スニーカーの捨て時っていつ?かかとやソールの補修修理や交換はできるの?

スニーカーの捨て時っていつ?かかとやソールの補修修理や交換はできるの?

どうも、ヒロです。

人それぞれいろんな趣味がありますがスニーカーを集めるのが趣味っていう人もいますよね。

ナイキやアディダス、アシックスなどブランドのスニーカーだけ集める人もいます。

それもほとんど履かないでディスプレイして見てるだけ~みたいな。

 

僕の場合は、ブランドに興味がないので普通に履き古すんですが履き方や脱ぎ方も適当なのでかかとが折れる事もあり長持ちしません。

もちろん履いてるうちに靴底(ソール)もすり減っていくのですが、いったりスニーカーの捨て時っていつなんでしょうか?

Sponsored Links

スニーカーの捨て時はいつなのか?

まず、スニーカーはまだまだ履けるのに内側の目立たないところにちょっとした穴が空いてしまった・・・

こんな場合のスニーカーは捨て時ではありません!

でも、穴が空いてるのを履いて出かけるのは恥ずかしい。
それに貧乏くさいと思われるかもしれないし・・・

 

もし、そう思うのならスニーカーを履くときと場所を考えましょう。

一人だけの時間の時なら穴が空いてるスニーカーでも問題ないんじゃないですか?

靴としての役割はまっとう出来るわけですから。

例えば
庭仕事や畑仕事など。
夜のジョギング専用として。
車の運転時用として。

 

あと、穴が開いててもまったく気にしないという人もいるので周りの友達なんかに聞けば喜んで貰ってくれる人もいると思います。

もしくは、オークションで穴が空いてるのをキチンと書いて出品しても意外と落札されるもんです。

それともちろん、自分で補修修理できるものは修理して使うのが一番です。

 

で、本当のスニーカーの捨て時というは

1.スニーカーのアッパー部分が完全にヘタレてしまった場合。

傘なんかはヘタレてしまった場合は、アイロンをすると元に戻ると言いますよね。

僕はスニーカーもアイロンで元に戻るんじゃないかとやってみましたが・・・無理でした。

やりにくいしゴムの部分は溶けたりするのでよくないです。

 

2.シミや汚れが酷く洗っても落ちない場合。

まず、落ちるかどうか洗ってみましょう!

スニーカーの洗い方
準備するもの・重曹・歯ブラシ・液体洗濯洗剤洗面台に45度のお湯1Lに重曹大さじ3杯と洗濯用洗剤をキャップ1杯を入れ溶かし、汚れたスニーカーを浸し1時間ほど放置します。1時間後、まだ落ちない部分はもっと落ちやすくする為に重曹大さじ4杯に対し水大さじ1杯のペーストを作りスニーカーの汚れが落ちるまで磨きます。その後、水ですすいでから日陰干しで乾かします。
この洗い方でもダメなら残念ながらジ・エンドです。

 

3.補修や修理が不能な完全破損状態の場合。

裂け・破れ・穴といったものが小さかったり、破損部分によっては補修、修理が可能な場合もありす。

しかしどうしても無理!という状態のスニーカーもあるのでそれは捨て時です。

Sponsored Links

スニーカーのかかとは補修修理は出来るのか?

スニーカーだけじゃないですが、靴のかかとってかなり重要な部分になります。

かかとの部分が合わないとゆるい、痛い、簡単に脱げる、内側から破れるといった状態になる場合があります。

そしてかかとの内側は人間の全体重がかかり本当に破れやすいのですが破れが小さいうちは、補修、修理が可能です。

 

実はかかとの補修修理となると近くの100均でも売ってるところが多いので諦めずに一度見てください。

 

スニーカーのソールの交換はできる?

スニーカーのソールが剥がれるとみっともないですよね。

パカパカいうのでもちろん、普通に歩けないし恥ずかしいです。

 

まあ、自分で100均等の接着剤で補修するのもありですが専門の靴屋さんできれいに交換してもらうのもいいかも。

スニーカーのソール交換ができる靴屋さんの動画です。

ナイキのスニーカーのソール交換ですが、この人、真面目そうだけど結構笑えます。

そして第二弾が下記

ニューバランス996のソール交換です、やっぱり笑える、でもどちらの動画も肝心のソール交換している場面は・・・

まとめ

今回はスニーカーの捨て時はいつな

かかとの補修修理やソールの交換について調べました。

スニーカーって値段もピンキリですが、愛着のあるスニーカーはそう簡単には捨てられない事が分かりました。

だからこそ捨て時って難しいんですよね。

 

なんでも使い捨ての今の時代でスニーカーに関しては接着剤で補修してでも履きたいという人はとても多いです。

履き心地っていうのも大事ですから古くても直して履きたいというのもあるんでしょう

Sponsored Links