テッシュを噛む癖が治らない!原因と改善方法は?

どうも、ヒロです。

人っていろんな癖がありますよね?
その中でテッシュを噛むのが癖になっている人がいます。

”テッシュで鼻を噛む”じゃなくて、口の中に入れて噛んでしまう癖です。

本来、テッシュは食べ物では無いので口には入れないものですが、何かの原因で入れてしまうようになるんです。

そこで今回はテッシュを噛む癖が治らないあなたへ、原因と解消方法を紹介します。

Sponsored Links

テッシュを噛む癖は何が原因なの?

テッシュを噛む癖の原因は主に2つです。

1.噛み心地が好き

2.異食症が原因

3.ストレスが原因

1の噛み心地が好きで噛んでる場合は自覚症状もあるのでそんなに深刻に悩む必要はありません。

もしろ、この場合は本人はいつでも止めれると思っているけど周りの人が異様な光景に見えるので心配しているケースが多いです。

2の異食症は食事としては食べないものを継続して摂取してしまうことを異食症と言います。

氷や土、毛髪、チョーク、紙などがあげられますが2歳までなら正常な知的好奇心ですが、それ以上で継続して食べるようになると異食症と診断される場合があります。

3のストレスが原因の場合は、自覚症状が無かったり、分かっていてもテッシュを噛む癖が止められない衝動の場合があります。

なので問題は、このストレスが原因でテッシュを噛む癖が治らない場合ですよね。

普通の人はテッシュを口に入れるという行為は考えたことも無いでしょう。

だから尚更、口に入れて大丈夫なのかな?
と心配します。

食べ物では無いテッシュを口に入れて害は無いのか?
有害だったら身体に悪影響は出ないか?

一番心配なのはそこですよね。

Sponsored Links

テッシュを噛む癖は体に害は無いのか?

テッシュを口に入れるという事は、口の中で噛んでいるうちにある程度、飲み込んでいると思います。

もちろん、小さな赤ちゃんでもよく使うテッシュですから口の中に入れた即入院するような恐ろしい成分は入ってないでしょう。

ただ、まったく問題無いかと言えばそうも言いきれません。

テッシュは各社から発売しており値段もバラバラです。
粗悪品から身体に優しいものまであります。

だから一概には言えず、回答も複数あります。

・テッシュは石油系のものである以上、身体には良くない。

・ほとんどのテッシュが100%パルプなので考え方は木であり、木は植物なので、植物を食べるのと一緒と考えれば噛むくらいならいいと思います。

・商品用途で赤ちゃんのマウスケア含有の国内大手製紙業者の物であれば多分大丈夫です。

上記のように身体への害については、テッシュの商品によっても違いはあるようですがやはり安心・安全のためには口に入れて噛む癖は治した方が良いと思います。

それにテッシュを口に入れて大きいまま飲み込んだりしたら、テッシュの素材うんぬんより窒息するかも知れないので本当に気を付けてくださいね。

噛む癖が治らない場合の改善方法

テッシュを噛む癖が治らない場合、それが異食症であれば病院で診察を受ける必要があります。

ただ、ストレスが原因かも?と思った場合は、まずは下記の方法を試してください。

テッシュを噛む癖の改善方法

汗をかく運動をする。
口パクで歌う。
良く寝る。
好きなものを食べる。
好きなことをやる。
習い事を習う。
車でドライブをする。
車の洗車をする。
車の中で大声で叫ぶ。
外出をする。
お風呂に入る。
サウナに行く。
温泉に行く。
ダンスをする。
ジョギングをする。
好きな音楽を聴く。
テッシュを捨てる。
視界から無くす。
バランスのいい食事をする。
ガムを噛む。

ストレス発散方法ってこう考えるといろいろありますね。

ストレス発散がテッシュを噛む癖の改善方法になるなら上記の中から出来るものは積極的に行うようにしてください。

まとめ

今回のテッシュを噛む癖についての記事はいかがだったでしょうか?

爪を噛む癖がある人は結構見かけますが、テッシュを噛む癖がある人がそこまで多いとは思いませんでした。

僕も癖とはではいきませんが昔何気にテッシュを噛んで気持ち悪くなり、おえっと吐きそうになった思い出があります。

あの時、なんで口に入れたのか分からないんですが僕には合わなかったということでしょうね。

甘かったり、美味しかったりしたらまた食べたくなったかも知れませんが・・・

でも、テッシュの用途ってやっぱり鼻を噛んだり、汚れを拭いたりですよね。

間違っても口の中に入れるものでは無いでしょう。

また、口の中に入れたくなったら今回の記事を参考に改善できるよう頑張りましょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする