筒香嘉智(横浜)成績予想2019年!本塁打と打点のタイトルは?

筒香嘉智選手と言えば横浜DeNAの4番、侍ジャパンでも4番も打てる選手です。

2016年は本塁打と打点のタイトルを獲得しました。

どっしりとした構えからのスイングは相手ピッチャーにかなり威圧感を与えます。

2018年は惜しくも打率3割には届きませんでしたが、それでも筒香嘉智選手のホームランと打点は脅威です。

今回はそんな横浜DeNAベイスターズの頼れる4番、筒香嘉智選手の2019年の成績を予想しました。

Sponsored Links

筒香嘉智選手(横浜)プロフィール

◆名前:筒香 嘉智(ツツゴウ ヨシトモ)

◆出身地:和歌山

◆身長:185cm

◆体重:97kg

◆投打:右投げ左打ち

◆出身高校:横浜高校

◆ドラフト:2009年にドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団

筒香嘉智選手が野球を始めたのは小学校2年生からです。

中学時代は4番打者で30本塁打を記録するほど、すでにパワーヒッターでした。

ボーイズ関西選抜でも4番を務め世界大会に出場するほど若くして大舞台を経験していたんですよね。

高校時代は、松坂大輔の出身校でもある強豪校の横浜高校に入学。

筒香嘉智選手のすごいところは、あの横浜高校で1年の春から4番になったこと。

部員の数も相当なもんなのに1年春からレギュラー、それどころか4番ですからね。

やはり将来の大物ぶりがこの時から分かります。

2年夏の甲子園では打率.526・3本塁打・14打点と大活躍。

準々決勝の聖光学院高等学校戦では2打席連続本塁打を放って1試合で個人最多タイ記録となる8打点を挙げました。

筒香嘉智選手の通算成績とタイトル

筒香嘉智選手は、2018年でプロ入り9年目の29歳です。

これまでの通算成績は

打率打数安打二塁打三塁打本塁打打点
.287296285117111176534

筒香嘉智選手は、入団1年目から1軍出場の経験はありましたが規定打席に初めて達したのは2012年の3年目のシーズンです。

しかしこの年は、初めて二けた本塁打の10本をマークしたものの打率.218と最下位でした。

2013年は飛躍の年になるはずだったがオープン戦で左足首を負傷し、開幕には間に合ったがヒットが出ず三塁のポジションを中村紀洋選手に奪われてしまう。

結局、最終的には打率.216で本塁打1本という内容で終わってしまったんですよね。

しかし、納得できなかったシーズンはここまでです。

2014年は飛躍の年になり、そこからは毎年安定した成績を残しています。

筒香嘉智選手の直近5年間の成績

年度打率試合本塁打打点
2018年.2951393889
2017年.2841392894
2016年.32213344110
2015年.3171382493
2014年.3001142277

直近5年間の成績は、申し分ないですよね。

一番良かった年がやっぱり2016年です。

本塁打は前年より20本も増やして44本で本塁打王のタイトルを獲得しました。

打点も始めての3桁で110打点で打点王のタイトルを獲得しました。

打率は、タイトルこそ獲れませんでしたが3位という好成績です。

通算打率が.287しかないのは、最初の3年間が悪かったからで、その後は3割を3度とっています。

2018年も打率.295と、もう少しだったんですけどね、惜しかったです。

本塁打に関しては30~40本は当たり前という感じですね。

Sponsored Links

筒香嘉智(横浜)成績予想2019

早速ですが筒香選手の予想です。

筒香嘉智2019年の成績

打率:3割、本塁打:36本、打点:92点

上記のように予想しました。

成績予想理由

筒香嘉智選手のホームランは、横浜スタジアムで多く量産しています。

相性がよくてホームランが出やすいのもありますが、他の球場でホームランが少ない面があります。

ホームランの出やすい球場、東京ドームや神宮球場で打ってくれると毎年40本以上は行くと思います。

打点の方は、多分4番を打つことになるので、前者が鍵を握ります。

前を打つ、梶谷選手やロペス選手だと打点は稼げますが、ソト選手が3番を打つとなると打点も変わってきます。

ソト選手は、ホームランが多くて次のバッター筒香選手の前にランナーがいません。

ホームランを打ってもソロホームランが多くなり、どうしても打点を稼ぐのは難しいです。

理想は、3割、40本、110打点ですが、ベイスターズは打つ人が多いので難しいです。

右にも左にも打てる広角打法なので、3割2分打ててもおかしくはないのですが、三振が多いのが気になります。

常に130試合以上出ている選手なので、この数値が出ているのだと思います。

体格に恵まれているので、暑い夏場でもホームランを量産できる凄さをもっています。

夏場は、ピッチャーが不利なので一番の稼ぎ時です。

空気も乾燥していて、打球がよく飛びますので、夏場に強い筒香選手なら7月から8月だけで20本は行けます。

2019年の夏は暑いかは分かりませんが、夏場に強い選手がタイトルをとっています。

打率は、まあ何とか3割ちょうどくらいが妥当だと思いました。

ホームランで打率と打点を稼ぐことが出来るのが筒香選手ですから。

ファーボールや内野安打が期待できないので、タイトルも首位打者は厳しいですね。

その代わり本塁打王は可能性はあります。

■関連記事

坂本勇人(巨人)成績予想2019年!まだまだ若手には負けない 

鈴木誠也(広島)2019成績予想!カープの4連覇には必要です

岡本和真(巨人)2019年成績予想!真の4番になれるか?

最後に

今回は横浜DeNAベイスターズの頼れる4番、筒香嘉智選手の2019年の成績を予想しました。

中学、高校、プロ野球、侍ジャパンと常に4番打者として活躍してきた筒香選手。

これほど、4番が似合う選手はそうはいないでしょう。

いずれは打率も含めて3冠王も狙ってほしいですね。

まだまだ脂の乗った27歳ですから成績もキャリアハイは終わっていないと思います。

本当は僕が予想した本塁打36本、打点92ではダメなんですよね。

あくまで2019年の成績として予想しましたが筒香選手の潜在能力からしたらこんなもんじゃないでしょう。

筒香選手のパワーが爆発した時、ベイスターズの優勝が見えてくると思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする