菅野智之(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

巨人の菅野智之投手を、もはや叔父の七光りなんて言う人は誰もいませんよね。

入団1年目から先発ローテーションに入りして大活躍。

球団の貢献度から言ったら現役時代の叔父、原辰徳来季監督より上ではないでしょうか。

今年(2018年)も投手タイトルを総なめにした菅野智之投手ですが年俸はどこまで上がるのか?

気になるこれまでの年度別年俸推移と2019年の年俸予想をします。

Sponsored Links

菅野智之(巨人)年俸推移

菅野智之投手は、2012年に神奈川の東海大学からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団しました。

契約金:1億円

年俸:1,500万円

で合意して入団しました。

1年目から6年目までの年俸推移

年度入団年俸年齢
2018年6年目4億5,000万円29歳
2017年5年目2億3,000万円28歳
2016年4年目1億3,000万円27歳
2015年3年目1億1,000万円26歳
2014年2年目7,000万円25歳
2013年1年目1,500万円24歳

菅野智之投手の年俸推移って半端ないですね。

上がり方が尋常じゃありません。

1,500万円から7,000万円もすごいですが1億3,000万円から2億3,000万円への1億円アップがまずはすごい。

こんなに大金をもらって成績が下がる選手も多いですが菅野智之投手は年俸に見合った仕事をするんですよね。

1億円アップでもすごいのに次ぎの年は年俸4億5,000万円になり、上り幅だけで2億2,000万アップですよ。

こんな年俸推移は球団も苦しいはず。

まあ、でもこれまでの成績を見れば上げないといけないのは分かります。

ただ、菅野投手の成績を見る場合は、勝敗で判断したらダメですよね。

可哀そうなくらい援護がないです。

特に2016年と2015年は可哀そうすぎる。

年度防御率投球回数勝利敗戦
20162.01183.1回9勝6敗
20151.91179回10勝11敗

菅野投手の通算成績は152回先発して防御率2.17に対して76勝41敗です。

子どもの頃から憧れて、日ハムのドリフト指名を断り、浪人してまで入った巨人でしたが味方の援護点がほんとに無かった時代がありました。

2016年は防御率2.01で最優秀防御率のタイトルを獲っているのに二けた勝てなかった。

2015年は防御率1点台なのに勝ち星より負けの方が多いってありえないですよね。

本当なら今年で通算100勝はしていると思います。

まあ、球団としてもその点は分かっていると思うのでこのような年俸推移にはなっているんでしょう。

Sponsored Links

菅野智之(巨人)2019年の年俸予想

今年も大活躍だった菅野智之投手。

気になる契約更改ですが

2019年の年俸は5.5億円と予想しました。

年俸予想をした理由

今シーズンは4億5000万円の契約の菅野投手、チームは3位という成績ではありましたが、個人では15勝8敗、完投試合数は10試合、投球回数は202回、防御率2.14という素晴らしい成績でした。

さらに、沢村賞の基準である、

  • シーズン15勝以上
  • 奪三振数150以上
  • 完投試合数10試合以上
  • 防御率2.50以下
  • 投球回数200回以上
  • 登板数25試合以上
  • 勝率6割以上

という7項目全ての基準を満たし、文句なしの投手の最高名誉である沢村賞も獲得しています。

このような状況において、たとえチームは3位で、かつクライマックスシリーズでは広島に敗れたものの、2017年のシーズンよりも良い成績をおさめていることを踏まえると、年俸が下がる要素は全くないと思います。

あとは、年俸の上がり方だけだと思います。
来シーズンを5.5億円とした理由としては、今シーズンの年俸に対し、タイトル料である沢村賞を5000万円として上乗せし、その上で5000万円の上乗せは、今シーズンのジャイアンツの投手陣を支えてきたことと、チームへの貢献度という意味も含めて、来シーズンは1億円のアップ幅とみています。

ただ7月の登録抹消がなければ、16、17勝はしていた可能性があり、この場合には成績だけ見るとさらに5000万円を上乗せした1億5000万円のアップ幅が予想できました。

来シーズンは6億円になっていた可能性も十分考えられます。
読売ジャイアンツとしてはチームトップの年俸ではありますが、来シーズンもこれは続くものと思います。

■関連記事

菅野智之(巨人)2019年成績予想!狙えるタイトルは?

岡本和真(巨人)年俸推移と2019年の年俸予想

甲斐拓也(ソフトバンク)年俸推移と2019年の年俸予想

最後に

今回は菅野智之投手の年俸推移と2019年の年俸予想でした。

はっきり言って入団時は菅野投手がこれほど大投手になるとは思いませんでした。

今年はクライマックスシリーズでもノーヒットノーランを成し遂げていますからね。

メンタルもそうとう強い選手だと思います。

ただ叔父の原監督は現役時代も今も爽やかなのに、どうして菅野投手って爽やかじゃないんだろう?

語弊がありそうで怖いんですが、ふてぶてしそうに見えるんですよね。

実はいい人だと思うんですが、あの圧倒的な強さがふてぶてしく見えちゃうんでしょうね。

まあ、だからこそ対戦前から打者を圧倒しているんだと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする