プロ野球で好きな解説者は誰?その理由は?

プロ野球で好きな解説者は誰?その理由は?

僕はプロ野球をテレビやラジオで観たり、聞いたりするとき、解説者の話をとても参考にしています。

知識が豊富な解説者はこっちも勉強になるし、面白い解説者は違った意味で野球が楽しめます。

 

だけど人によっては好きな解説者や嫌いな解説者というのもいるんじゃないでしょうか?

そこで今回は、野球ファンの方に好きな解説者とその理由を聞いてみました。

 

Sponsored Links

中継向けの解説者、槙原寛己さん

槙原寛己さんはタレント活動もしているため、一見解説の内容が軽いように感じるときもありますが、プロ野球中継を見ていて、声質も一番聞きやすく、話している中身も見た目よりもしっかりしていていいと思います。

理論がしっかりしていたり、独特の考え方があったりと特徴のある方も多くいますが、もともとプロ野球選手という事もあり、ことしゃべるというテクニックについてはみなさんあまり持ち合わせていません。

 

解説者というのはあくまでプロ野球中継では補足的立場だと思いますので、試合を見ていてあまり気にならないくらいが一番いいと思っています。

その点槙原さんは声も非常に聞き取りやすいのでプレーの邪魔をしませんし、理論的にもしっかりと的を得ていますので、中継向けの解説という意味では一番好きな解説者です。

(新潟県 男性 40代)

監督経験が解説者として生きている野村謙二郎さん

野村謙二郎さんの解説は丁寧で口調が柔らかいように思えます。

本人も監督の経験があるので、選手の気持ちが痛いほど分かると思います。

自分が手を差し伸べたいが、手は出せないジレンマが分かります。

 

名選手は、名監督になれないということわざがありますが、野村謙二郎さんは違いました。

弱い広島カープがメキメキと力をつけているのを実感していました。

広島カープは3連覇と、遂に開花しましたが、野村謙二郎さんの使い方が選手を育てた気がします。

 

物腰柔らかな野村謙二郎さんの解説は、非常に聞き取りやすいです。

監督時代は残念ながら優勝できませんでしたが、解説で生きていける技量です。

褒めることのできる人が解説者も監督にも向いていると思います。

(福島県 男性)

好感が持てる言い回しの江本孟紀さん

江本孟紀さんの解説は声の質が良く、聞いていて嫌な感じがしません。

たまに「いや~、これはないでしょう!」と解説ではなく、勢いで出てしまうフレーズもありますが、そのシーンがどんなシーンなのかを声を聞くだけで分かるという点が名解説者だと思います。

 

良いプレーをしたら、サッと褒めて「これは打った方が勝ち」などと聞いていて非常に好感が持てる言い回しをするのも江本さんの特徴です。

また、ボヤいたり、理屈臭い解説をしないシンプルさも人気の一つだと考えられます。

江本孟紀さんのサッパリ感がいいですね。

(東京都 男性)

今までにない野球解説者、川藤幸三さん

川藤幸三さんのタイガース愛がものすごい。

本来の野球解説者は技術的なところを素人にも分かりやすく、というのがあるべき姿なんでしょうけど川藤さんの場合はもろ精神論が多くて近所の野球好きのおっちゃんが解説席に座っているようで面白い。

ある意味いちばん身近に感じる野球解説者かな。

 

ごちゃごちゃ難しいこと言わんと来た球を思いっきり振ればええんやとか今までにない解説者ですよね。

またOBだからもちろんですが現役のタイガースの選手に飯食わすだけでなくライバル球団のジャイアンツの選手にも体をでかくしろなんて言って飯を腹いっぱい食わせたりとチーム関係なく後輩選手を可愛がるところはとても好感もてますね。

今までにない野球解説者って感じがしますよね。

(神奈川県 男性)

解説者として投手、捕手、打者を語れる古田敦也さん

古田敦也さんは元々ヤクルトスワローズの名捕手でした。

その後、ヤクルトスワローズにて選手兼監督も経験され、いつも冷静で的を得ている采配をする方でした。

古田さんは名捕手であり、8年連続3割越えの打率を放ったバッターとしても一流の選手です。

その為、解説の際ピッチャー、キャッチャー、バッターと、どのポジションについて語っても説得力があります。

 

現在は完全に引退され、解説者として活躍されておりますが、古田さんはヤクルトスワローズ一筋だったにも関わらず、解説の際もひいき無くどの球団や選手の事も冷静に解説します。

堅物過ぎると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、野球ファンの私からすると笑いを誘う解説より、分かりやすい正確な古田さんの解説が好きです。

(神奈川県 女性 30代)

 

Sponsored Links

解説が誰に対しても平等な分析の掛布雅之さん

掛布雅之さんの解説はどのチームに対しても平等です。

山本浩二さんの解説は、自分の好きな選手に対してえこひいきする部分があります。

江川卓さんの解説は、予想がいつも外れます。

 

野村克也さんの解説は、愚痴が多すぎる気がします。

どうにもならないので愚痴が出ると思いますが、完璧な人などいません。

理想が高いからボヤキが出るのではないでしょうか?

どんなバッターでも3割しか打てませんので、失敗する方が圧倒的に多いです。

 

解説者としての掛布雅之さんは、やたらリズムという言葉を出しますが、世の中のものはリズムで決まります。

技術論があるので、掛布雅之さんの解説は他の解説者と一味違います。

声だけで分かってしまうのは、ものまねをする人が多いからだと思います。

誰に対しても平等な分析なので良いと思います。

(福島県 男性)

ピッチャー目線の解説が分かりやすい山村宏樹さん

山村宏樹さんは、現役時代に阪神、近鉄、楽天と渡り歩いて球史に名前が残るようなすごい成績を残したわけではありません。

しかしピッチャー目線の解説がとても分かりやすいです。

 

江川さんのような配球がどうとか、なぜここでこのコースに投げたか分からないとか、玄人好みの解説者もいいかもしれません

でも私は野球を観るのは好きですが知識が特別多いわけではありません。

 

山村さんの解説は、専門的な知識がなくても聞きやすく、話し方もとても優しい感じがしますので、言葉がスッと入ってきます。

また、選手に対して批判的なコメントをすることがほとんどありません。

人柄の良さがにじみ出ていてとても好感が持てます。

(宮城県 女性 30代)

解説者の仕事を関西弁で熱く実況する岩本勉さん

関西弁で熱く実況してくれて選手がどう考えているか説明して野球観賞を出来るので実況が岩本勉さんの時が一番楽しいです。

岩本さん自身投手として活躍していたので投手の場面になると熱く実況していたのが更に熱く実況するので野球を観ていたらプロ野球のチームを応援するのでは無くて岩本さんを応援したくなります。

 

私自身日本ハムのファンで岩本さんは日本ハムの選手だったので選手時代から応援していました。

目立った成績は防御率2点台のシーズンがありましたが選手としては目立った成績もなく一年一年無難に無難にこなす選手でした。

地道な選手が好きなので解説者の仕事も地道にこなしていて岩本さんらしいと感じています。

明るい岩本さんの野球解説を聞いていると悩みも吹き飛びます。

(女性)

解説者でプレーヤーに近い目線で話す里崎智也さん

里崎智也さんは、非常に論理的で伝えるのが上手な方だと思います。

はっきりと良いことも悪いこともズバズバとおっしゃる方なので、好みは分かれるかもしれません。

 

良いキャッチャーの条件は、勝てるキャッチャーであると、チームの成績が出なければ評価されないというお話しはその通りだと思いました。

リードは結果論で語られるなど、一流だった方からのお言葉なので重みが違います。

 

解説者の中では非常に若いので、プレーヤーに近い目線のお話しも聞けてありがたいです。

わたしの年齢的に、現役時代のプレーを知っている解説者が多くはないので、ロッテの打てるキャッチャー里崎智也選手を違ったかたちで見られることは、ロッテファンではないですが、うれしいです。

(埼玉県 男性 20代)

野球を見る目が確かな解説者、張本勲さん

張本さんが何年か前の広島×巨人の実況中継の解説をされていた時に、ブレイクする前の鈴木誠也選手を見て、身体能力の高さとその潜在能力を見抜いた解説をされていました。

ランナー1塁の場面で、鈴木誠也選手は進塁打狙いの流し打ちをした場面で、「勿体ない、彼ほどの能力がある選手なら、ミート中心の流し打ちではなくフルスイングをするべき。

 

詰まっても結果としてポテンヒットになるんだから」とまさに慧眼の一言。

果たして、鈴木選手はその翌年には才能が開花し、広島の4番を打つまでに成長しましたが、野球を見る目、特に打者を見る目は確かだと感じました。

 

サンデーモーニングでは、メジャーリーグを何かと目の敵にしますが、日本プロ野球への彼の愛はホンモノですね。

彼ほど、国内リーグを愛し、日本の野球を大切にしている解説者は他にいないと思いますよ。

(広島県 男性)

■関連記事

プロ野球イケメン選手アンケート結果発表!

最後に

今回は「プロ野球で好きな解説者は誰?その理由は?」でした!

プロ野球の解説者って現役を引退した選手がやるわけですが結構狭き門なんですよね。

 

1軍で活躍したからといって誰でもなれるわけではありません。

せっかく解説者になってもいつまでも仕事があるわけではありません。

 

解説者のギャラは1試合5万~10万くらいが相場と言われています。

もちろん、知名度、人気によって変わってきます。

だから解説者も楽では無いんですよね。

 

仕事を貰う為には野球の勉強をしなければいけません。

話術も上手にならなければいけません。

視聴者に人気のある解説者こそが局が求めている解説者ですから。

 

Sponsored Links