多和田真三郎(西武)年俸推移!2018年最多勝でどこまで上がる?

2018年のパリーグは埼玉西武ライオンズの久しぶりの優勝で幕を閉じました。

まあ、クライマックスシリーズではソフトバンクに負けちゃたけど・・・

それでもレギュラーシーズンだけみたら他チームを寄せ付けない独走状態でしたよね。

その要因は破壊力満点の強力打撃陣であることは間違いありません。

何たってチーム打率はリーグ1位なのにチーム防御率はリーグ最下位ですからね。

投手陣からしたらグーの根もでません。。。

ただ、そんな西武ライオンズでも活躍した投手もいます。

球界のエース、いや球界のNo2菊池雄星投手、(No1はやっぱり巨人の菅野)の活躍は実績からして予想通りでした。

今年(2018年)は、もうひとり覚醒して飛躍した投手がいるんですよね。

それが2015年のドラフト1位、多和田真三郎投手です。

今回はそんな多和田投手の入団からの年俸推移と2019年の年俸を予想します。

Sponsored Links

多和田真三郎投手の年俸推移

多和田真三郎投手は2015年に富士大学からドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団しました。

契約金:1億円プラス出来高払い5,000万円

年俸:1,500万円

で合意して入団しました。

プロ野球選手の年俸
プロ野球の年俸は一般の方のように毎月もらえる月給制ではありません。活躍に応じて来年1年分の年俸が決まるのでそれだけ選手も必死です。もちろん成績が下がれば年俸も下がるし必要ない選手と見なされれば年末の契約交渉が行われず自由契約となります。

多和田真三郎1年目(2016年)年俸:1,500万円

1年目の契約年俸は入団前の契約交渉で決まります。

なのでプロ野球選手として実力で勝ち取ったというより大学時代の成績が参考になります。

そして即戦力としての期待もあったので年俸1,500万円ですね。

まあ、大卒のドラフト1位ですから他チームの選手と比べても年俸1,500万円はけして高い金額ではありません。

それでも松坂大輔も背負った背番号18のエースナンバーを与えられたのですから、西武ライオンズの期待はそうとうなものだと思います。

多和田真三郎2年目(2017年)年俸:2,300万円

1年目成績(2016年)

防御率勝利敗戦先発完投完封
4.38751821

開幕直後は大学4年の痛めた右肩の影響で出遅れるも5月には初先発。

結果は1回0/3で自責点4の敗戦投手デビュー、しかも新人投手が初登板で三者連続押し出しという1940年依頼のうれしくない記録も。

それでもしり上がりの調子を上げていった多和田投手は先発ローテーションに入り8月には初完投をルーキー一番乗りの初完封で達成。

1年目から7勝6負の好成績を残しました。

年俸推移も1,500万円から2,300万円に大幅アップです。

多和田真三郎3年目(2018年)年俸:2,600万円

2年目成績(2017年)

防御率勝利敗戦先発完投完封
3.44551622

2年目は右肩の残る違和感の影響もあり登板数が前年の18から16に2試合減ってしまいましたね。

それでも2完投して、両方とも完封勝利ですから今では数少ない先発完投型の投手だと思います。

先発は2試合減っているんですが実は投球回は前年より2回しか減っていません。

それだけ出場した試合は簡単には降板しなくなったということです。

そして、それが防御率を1点近く減らすことができた要因だと思います。

年俸推移は2,300万円から2,600万円と300万円UPの微増というところですね。

Sponsored Links

多和田真三郎4年目(2019年)年俸予想

3年目成績(2018年)

防御率勝利敗戦先発完投完封
3.811652652

3年目の多和田投手、完全に覚醒しましたね。

  • 最多勝のタイトル獲得。
  • 最優秀バッテリー賞獲得。(捕手は森友哉)
  • スピードアップ賞獲得。
  • 月間MVP獲得。(3・4月、9・10月)

※ちなみにスピードアップ賞って球のスピードじゃないですよ。

スピーディーに試合を進めるため最も平均投球間隔(無走者時)が短かった投手に与えられる賞です。

結構多くの賞を獲得した多和田投手ですがちょっと大手を振って自慢できないところがあるんですよね。

それは破壊力抜群の打撃陣に助けられてるところも多大にあるということ。

勝利数は1位なんですが防御率は8位、と言っても規定投球回数に達している投手が9人なので下から2番目ということになります。

今季終盤まで勝利数1位で防御率最下位の4点台という感じでしたからね。

さすがにそれはちょっと恥ずかしい・・・

でもスタートダッシュの6連勝は良かったし、9月10月は負けなし防御率1点台でしたからね。

完投勝利もリーグ1位だし、完封も2位なので好投手なのは間違いないです。

ただ年末の年俸交渉については、昨年の山川の件もあるし、なんか5月~8月の防御率4~5点台のことを言われて大幅増は見込めないかも知れないですね。

それでも多和田は試合の序盤打たれても諦めずに投げ続けたから打線が逆転してくれた勝利投手になっています。

序盤打たれても修正して試合中に立ち直れるのが多和田投手の長所でもあるんです。

入団3年目にしてすでにピッチングとは何たるかを知っているのでしょう。

来年は西武ライオンズのエース菊池雄星投手がずっと希望していたメジャーにポスティングで行くのはほぼ間違い無いでしょう。

そうなるとただでさえ投手陣がいない西武なので多和田真三郎にかかる期待は今以上大きくなるはずです。

その為にも球団は多和田投手の年俸を考えるとき

  • 防御率のこと。
  • 最多勝のタイトル獲得のこと。
  • 来年はエースということ。

などを踏まえた上で年俸査定をするでしょう。

ということで僕の予想ですが、

多和田真三郎2019年の年俸予想は5,200万円と予想しました

つまり2,600万円から倍増です。


追記(12月3日)

予想が外れました

2019年の年俸は8000万円でした。

まさか3倍以上増になるとは・・・


防御率は悪かったですが西武ライオンズが久しぶりに優勝できたのは投手陣では多和田投手の力がとても大きかったでしょう。

なので年俸推移としては2,600万円から5,200万円(予想)ではないでしょうか。

■関連記事

山川穂高(西武)年俸推移!2018年活躍したらどこまで上がる?

上林誠知(ソフトバンク)年俸推移と2019年の年俸予想

清宮幸太郎(日本ハム)2019年の年俸予想

まとめ

多和田投手が最多勝を獲る今年(2018年)の活躍を予想していた人はそうはいなかったと思います。

防御率勝利敗戦年俸
20164.38751,500万円
20173.44552,300万円
20183.811652,600万円

こうみると多和田投手って毎年負け数が5負で一緒なんですね(笑)

でも勝ち星は昨年の3倍以上です。

年末の年俸更改が楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする