楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーション

楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーション

東北楽天ゴールデンイーグルスの2018年はパリーグ最下位という残念な成績になってしまいました。

前年が久しぶりのAクラス(3位)入りだったので2度目の優勝を狙っていたんですが蓋を開ければいいところ無し。

 

打撃陣は貧打線で3割バッターは一人も出ず、本塁打も最高でアマダーの20本止まり。

投手陣については、先発の岸孝之投手が一人、気を吐いて再優勝防御率のタイトルを獲得しました。

しかし、エース則本昂大投手は負け数が先行し、クローザーの松井裕樹投手は、本来の実力を発揮することが出来ず最後の方は先発に配置転換になりました。

 

そんな苦しいシーズンを送った楽天ゴールデンイーグルスですが2019年はどのような成績を残すのか?

今回は、2019年の開幕投手と先発ローテーションを予想します。

 

Sponsored Links

東北楽天ゴールデンイーグルス2019年開幕投手は?

楽天イーグルスの第1戦(開幕投手)は、則本昂大投手と予想しました。

則本昂大投手2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年263.69101141.476180.1

則本昂大投手は2018年、10勝はしましたが、負け数は11と安定感を欠く投球でした。

しかしルーキーイヤーからの2桁勝利を継続して、奪三振のタイトルを獲得し続けるなどエースと呼ぶにふさわしい投球をし続けています。

 

今年の成績を考えれば岸選手が開幕投手でいいかもしれませんが、楽天のエースといえば則本選手です。

打線の援護があれば、今年に関しても勝ち数の上乗せはあったはずです。

援護がないため、自分が0点に抑えなければと気負い過ぎてしまい、ストライク先行でいっても決め球が甘くなって打たれるシーンが今年は数多くありました。

 

しかし浅村選手の獲得など2019年は打線の援護が見込まれますので、ある程度の勝ち星は見込めます。

それと何より怪我が少ない選手ですので、開幕投手に相応しいと思います。

楽天イーグルス先発ローテーション2019第2戦目は?

楽天イーグルスの先発ローテーション第2戦目は松井裕樹投手と予想しました。

松井裕樹投手の2018年成績

年度登板先発防御率勝利敗戦ホールドHPセーブ
2018年5323.655811155

松井裕樹投手は2019年は先発転向になると思います。

これまで抑えとして過去数年は輝かしい成績でしたが今季は不調が続いてしまったんですよね。

そのため、二軍に落ちて再調整することもありましたが、シーズン後半では先発も経験。

 

桐光学園高校のときは1試合で20奪三振を超える三振を記録するなど、投げっぷりの良さがあります。

プロでも三振を奪う能力はずば抜けているので、第2戦で先発として投げてほしい。

課題としては完投できる能力があるかということ。

スタミナについては、6回や7回を投げて試合をつくる能力は現段階でも持ち合わせているはずです。

 

先発をするためのトレーニングをオフの間にやっていれば、先発完投を数多くすることも夢ではないと思います。

現在100セーブは達成しているので、今後先発ローテーションでいけばれば数年で100勝100セーブも達成できるでしょう。

楽天イーグルス先発ローテーション2019第3戦目は?

楽天イーグルスの先発ローテーション第3戦目は藤平尚真投手と予想しました。

藤平尚真投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年144.434710.36481.1

藤平尚真投手は、ルーキーイヤーから1軍で8試合に先発し3勝4敗という成績を残しました。

2018年はさらなる飛躍を期待されましたが、4勝はしたものの負け数は7つ、防御率は4点台と期待を裏切ってしまったんですよね。

 

しかし、ポテンシャルの高さは監督、コーチも認めるところで、もし則本選手がメジャーリーグに移籍することになれば、次のエースは藤平選手になるかもしれないという逸材です。

2019年は多少不調になったとしても、先発ローテーションから外さず我慢して使い続けてほしいですね。

 

先発第3戦目ぐらいの位置でじっくり経験を積んで、1年間ローテーションを守り続けることができたなら、その次の年以降の活躍は手に入れたも同然です。

2018年はホームランを結構、打たれたので微妙なコントロールを改善していけば、ある程度の成績を残すことができると思います。

 

Sponsored Links

楽天イーグルス先発ローテーション2019第4戦目は?

楽天イーグルスの先発ローテーション第4戦目岸孝之投手と予想しました。

岸孝之投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年232.7211441.733159

開幕2カード目の初戦先発はダブルエースの一人、岸孝之投手です。

岸投手は西武に在籍した10年間で7度の2桁勝利をマークするなど安定した成績を残し続けていました。

2018年は自身初の最優秀防御率のタイトルを獲得し、勝利数も11とチームの成績が思わしくないなか、孤軍奮闘の活躍でした。

 

2019年も岸孝之投手はエースとしての活躍が期待されます。

浅村選手が西武から移籍してきて打線の援護が今年よりは間違いなく見込まれます。

変なプレッシャーがない状態で投球をすることもできると思います。

 

そうなると必然的に勝ち星は2018年よりさらに伸びていくはずです。

カードの初戦で確実に勝ち星を手に入れることができれば、その次以降の投手のプレッシャーが少なくなるのは目にみえています。

なのでベテランの岸投手の先発は2カード目の初戦を予想しました。

楽天先発ローテーション2019第5戦の投手は?

楽天イーグルスの先発ローテーション第5戦目は辛島航投手と予想しました。

辛島航投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年224.054900.308117.2

辛島航投手は、タイトル争いには縁がありませんが、シーズンで3度の8勝をマークするなど、ある程度の成績は残し続けています。

辛島投手の強みは怪我が少ない選手なので、ある程度は計算ができるピッチャーです。

ただ、球速はあまり速い方ではなく、どちらかと言えば球のキレや変化球で勝負していくタイプなんですよね。

 

先発して完投をするのは、難しいピッチャーですが6イニングを3点ぐらいで抑える能力は持ち合わせています。

先発ローテーションとして6、7回をしっかり投げてくれれば8勝以上のキャリハイも夢ではありません。

楽天先発ローテーション2019第6戦の投手は?

楽天イーグルスの先発ローテーション第6戦目は西口直人投手と予想しました。

西口直人投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年12.3500007.2

先発ローテーションの6戦目については将来性を感じるピッチャーの西口直人投手を選びました。

西口投手は、プロで1軍の試合は1試合しか投げていないピッチャーです。

2018年の楽天は早々に優勝争いから脱落したこともあり、シーズン終盤においては若手をたくさん起用していました。

 

そのなかで入団2年目、ドラフト10位の西口投手が先発登板で7回まで無失点に抑える好投を見せました。

8回に同点ホームランを打たれて残念ながら勝ち星は消えてしまいましたが、将来性を高く感じるピッチングでした。

初登板が9月30日だったので、この1試合しか登板がありませんでしたが、シーズンがもう少し続いていたら首脳陣も再度、先発起用していたと思います。

 

キレのあるストレートとカーブやチェンジアップを組み合わせたピッチングがまた先発で観たい。

西口直人投手の投球スタイルは強く腕を振って投げるので、バッターの反応がどうしても遅れてしまうんですよね。

 

ドラフト10位入団って期待値の低い選手だったと思いますが、1試合登板しただけで一気に首脳陣の期待は高まったと思います。

春季キャンプ、オープン戦とアピールし続ければ実績は無くても先発ローテーション6番目に一番近い投手になるでしょう。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

広島東洋カープ2019年開幕投手&先発ローテーション

中日ドラゴンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

最後に

今回は、楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーションの予想でした。

僕の予想では、

開幕投手(第1戦目):則本昂大投手

先発ローテーション第2戦:松井裕樹投手

先発ローテーション第3戦:藤平尚真投手

先発ローテーション第4戦:岸孝之投手

先発ローテーション第5戦:辛島航投手

先発ローテーション第6戦:西口直人投手

上記のような予想になりました。

 

岸投手を4戦目に持ってきたり、プロ0勝の西口投手を先発ローテーションに入れたりと僕と違い意見の人も多いと思います。

ただ、楽天の場合、先発として確実に二けた計算できるのが岸投手と則本投手だけですからね。

先発ローテーション考えるの難しいわ。

 

Sponsored Links