選抜高校野球注目選手2019投手編と打者編!春の甲子園で活躍するのは?

第91回選抜高校野球大会が3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で激戦を繰り広げます。

昨年までは大阪桐蔭高校が春の甲子園大会2連覇だったんですが2019年はどこの高校が優勝するのか楽しみですね。

高校野球は個人競技じゃなく団体競技ですが、そこには注目選手がいます。

そこで今回は、選抜高校野球2019年の注目選手を投手編と打者編に分けて高校野球ファンの方に聞いてみました。

Sponsored Links

選抜高校野球注目選手2019投手編

まず最初に2019年の選抜高校野球で注目選手の投手編です。

一番注目していた選手は、やはりみんなこの投手が多かったですね。

選抜高校野球の注目投手2019 奥川恭伸投手(星稜高校)

昨年夏の甲子園でも2年生エースとして活躍した奥川恭伸投手。

150km/hの豪速球とカーブ、そしてスライダー、フォーク、チェンジアップを操り三振の取れる好投手です。

2年生でU-18日本代表にも選出され、今年のドラフト上位指名、将来のエース候補として期待される投手です。

甲子園で2年生時に150km/hを出したのは、現ヤンキース田中将大投手、現エンゼルス大谷翔平投手、現楽天の安楽智大投手に次ぐ4人目ということで、いかに素晴らしい直球を持つ投手か分かると思います。

秋季大会では10者連続三振を取るなど、センバツ大会でも豪快な三振ショーを期待したいと思います。

(男性 30代後半 山口県)

最速150キロを超える豪速球を投げる名門星稜高校の剛腕奥川恭伸投手。

昨年の全国高校野球選手権大会100回記念大会にも出場し、2回戦進出。2回戦では済美高校と壮絶な戦いは最近では上位に入るほどのベストゲームを繰り広げます。

その試合で先発し、ゲームを作り足がつるアクシデントもあったために降板。後にチームは逆転負けしてしまう。

その豪速球と将来性も加味され2年生では唯一のU18全日本代表に選出されるほどの注目選手です。

(男性 30代前半 茨木県)

川恭伸投手を注目選手にしたのは、U18代表にも選ばれている素材で、マックス150キロのストレートは所属する星稜高校の原動力になっています。

また、昨年金足農業のフィーバーがあった吉田投手と少し似ている感じもします。

そう言った所からも注目に値する選手だと感じますし、とにかくストレートが一級品なのは間違いないので今年ブレークがとても期待される投手です。

川恭伸投手がコントロールをしっかりと鍛えると星稜高校の優勝も見えてくるし、投手としては抜群の素材を持ったピッチャーだと感じます。

(男性 福岡県)

奥川恭伸投手は、最速150km/hの右の本格派投手です。

明治神宮大会では、初戦と準決勝の2試合に先発しましたが、特に準決勝の広陵高校戦は、圧巻の一言。

秋季中国大会で西純矢投手率いる創志学園を7-0(7回コールド)と、一方的にボコボコにし、波に乗っていた広陵打線を3安打無失点11奪三振(7回コールド)に仕留めています。

また、明治神宮の前哨戦にあたる秋季北信越大会では、10者連続三振という、驚異的なピッチングを披露しています。

軸のしっかりしたフォームから投げ込まれるストレートは、威力と同時に安定感抜群。

それに加え、スライダーとフォークの変化球のキレも申し分なく(特にスライダーは即プロで通用するレベル)、早くも注目選手として、今年のドラフト候補に名前が挙がっています。

(男性 広島県)

選抜高校野球の注目投手2019 西純矢投手(創志学園高校)

昨年の夏の甲子園でブレイクをして注目投手となったのが西純矢投手です。

行き過ぎたガッツポーズで注意されてしまうほど、魂のこもった投球をする投手であり、速球も最速150キロを投げます。

速球とキレのある変化球は超高校級で、ドラフトも1位候補となっており、昨年の夏以降、心身ともに大人になって、どのように成長して甲子園に戻ってきてくれているかがとても楽しみな注目選手。

彼が活躍することで創志学園も優勝へとつながっていくのではないかと思っています。

(男性 東京都)

選抜高校野球注目投手2019 西雄大投手(筑陽学園)

私の注目投手は筑陽学園の西雄大投手です、176cm、68kgと決して恵まれた体格とは言えないが、1年生の夏大会からベンチ入りし、秋季九州大会でもエースとして活躍しました。

球速は130km/h前後であるが、ストレート、スライダー、チェンジアップを巧みに使い分け的を絞らせない投球を見せる。

コントロールはアバウトなようにも見受けられるが、回転数が多い切れの良い球で打者がポイントを差し込まれる場面もあった。

築陽学園には他にもタイプの異なる2人の投手がいるが、西投手の出来が試合を大きく左右する注目選手です。

(男性 30代 前半)

Sponsored Links

選抜高校野球注目選手2019打者編

続いて2019年選抜高校野球(春の甲子園大会)の注目選手、打者編です。

高校野球はプロ野球みたいに指名打者(DH)が無いですからね。

打てる打者でも、まったく守備が出来なければ試合に出れません。

打って良し、守って良し、走って良しの野手が一番注目選手になります。

選抜高校野球2019注目打者 内山壮真選手(遊)星稜高校

内山壮真選手は、1年生にして秋の新チームから名門・星稜の4番を任せられている逸材中の逸材です。

元々、走攻守そろった運動能力と卓越した野球センスで、打順で言うと1・2番タイプの選手の印象でしたが、高校生になり、体が大きくなると共にパワーが付いてきたようです。

打者としてのタイプで言えば、日ハムの中田翔選手に近いんじゃないかと言われていますね。

もちろん、打撃は高校生の中ではトップクラスですが、その野球センスは守備にも存分に発揮されています。

天性のバネを活かしたショートの守備は、多少、体勢が悪かろうとも、体幹をフルに使って矢のような送球をします。

来年のドラフト候補ですが、まだまだ発展途上で上積みが期待できそうです。今から注目選手としてチェックしておいて間違いのない選手だと思います。

(男性 広島県)

内山壮真選手は、石川県を代表する名門、星稜高校で一年生からショートでレギュラーを獲得するほどの好選手。

第100回全国高校野球選手権記念大会にも出場し、チームの勝利にも貢献しました。

打ってはクリーンアップの3番打者を任され、非凡な才能を見せます。

また、中学時代にはU15全日本代表にも選ばれるほど、当時から全国的に有名な選手でまありました。

今年のU18の候補にも挙がっており、今後の活躍に期待大です。

内山選手のプレーは華やかな守備に安定したスローイングで、すでに野手として高校トップクラスを誇ります。

今回の春のセンバツ甲子園大会では、大注目選手です。

(男性 30代前半 茨木県)

選抜高校野球2019注目打者 武岡龍世選手(遊)八戸学院光星高校

武岡龍世選手は、抜群の強肩を持つショートです。

50mを5.9秒で走る俊足と、打者としては昨年の夏の甲子園予選でチームトップの12打点をあげた打撃力も併せ持つ、走攻守3拍子揃った大型内野手なんですね。

高校1年時から八戸学院光星で試合出場したのは、現ロッテの田村龍弘捕手と現阪神の北條史也選手の2名のみ。

名門校の中でも抜き出た実力を持っている打者というのが分かります。

明治神宮大会では、広い神宮球場でホームランを放つなどパンチ力も見せており、プロスカウトからは、報徳学園からドラフト1位でカープ入りした小園選手を彷彿とさせるとも言われている。

八戸学院光星の偉大な先輩ショートの現巨人の坂本勇人2世とも言われており、いずれにしてもドラフト上位指名とプロでの活躍も非常に期待されている注目選手です。

(男性 30代後半 山口県)

選抜高校野球2019注目打者 山瀬慎之助選手(捕)星稜高校

注目選手は、過去史上最強と呼び名の高い星陵高校の守備の要でもある捕手の山瀬選手です。

U18高校日本代表に選出された奥川恭伸投手をはじめ、豊富な投手陣を束ねるのが山瀬選手です。

特に奥川投手とは、小4からバッテリーを組んでいるので、彼のリード次第で投手の出来が変わってくるのではないかと思います。

また、巨人の捕手で活躍した阿部慎之助と同じ名前なので、期待度も高くなります。

昨年の夏の甲子園を経験した、打てる捕手、肩の強い捕手である山瀬選手の活躍に期待しています。

(男性 神奈川県)

選抜高校野球2019注目打者 韮沢雄也選手(遊)花咲徳栄高校

花咲徳栄の昨年の4番バッターが野村君で、プロ野球の日本ハムファイターズにドラフト2位指名をされました。

その前を打つ3番に座っていたのが今回注目打者の韮沢雄也選手です。

韮沢雄也選手は、シュアなバッティングでバットコントロールも卓越した選手です。

なので選抜高校野球ではブレークしそうな気がするんですよね。

実質4番バッターが気になり勝負しなければいけない所でしっかりと結果を出している選手であり、勝負強さも兼ね備えた良い打者だと感じている部分で春のセンバツでも注目の選手ですね。

(男性 福岡県)

選抜高校野球2019注目打者 福岡大真選手(外)筑陽学園

注目打者の福岡大真選手は身長176cm、体重74kgとけして目立った体型ではない。

しかし打者としては躍動感の溢れる打撃フォームでパンチのある力強いバッティングが持ち味です。

体幹の強さが伺え、ボールを近くまで引き寄せ、一気に軸を回転させパワーをぶつけている。

外野からの送球も全身を上手く使ってボールに力を伝えていることが見て分かる。

明治神宮大会の桐蔭学園戦ではソロアーチも放っており、大舞台での活躍も期待できる福岡選手は、もちろん選抜高校野球大会2019でも期待値は高いです。

冬季のトレーニングでさらにパワーアップし、一回り大きな姿で大いに暴れてくれそうな予感がする注目選手です。

(男性 30代前半 三重県)

■関連記事

選抜高校野球2019優勝予想!春の甲子園優勝校とライバル校は?

選抜高校野球2019出場校発表!21世紀枠選考理由も!

春の甲子園2019習志野高校は奇襲作戦で優勝もあり?

最後に

今回の記事は、選抜高校野球大会(春の甲子園大会)2019年の注目選手を投手編と打者編に分けて紹介しました。

僕の意見だけだと凝り固まった内容になってしまう恐れがあるので今回は、高校野球ファンの方に注目選手を聞いてみました。

でも、総合的に判断して多くの注目を集めているのは投手だと星稜高校の奥川恭伸投手。

打者だと同じく星稜高校のショートを守る内山壮真選手。

投打とも星稜高校勢が話題でしたが、となると春のセンバツ甲子園の注目校も星稜高校で決まりということですかね。

まあ、星稜高校はあの松井秀喜選手が5打席連続敬遠を食らって一躍有名になった学校ですからね、いつの日も注目の的です。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする