西武ライオンズ2019開幕スタメンレギュラー予想

西武ライオンズは脅威の打線で2018年は10年ぶりにリーグ優勝を飾りました。

しかしチームを長年支えていたキャプテンの浅村栄斗選手はFAで楽天イーグルスに移籍しました。

主軸でもあった浅村選手の移籍で、固定だった二塁手のポジションも変動があります。

そこで今回は、西武ライオンズ2019年の開幕スタメンレギュラーを予想しました。

Sponsored Links

西武ライオンズ2019捕手スタメンマスクは?

2019年捕手のスタメンマスクは、森友哉(左)で間違いないでしょう。

というかそうじゃなきゃ炭谷捕手がFAで巨人に移籍した意味がありません。

森友哉捕手は、打てる捕手として打撃に注目が集まりますが実は盗塁阻止率だって決して悪くはありません。

2018年パリーグ盗塁阻止率

ベスト9氏名球団盗塁阻止率
1位甲斐 拓也ソフトバンク.447
2位髙谷 裕亮ソフトバンク.385
3位森 友哉西武.373
4位田村 龍弘ロッテ.320
5位嶋 基宏楽天.312
6位若月 健矢オリックス.306
7位鶴岡 慎也日本ハム.294
8位清水 優心日本ハム.241
9位山崎 勝己オリックス.120

盗塁阻止率と言えばソフトバンクの甲斐拓也捕手が有名ですよね。

日本シリーズで機動力野球の広島カープを6連続盗塁阻止で甲斐キャノンが一躍有名になりました。

盗塁阻止率では、ソフトバンク勢が1位と2位にいるんですが3位には森友哉捕手がいます。

2017年までは、炭谷銀仁朗捕手がレギュラー捕手で、野上投手や十亀投手が先発の場合は岡田捕手が先発マスクの時もありました。

2028年は、森捕手のスタメンマスクが増え、炭谷捕手と岡田捕手の併用に。

炭谷捕手は長年レギュラーレギュラー捕手として投手陣の信頼も厚かったのでエース菊池雄星投手の登板の場合は必ず炭谷捕手と最後までバッテリーを組んでいたんですよね。

でも、菊池雄星投手がポスティングシステムでマリナーズ移籍が決まり、炭谷捕手は巨人移籍が決まったので2019年は本当の意味で森捕手の独り立ちになると思います。

で、休養や指名打者として出場するときは岡田雅利捕手がスタメンマスクを被るでしょう。

森友哉捕手の打撃はホント魅力的です、2018年は打率.275、本塁打16、打点80という成績でした。

そして何より素晴らしいのは得点圏打率が.341もあるということ。

昨年は何度も森友哉捕手のサヨナラゲームを見ました。

森友哉捕手は打てる捕手なのは分かりますがチャンスに強い捕手でもあるんです。

西武ライオンズ2019一塁手(ファースト)スタメンレギュラーは?

2019年の一塁手(ファースト)スタメンレギュラーは山川穂高選手と予想します。

予想というか鉄板でしょう。

なんたって2018年の本塁打王であり、打点2位であり、ピアノが上手で書道2段で逆立ちが出来る100キロ越えのデブなんてそうは・・・・

いや、プロ野球選手なんてそうはいません。

山川穂高2018年成績

年度打率本塁打打点出塁率長打率OPS得点圏
2018年.28147124.396.590.985.310

素晴らしい成績ですね。

四球もしっかり見て選んでるのでそこは素晴らしいです。

ただ、良いところばかりじゃないんですよね。

四球は選んでいるけど見逃し三振も多いし、空振り三振も多い。

そして一番残念なのがこれだけの打撃成績を残しているのでスタメンレギュラーから外れることは無いと思うんですが守備が下手ということ。

守備が下手というのは本来致命傷です、打率.250、本塁打5本の選手ならスタメンから外れているでしょう。

まあ、基本一塁というポジションは助っ人外国人が守ったり、パワーヒッターが守るところです。

で、守りに関しては野手のポジションで一番簡単なところという位置づけですからね。

少年野球なら一番下手な人やライトで8番が当たり前ですが、プロ野球がライトで打球がバンバン飛びますからね。

だからライトも守備が上手くなければ出来ないんですが、その点ファーストはエラーしても得点に直結することがあまりありません。

それにボールとキャッチする機会は多いですが、大体は他の野手からの返球ですからね。

それを獲ればいいのでショートやセカンドのような派手なプレーはあまりないのです。

だから本来はあまりエラーは無いのですが山川穂高選手の場合、一塁手でエラーが多いということで安泰はしない方がいいですね。

2018年と同じような成績なら多少エラーしてもスタメンで使ってもらえますが成績が落ちたらスタメン落ちもあります。

絶対にこれ以上守備が上手くならないと首脳陣が判断すればパリーグなので指名打者もありますが、取り合えず2019年は昨年と同じように一塁手でいくでしょう。

西武ライオンズ2019二塁手(セカンド)スタメンレギュラーは?

西武ライオンズの二塁手と言えば2014年から5年間、浅村選手がセカンドのレギュラーとして守っていたポジションです。

2018年は浅村選手がセカンドで143試合すべて出場したので2019年は久しぶりに他の選手が守ることになります。

そして2019年の開幕スタメン出場は、外崎修汰選手になると予想します。

外崎修汰選手は、オールラウンドプレーヤーで昨年はライトでのスタメン出場が多かったですね。

中村剛也選手がスタメン落ちや2軍調整の時にサードを守っていました。

外崎選手は、足も速く盗塁王も狙えます。

さらに昨年は、打撃の成長も著しく打率.287、本塁打18本。

終盤の故障リタイヤがなければ本塁打は20本以上の大台は超えていたに違いありません。

外崎修汰選手は、走攻守すべて兼ね揃えた選手です。

実家のりんご農園を手伝っていた事で足腰は鍛えられていたんでしょう。

山川選手、多和田投手、外崎選手と富士大トリオなんですが西武の富士大コネクションはすごいですね。

西武ライオンズ2019三塁手(サード)スタメンレギュラーは?

2019年も西武の三塁手(サード)は、中村剛也で開幕スタメンは決まりでしょうね。

元祖おかわり君で、現役のレジェンドです。

本塁打王になった回数は6回で王貞治、野村克也と偉大に人に次ぐ3位。

しかも3冠王3度獲得した落合博満ですら5回ですからね、そのすごさがわかります。

昨年は、開幕から不調が続き2軍暮らしも長かったんですが1軍復帰してからはすごかったですね。

7月、8月、9月、10月はすべて3割以上の打率でした。

中村剛也選手の場合、本塁打王を獲っても打率は.250前後なんですが、昨年の勢いが2019年もあれば3割35本もイケそう感じです。

ただし、中村選手の場合も、昨年試合出場が97試合ですが、それにしてはエラーが9個と多いです。

まあ、でも17年目のベテランで大砲ですからね、そこは大目に見てあげましょう。

エラー以上に打撃で貢献していますから。

でも、中村選手の場合は143試合、全試合出場は無理だと思うので休ませながら金子一輝選手や山田遥楓選手を使うようになると思います。

ベテランを適度に休ませれば元祖おかわり君と2代目おかわり君のコンビは最強です。

Sponsored Links

西武ライオンズ2019遊撃手(ショート)スタメンレギュラーは?

西武ライオンズの遊撃手(ショート)の開幕スタメンレギュラーは入団以来、2年連続全試合出場の源田壮亮選手と予想します。

西武のショートは2016年までは、ずっとレギュラーが固定できないポジションで多くの選手が争っていました。

そこに2017年、即戦力としてトヨタ自動車から西武に入団したのが源田壮亮選手です。

源田選手は、1年目はエラーも多かったんですが随所に見せる華麗なフィールディングでアウトをもぎ取った場面も多くありました。

ホームランバッターでは無いので大きいのは打てないけど、足が速いので2塁打、3塁打が多く盗塁王も狙える選手です。

源田選手には、2年目のジンクスは、関係無かったようで1年目と同じように活躍して守備では、失策が1年目21個から2年目11個と大幅に改善されました。

ルーキーイヤーで全試合フルイニング出場したのは、NPBで56年ぶりだったんですが、2年目も全試合出場ですから見かけによらずかなりタフな選手だと思います。

2019年も、もちろんショートのレギュラーどころか、全試合出場を目指して頑張っているでしょう。

西武の選手は秋山にしろ、外崎にしろ最初はアベレージヒッターと思ってもいつの間にか多きいのも打てる選手になっています。

なので源田壮亮選手も昨年までは、3本、4本と本塁打は誰も期待していませんでしたが全試合出場も目指す分けだし2019年は二けたホームランはいくかも知れないですね。

西武ライオンズ2019左翼手(レフト)スタメンレギュラーは?

昨年(2018年)のレフト開幕スタメンは金子侑司選手でした。

しばらく金子侑司選手が守り、その後は栗山巧選手と併用という形だったんですよね。

で、2019年の開幕スタメン左翼手(レフト)は、栗山巧選手と予想します。

プロ通算17年目の35歳は、中村剛也選手の同級生。

この年になってもお互い切磋琢磨して頑張っている感じですよね。

中村選手もすごいですが、栗山巧選手も最多安打のタイトルにベストナイン、ゴールデングラブ賞を過去に受賞しています。

栗山選手は、エラーも少ないので外野手として安定感があります。

打順も下位の7番当たりからクリーンアップの5番を打つケースもあり、どこでも打てる打者ですよね。

西武ライオンズ2019中堅手(センター)スタメンレギュラーは?

西武ライオンズ2019年開幕センタースタメンは、秋山翔吾選手、不動のセンターということで間違いないですね。

日本が誇るアベレージヒッターです。

2015年に達成した216安打は日本プロ野球の歴代最高でいまだに破られていません。

打順が1番ということもありますが安打数と2塁打は2017年から昨年まで2年連続1位です。

2017年は首位打者でもありましたからね。

さらにアベレージだけじゃなくここ2年がホームランバッターにも変貌しました。

なので2019年も秋山選手のセンタースタメンレギュラーは間違い無いのですが打順は変わると思います。

ホームランバッターを第1打席でランナーがいない1番ではもったいないですからね。

西武ライオンズ2019右翼手(ライト)スタメンレギュラーは?

2019年右翼手(ライト)開幕スタメンは、金子侑司選手になると予想します。

昨年の開幕ライトのスタメンは外崎修汰選手だったんですが外崎選手が2019年はセカンドと予想しましたのでライトは、昨年後半に多く守った金子侑司選手になると思います。

金子侑司選手と言えばフジテレビのミタパンこと三田友梨佳アナと真剣交際した後、破局した西武ライオンズきってのイケメン選手ですね。

ボールをキャッチした時に、帽子が落ちるんですがその時に髪の毛をかき上げるしぐさが女性ファンにはたまらないようです。

今はチームメートの源田選手と、ただならぬ関係が取り沙汰されていますが・・・(笑)

金子侑司選手は、イケメン選手というだけじゃなくウリはやっぱり足ですよね。

2016年は53盗塁で盗塁王を獲得しています。

外野の守備も上手いんですが、昨年は打率.223、本塁打1と打撃面で活躍出来なかったんですよね。

なので開幕は、ライトスタメンでいくと思いますが、調子が悪いようだとライトは木村文紀選手と併用になる可能性もあります。

西武ライオンズ2019指名打者(DH)スタメンレギュラーは?

西武の2019年、指名打者の開幕スタメンはメヒア選手になると思います。

指名打者(DH)って本来、守備につかない分、打てるバッターでないといけないのですがメヒア選手の昨年の成績は打率.212、本塁打9本という外国人助っ人としては残念な結果です。

これが単年契約ならもちろん自由契約で解雇なんでしょうが3年15億円の複数年契約です。

で、2019年が最終年になるので自由契約は無いですよね。

メヒア選手は、2014年に史上初の途中加入で本塁打王を獲得した選手です。

なので実力はあると思いますが2018年は、まったくその実力を発揮することが出来なかったですね。

ただ、昨年は山川選手が不動のファーストになり指名打者(DH)は、森友哉捕手や栗山巧選手と併用だったんですよね。

メヒア選手はベンチを温めてる機会も多かったんですが、メヒア選手の特徴としてあまり試合に出てないと打撃の感覚が鈍る選手かも知れません。

でも、2019年はポジションの一つ、セカンドに君臨していた浅村選手がいなくなり、指名打者を共有していた森友哉が捕手に一本化されるので指名打者としてメヒア選手の出場機会は増えると思います。

そうなってメヒア選手が復活すれば中村、山川、メヒアのホームラン王トリオの打線は、かなり強力になります。

そうなれば昨年作った球団新記録のチーム得点も2年連続で塗り替える可能せもあります。

西武ライオンズ2019年レギュラー打順は?

西武ライオンズは不動の3番、浅村選手が楽天にFA移籍したので打順も大きく変わります。

僕の2019年ベストオーダー予想では、

  • 1番 外崎 修汰(右)  二塁
  • 2番 源田壮亮(左)  遊撃
  • 3番 秋山翔吾(左)  中堅
  • 4番 山川穂高(右)  一塁
  • 5番 中村剛也(右)  三塁
  • 6番 森友哉(左)   捕手
  • 7番 栗山巧(左)   左翼
  • 8番 メヒア(右)   DH
  • 9番 金子侑司(両)  右翼

上記のようになりと思います。

浅村選手が抜けた3番には秋山翔吾選手が適任でしょう。

これまで1番のリードオフマンとして実力をいかんなく発揮してきました。

秋山翔吾選手は、3番になれば役割も変わってくるので打点も稼げ、最終的には三冠王の夢ではありません。

西武打線は、左打者が多いんですが、ソフトバンクの”左キラー”嘉弥真投手あたりを連続で投げさせない為、5番中村選手と6番森捕手を試合によっては打順を組み替えてジグザグ打線にしても面白いですね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする