ソフトバンクホークス2019年開幕投手&先発ローテーション

ソフトバンクホークス2019年開幕投手&先発ローテーション

福岡ソフトバンクホークスは、昨年レギュラーシーズンは西武ライオンズに優勝を持っていかれました。

しかし終わってみればクライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち続け日本一の頂点に立ったんですよね。

 

やはり投手陣と打撃陣の両方が揃っているチームは強いです。

ソフトバンクの投手陣は、普通に二けた勝てる投手が揃っているので他球団より一歩先を先を行ってますよね。

今回は、そんなソフトバンクホークスの2019年開幕投手と先発ローテーションを予想しました。

 

Sponsored Links

ソフトバンクホークス2019年の開幕投手は?

ソフトバンクホークスの開幕投手(第1戦)は、千賀滉大投手と予想しました。

千賀滉大投手2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年223.5113711.650141

2018年の千賀滉大投手は初の開幕投手を務め見事7回無失点で勝利投手になりました。

開幕投手は特別な先発なのでとても緊張すると思いますが1度経験があるので2019年は落ち着いて出来ると思います。

 

もちろん、昨年の経験だけじゃなく、昨年の成績からしても千賀滉大投手が務めるのが妥当でしょう。

昨年は、4月に離脱したものの復帰してからは白星を積み重ね最終的には3年連続二けた勝利を飾りました。

千賀投手のお化けフォークは、メジャーリーガーでも簡単には打てません。

 

2017年は最高勝率を挙げた千賀投手ですが、25歳はちょうど油が乗った時期です。

育成契約からスタートして、日本シリーズの開幕投手まで務めた千賀投手ですからね。

なので2019年のソフトバンクは千賀滉大投手が開幕投手(第1戦)で間違いないと思います。

ソフトバンクホークス先発ローテーション2019第2戦目は?

ソフトバンクホークスの先発ローテーション第2戦目は東浜巨投手と予想しました。

東浜巨投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年173.327520.583103

東浜巨投手は、2017年に最多勝を獲得して大いに飛躍した投手です。

その勢いで2018年も突っ走るのかと思いきや序盤で故障してしまいましたね。

開幕直後から白星に見放された東浜巨投手が5月25日に違和感から降板しました。

 

そのまま故障者リストに入ったんですが、それまで1勝5敗という東浜らしからぬ成績。

前年が16勝5敗だったので、その負け数を5月で同じにしてしまったんです。

僕はもう今季の東浜はダメだなと思っていたんですが・・・

 

8月に復帰してからはまったく別人になっていましたね。

というか2017年の東浜に戻っていました。

4月、5月は、ともに防御率が4.88でしたが復帰してから成績が凄かった。

 

8月が先発4で防御率1.66 2勝0敗

9月が先発3で防御率2.65 2勝0敗

10月が先発2で防御率0.71 2勝0敗

 

終盤の9月は、千賀投手が不調に陥ってたので、東浜投手の活躍はチームにとっても助かったと思います。

この終盤の活躍から見ると2019年の開幕投手は東浜巨投手も考えたんですが、やはり1年を通して働いてないですからね。

さらに千賀投手の実績というのもあるので東浜投手は先発ローテーションの第2戦目に予想しました。

ソフトバンクホークス先発ローテーション2019第3戦目は?

ソフトバンクホークスの先発ローテーション第3戦目はバンデンハーク投手と予想しました。

バンデンハークの2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年234.3010700.588138

バンデンハーク投手は、2018年は日本プロ野球界に入ってきて4年目のシーズンでした。

昨年は2年連続二けた勝利を挙げすっかり日本の打者にも慣れた感じです。

ただ、昨年は防御率が悪かったし与四球や与死球も増えたので、そこはしっかり春季キャンプやオープン戦では直さなければいけません。

 

バンデンハーク投手の198㎝から投げ下ろすストレートは脅威です。

なかなかこの角度から投げる投手はいないので簡単には打てないし三振奪取が多くなります。

セリーグなら阪神の藤浪晋太郎投手も同じ198㎝ですが、むしろ藤浪投手の方は当たる可能性もあるのでそっちの方が怖いか。

 

バンデンハーク投手は年齢も33歳とベテランです。

年齢的な衰えも多少はやってくると思います。

なので3年連続二けたはちょっと難しいかも知れません。

それでも5回3失点なら大丈夫だと思うので2019年の先発ローテーション第3戦を予想しました。

 

Sponsored Links

ソフトバンクホークス先発ローテーション2019第4戦目は?

ソフトバンクホークスの先発ローテーション第4戦目はミランダ投手と予想しました。

ミランダ投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年1.891.896100.85747.2

ミランダ投手は、昨年シーズン途中に加わり彗星のごとく現れた救世主です。

元々2017年はメジャーでプレーして8勝をあげた投手ですから古い実績ではなくバリバリの成績です。

そんなミランダ投手の日本での成績は

8月 先発2 防御率1.88 2勝0敗
9月 先発5 防御率2.22 3勝1敗
10月 先発1 防御率0.00 1勝0敗

 

上記のような成績を見ると、もしミランダ投手は開幕当初からいたらソフトバンクのレギュラーシーズン優勝もあったかも知れません。

昨年は、クライマックスシリーズ(CS)では、打ち込まれる場面もありましたが、それで評価が下がることはありません。

なので2019年ソフトバンクの先発ローテーション第4戦はミランダ投手になると予想します。

ソフトバンク先発ローテーション2019第5戦先発投手は?

ソフトバンクホークスの先発ローテーション第5戦目は武田翔太投手と予想しました。

武田翔太投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年194.484933.308124.2

武田翔太投手は、2017年に右肩の不調で長期離脱し、そこからなかなか完全復帰できない状況です。

昨年は、4勝9敗と大きく負け越したんですが、4勝のうち、3つが3完投、3完封というなんとも不思議な投球でした。

 

あまりの投球内容の悪さで無期限2軍調整だったのが、先発投手陣の故障で急遽昇格したら完封勝利をあげてしまうという工藤監督も呆れるような投球だったんですよね。

それでも昨年はロングリリーフでチームに貢献してくれました。

 

しかし2015年、2016年の武田翔太投手と言えば投手陣が揃っているソフトバンクでもエース級の働きだったんですよね。

昨年3完封したということはそれだけの実力はあるということです。

なので2019年はロングリリーフではなく先発ローテーションの一角として第5戦の先発を予想しました。

ソフトバンク先発ローテーション2019第6戦先発投手は?

ソフトバンクホークスの先発ローテーション第2戦目は大竹耕太郎投手と予想しました。

大竹耕太郎投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年83.883200.60048.2

大竹耕太郎投手は、まさにシンデレラドリームですね。

昨年は、育成4位でソフトバンクに入団して1年目、そうルーキーイヤーです。

 

開幕は育成契約、7月末に支配下登録され1軍の試合に出場。

そのまま日本シリーズでも登板して2回無失点の快投でした。

たった1年の間にこれほど状況が変わる選手も珍しいですよね。

 

大竹耕太郎投手は育成4位とは言え、もともと実力が無かったわけではありません。

早稲田大学時代は1年から活躍し2年の時はエースとして全日本大学野球選手権大会優勝にも貢献しています。

また春季リーグでは、防御率0.89でベストナインにも選ばれるほどの投手だったんですよね。

 

それが3年と4年の時は怪我に悩まされてずっと勝利から見放されていたんです。

しかし4年生の秋季リーグの時に3季ぶりに勝利投手になって復活の可能性が出てきたんですよね。

そうなるとプロのスカウトも評価が難しいところです。

本当にもうしっかり投げられるのかと。

 

そこでソフトバンクが育成契約として入団させたんですよね。

そしたらこれが大当たり。

こんなに早く1軍に出てくるとスカウトの人も思わなかったでしょう。

 

大竹投手の2018年は1年間先発ローテーションで投げたわけではなりません。

しかしまだまだ若いし、日本シリーズでも全く緊張しなかったという強心臓の持ち主です。

ならば2019年の先発ローテーションの第6戦目にするのも面白いと思い予想しました。

■関連記事

西武ライオンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

楽天イーグルス2019年開幕投手&先発ローテーション

巨人2019年開幕投手&先発ローテーション

まとめ

今回の記事は、フトバンクホークス2019年開幕投手&先発ローテーションでした。

僕の2019年の予想は、

開幕投手(第1戦)は、千賀滉大投手。

先発ローテーション第2戦は、東浜巨投手。

先発ローテーション第3戦は、バンデンハーク投手。

先発ローテーション第4戦は、ミランダ投手。

先発ローテーション第5戦は、武田翔太投手。

先発ローテーション第6戦は、大竹耕太郎投手。

と予想しました。

 

ソフトバンクの場合は、よそからFAで獲ってこなくても育成がしっかりしているので投手陣は充実していますよね。

昨年はレギュラーシーズンは西武ライオンズが優勝しましたが、やっぱり最後が投手陣が弱い西武は日本一にはなれませんでした。

 

その点、ソフトバンクホークスの場合は、打撃陣と投手陣も素晴らしい。

もっと言えば守備もしっかり、どのポジションも弱点が無いし、投手陣も先発、中継ぎ、抑えと素晴らしい。

そうなると自ずと優勝候補にもっとも近いのは間違いないですね。

 

Sponsored Links