!

Sponsored Links

プロ野球パリーグ開幕投手&先発ローテーション2019

2018年のパリーグは西武ライオンズがチーム防御率最下位ながら強力打線のおかげでリーグ優勝を飾りました。

しかりやはり投手陣が弱いと短期決戦のCS(クライマックスシリーズ)では、投手陣に長けたソフトバンクが有利。

結局、リーグ2位から日本シリーズに勝ち上がったソフトバンクが日本一に輝きました。

はたしてパリーグの投手陣は2019年どのように変わるのか?

開幕投手と先発ローテーション予想です。

西武ライオンズ開幕投手&先発ローテーション2019

西武ライオンズは、破壊力満点の強力打線がある一方、先発投手の圧倒的な人数が足りませんでした。

さらに昨年の開幕投手でエースの菊池雄星投手は今季、長年の夢だったメジャーに挑戦、ポスティングシステムでイチローの所属するシアトルマリナーズに入団が決まりました。

それはかなり痛手なんですが、思いもかげず良いことも。

炭谷銀仁朗捕手のFA移籍に伴う巨人からの人的補償で内海哲也投手が獲得出来た事。

それに昨年の最多勝の多和田真三郎投手がいるわけですから2019年の西武ライオンズは昨年より良くなるかも。

開幕投手(第1戦目):多和田真三郎投手

先発ローテーション第2戦:榎田大樹投手

先発ローテーション第3戦:十亀剣投手

先発ローテーション第4戦:内海哲也投手

先発ローテーション第5戦:井達也

先発ローテーション第6戦:髙橋光成

先発投手陣の詳しい内容は下記の詳細をご覧ください!

⇒西武ライオンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

ソフトバンクホークス開幕投手&先発ローテーション2019

ソフトバンクホークスの投手陣は数年前から12球団No1と言われています。

3軍のまであり、選手層は厚く育成出身の選手も活躍できるのがソフトバンクの強みでしょう。

エースの千賀投手も育成出身ですからね、日本シリーズでバッテリーを組んだ甲斐捕手も育成出身です。

2019年は千賀投手が2年連続開幕投手を務めるか?

それとも東浜巨投手が初の開幕投手になるか?

この二人に絞られたわけですが、結局東浜巨投手がオープン戦で登板前に左わき腹の張りを訴えた為、登板回避。

この時点で千賀投手の開幕投手は決まりました。

後は2019年の先発ローテーションの予想です。

開幕投手(第1戦目):千賀滉大投手。

先発ローテーション第2戦:東浜巨投手。

先発ローテーション第3戦:バンデンハーク投手。

先発ローテーション第4戦:ミランダ投手。

先発ローテーション第5戦:武田翔太投手。

先発ローテーション第6戦:大竹耕太郎投手。

すばらしい投手陣ですが個々の内容は下記で詳細をご覧ください!

⇒ソフトバンクホークス2019年開幕投手&先発ローテーション

日本ハムファイターズ開幕投手&先発ローテーション2019

大谷翔平投手が抜けてもAクラスの3位は立派でしょう。

その代わり、大谷翔平投手と仲の良かった上沢直之投手が覚醒して飛躍の年になりました。

また、日本ハムはオリックスを自由契約になった金子弌大投手の獲得にも成功。

何たって栗山監督が死ぬほど欲しかったという金子投手が手に入ったわけですからね。

正直、最近は活躍がパッとしなかった金子投手を栗山監督の手腕でどう再生させるのか見物です。

それでは日本ハムの2019年開幕投手と先発ローテーション予想です。

開幕投手(第1戦):上沢直之投手。

先発ローテーション第2戦:マルティネス投手。

先発ローテーション第3戦:金子弌大投手。

先発ローテーション第4戦:村田透投手。

先発ローテーション第5戦:ジョニー・バーベイト投手。

先発ローテーション第6戦:上原健太投手。

個々の先発投手の詳細は下記に詳しく書いています。

⇒日本ハムファイターズ2019年開幕投手&先発ローテーション

オリックスバファローズ開幕投手&先発ローテーション2019

オリックスは昨年(2018年)の開幕投手の西投手はFAで阪神タイガースに移籍。

金子投手も日本ハムに行ったので正直、台所事情はかなり厳しいです。

その他の投手陣も故障を抱えている選手が多いですからね。

昨年はBクラスと言えどもリーグ4位でした。

今年は最下位も噂されているオリックスですが、それを跳ね返せるか?

2019年の開幕投手と先発ローテーション予想です。

開幕投手(第1戦目):山岡泰輔投手。

先発ローテーション第2戦目:ディクソン投手。

先発ローテーション第3戦目:アルバーツ投手。

先発ローテーション第4戦目:山本由伸投手。

先発ローテーション第5戦目:東明大貴投手。

先発ローテーション第6戦目:田嶋大樹投手。

個々の投手の内容は下記に詳しく書いています!

⇒オリックスバファローズ2019開幕投手と先発ローテーション

ロッテマリーンズ開幕投手&先発ローテーション2019

千葉ロッテはボルシンガー投手、涌井投手、石川投手の先発三本柱は安定感があり十分戦力として計算ができます。

がしかし、4番手からちょっと不安、まだ首脳陣の確実な信頼を得ているとまでにはいってません。

4番手以降の投手陣がしっかり勝ちにつなげてくれたらBクラスからの脱出も可能だと思います。

ただ、今年は非力打線を援護する為に、本拠地の球場にホームランテラスが増設されましたからね。

これが打撃陣にとっては嬉しいでしょうが投手陣にとってはホームランを打たれる確率も高くなったので何とも言えないところですね。

それでは開幕投手と先発ローテーション予想です。

開幕投手(第1戦目):ボルシンガー投手。

先発ローテーション第2戦目:涌井秀章投手。

先発ローテーション第3戦目:石川歩投手。

先発ローテーション第4戦目:有吉優樹投手。

先発ローテーション第5戦目:二木康太投手。

先発ローテーション第6戦目:種市篤暉投手。

ロッテ先発投手陣の詳細は下記に詳しく書いています!

⇒千葉ロッテマリーンズ2019開幕投手&先発ローテーション

楽天イーグルス開幕投手&先発ローテーション2019

東北楽天ゴールデンイーグルスは2017年の3位から昨年は最下位になってしまいました。

則本昂大投手が二けた勝ったとは言え10勝11敗と負けが多く、抑え松井裕樹投手が機能しなかったのが大きかったですね。

その松井投手は昨年後半は先発に配置転換になったのですが2019年はどこで投げるのか?

それによって予想も大きく変わってくるんですが・・・

まあ、2019年の開幕投手と先発ローテーションを予想します。

開幕投手(第1戦目):則本昂大投手。

先発ローテーション第2戦目:松井裕樹投手。

先発ローテーション第3戦目:藤平尚真投手。

先発ローテーション第4戦目:岸孝之投手。

先発ローテーション第5戦目:辛島航投手。

先発ローテーション第6戦目:西口直人投手。

楽天の先発投手陣の詳細は下記に詳しく書いています!

⇒楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーション

最後に

今回は「プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!」についてでした。

野球ファンにはたまらないプロ野球が間もなく始まります。

シーズンの長丁場をリタイヤすることなく先発ローテーションを守り抜く投手は誰なのか?

開幕投手を務めたピッチャーは最終的にどれくらいの成績を残すのか?

この辺を意識しながらプロ野球を見るのも結構楽しいですよ!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする