柴田竜拓(横浜DeNA)の2018成績予想!

柴田竜拓(横浜DeNA)の2018成績予想!

どうも、ヒロです。

プロ野球も70試合以上を消化してだんだんと順位が見えてきました。

が、セリーグで見えてるのは首位に広島だけ。

 

2位以下は借金生活というとんでもない状態です。

なので4位の横浜だって借金4だけどまだクライマックスシリーズ進出の可能性だってあります。

そんな横浜DeNAベイスターズから今回は、入団3年目守備のスペシャリスト。

かわいい顔のイケメンで女性ファンを虜にする柴田竜拓選手にスポットをあて2018年の成績を予想します。

Sponsored Links

柴田竜拓選手のプロフィール

◆名前:柴田 竜拓(シバタ タツヒロ)

◆出身地:岡山

◆身長:167cm

◆体重:68kg

◆投打:右投げ左打ち

◆出身中学:岡山市立山南中学校

◆出身高校:岡山理大付高校

◆出身大学:国学院大学

◆ドラフト:20015年ドラフト3位で横浜DeNAベイスターズ入団

柴田竜拓選手のプロフィールで驚くべきところはやっぱり身長ですよね。

プロ野球選手って180cm以上がいるのはザラじゃないですか?

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手なんて身長197㎝ですよ。

 

まあ、これはこれで化け物並みですが、柴田選手との体重差30cm・・・

まるで大人と子どもが同じ土俵で戦うようなもんですが柴田選手はしっかり一軍でがんばってますからね。

かわいいイケメン姿に167cmという身長も相まって女性ファンも多い柴田選手です。

Sponsored Links

柴田竜拓(横浜)の2018年成績予想

まずはズバリ予想からいきます。

柴田竜拓選手の2018年成績予想

打率.250、本塁打5、打点20、盗塁7、出塁率.350、長打率.350、OPS700

上記のような成績予想になりました。

柴田選手の成績予想理由

横浜の守備職人柴田選手。前半戦は倉本選手、大和選手のレギュラーのバックアップメンバーとして過ごすことが多かったです。

 

しかし、最近は倉本選手の不調や、大和選手の怪我などもあり、セカンド、ショートでレギュラーとして高い守備力と意外性のある打撃でチームに貢献しています。打撃内容も加味して後半戦はレギュラーとして起用されることが多くなりそうです。

 

成績予想ですが、主要三部門では打率.250本塁打5打点20を予想させて頂きました。現在柴田選手の打率は.240もともと代打で結果を残すというよりかは、スタメンで4打席の中で結果を残すような選手です。

 

後半はレギュラーでの起用も多くなることを見越して、.250は打てるんじゃないかなと予想しています。ホームラン、打点に関してですが、現在ホームラン3打点6という数字を残しています。

 

先日の巨人戦では東京ドームの中段にホームランを打っていることから、隠れたパンチ力のある柴田選手。最終的にレギュラーとして使い続けたら5本は固いかなと予想しています。

 

打点もレギュラー起用と共に増えていくと思うので20打点くらいは残せるのではないかと予想しています。盗塁は7を予想していました。今シーズンラミレス監督の元スモールベースボールを掲げているベイスターズでは、若い選手はどんどん盗塁していく風潮があります。

 

柴田選手はおそらく2番での出場も今後増えていくと思うので、あまり足のイメージはないのですが若手ということもあり、7盗塁くらいは残すのではないかと予想しています。

 

出塁率に関しては.350を予想しました。ベイスターズ内で一位を誇るボール見極め力を生かし、四球をもぎとるところも柴田選手の魅力です。期待を込めて.350を予想しました。

 

また、長打率に関してですが意外なパンチ力もあり、これからそこまで落ち込むことはないと感じ、.350を予想します。出塁率、長打率を合わせてOPSは.700です。

 

二遊間の選手で.7以上あれば優秀だと思います。ボールをしっかり見極めることのできる柴田選手なら可能だと思っています。以上が柴田選手の成績予想です。高い守備力や小技を生かし、横浜を支える選手になっていって欲しいです。

まとめ

今回は横浜DeNAベイスターズの入団3年目、柴田竜拓選手の2018年成績予想でした!

ルーキーイヤーから1軍デビューを果たし2年目、3年目と確実に進化しています。

堅実な守備が売り物の柴田竜拓選手ですが進化しているのは守備だけじゃないですね。

 

今年(2018年)は、中盤ですでに3本のホームランをかっ飛ばしています!

身長167cm、体重68kgのどこにそんなパワーがあるのか?

 

体つきは僕とほとんど変わらないんですが、たとえ僕が20代だったとしても内野を超えることすら出来ないんじゃないだろうか。

まだまだ進化の途中の柴田竜拓選手、これからが楽しみですね。

Sponsored Links