中日ドラゴンズ2019年開幕投手&先発ローテーション

中日ドラゴンズは2018年、4位のBクラスに終わりました。

チーム打率はセリーグ王者の広島より良かったんですがチーム防御率はダントツのリーグ最下位だったんですよね。

加えてチーム勝ち頭で唯一、二けた勝利を挙げていたガルシア投手は2019年の契約交渉が決裂し自由契約になってしまいました。

そうなると次にくる投手が6勝の笠原祥太郎投手と松坂大輔投手という厳しいチーム状況です。

はたして中日ドラゴンズの先発ピッチャーは、立て直すことが出来るのか?

今回は、2019年の中日ドラゴンズ開幕投手と先発ローテーションを予想します。

Sponsored Links

中日ドラゴンズ2019年開幕投手は?

中日ドラゴンズの第1戦(開幕投手)は、吉見一起投手と予想しました。

吉見一起投手2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年203.875711.417125.2

開幕投手がこの程度の成績なのは苦渋の選択になります。

吉見一起投手の全盛期は、2008年~2012年までですから。

防御率や最多勝のタイトルを獲得していた頃なので相手バッターにはかなりの脅威でした。

しかし2019年はプロ14年目の35歳になる吉見投手ですから負担は大きくなります。

本来はもっと生きのいい若手が出てきて欲しいところなんですけどね。

ガルシア投手が、2019年も中日ドラゴンズにいればもちろん、開幕投手はガルシアで決まりです。

ただ、いないものはどうしようもないですからね。

いる投手で先発ローテーションもやり繰りするしかありません。

吉見投手は山井、松坂に次ぐ年長者で吉見が復活すれば、勢いに乗る可能性は高いです。

吉見投手で完封とまではいかなくても7回まで2点以内に抑えてもらって、ゲームメイク。

それで星野魂を継承する与田監督の初陣を勝利で飾るのがベストではないでしょうか。

中日ドラゴンズ先発ローテーション2019第2戦目は?

中日ドラゴンズの先発ローテーション第2戦目は柳裕也投手と予想しました。

柳裕也投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年105.232511.28653.1

2018年は入団2年目で、いまだ覚醒はしていませんが4月10日にはプロ初完投を初完封で飾りました。

このまま勢いに乗るかと思ったんですけどね・・・

柳裕也投手は、2018年春先から一軍ローテを守っていましたが、打線の援護のない試合が続き、自滅するケースが増えてきました。

そんな口惜しさと二軍暮らしで、2019年は、背水の思いで仕上げてくると予想しています。

特に新しいコーチ陣の阿波野ピッチングコーチの指導により、負けん気を抑えながらピンチでの平常心を鍛え上げていくことでしょう。

柳のポテンシャルなら10勝は期待できます。

足りないのは、思い切りのよいピッチングの復活です。

柳は、藤島や笠原に負けないで意地を見せてくれるでしょう。

中日ドラゴンズ先発ローテーション2019第3戦目は?

中日ドラゴンズの先発ローテーション第3戦目は笠原祥太郎投手と予想しました。

笠原祥太郎投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年174.146411.600108.2

笠原祥太郎投手は、柳投手や藤嶋投手と同期です。

柳投手がドラフト1位で笠原祥太郎投手は下位の4位指名でした。

しかし入団2年目の2018年は、笠原投手の方が6勝4敗とそれなりの結果を残しています。

ただ、防御率は4点台と満足いくものではありません。

しかし笠原は、2018年秋の侍ジャパンに選出されて、大舞台でメジャーリーガー相手に好成績を残し印象付けました。

その貴重な経験から、笠原は大きく飛躍する可能性が高いのです。

冷静さと大胆さを巧みに操り、2019年は「困ったときの笠原」のような頼りになる左腕に成長すると思います。

Sponsored Links

中日ドラゴンズ先発ローテーション2019第4戦目は?

中日ドラゴンズの先発ローテーション第4戦目は松坂大輔投手と予想しました。

松坂大輔投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年113.746400.60055.1

2018年の松坂大輔投手の復活劇は想定外でしたね。

38歳で完全に下降線の松坂投手、安い年俸で中日に拾われ春のキャンプで多くの観客を動員し、それだけで成績は悪くても中日球団としては元が取れたと言われた投手です。

それがチームでは笠原投手と並んで2番目に勝利数の多い投手になるとは・・・

ホントびっくりであり、前所属のソフトバンクは年俸3年12億円で契約して未勝利だったことを思うと孫オーナーの心中を察します。

中日ドラゴンズは、2019年は森繁さんから与田監督へ代わりシーズンを戦います。

もう森さんに遠慮なく自分をアピールする移籍2年目になります。

松坂は、往年のピッチングから、松坂ブランドと技巧派のリニューアル松坂を見せてくれることでしょう。

2019年は、ナゴヤドーム限定ではなく、中6日のローテーションを守ることに徹して、体づくりをしているはずです。

2018年より体が絞られていれば、それは実現可能だと思います。

さらに裏ローテの1戦目先発ならば、笠原の後で緊張感と使命感のバランスがちょうどよい加減ではないでしょうか?

2019年は、甘やかされないで特別扱いのない伊東ヘッドのサポートに期待して、6回ノルマで完投を目指してもらいたい。

松坂で10勝。そしてビジターで活躍することで本当の復活だと思います。

中日先発ローテーション2019第5戦の投手は?

中日ドラゴンズの先発ローテーション第5戦目は小笠原慎之介投手と予想しました。

小笠原慎之介投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年174.115611.455107.1

入団3年目の2018年は、若干21歳で初の開幕投手を務めました。

高卒1年目から12試合に先発するなど期待の高さが伺われましたが期待通りの成績は残していないのが現状です。

しかも毎年、勝ち星より負け数の方が多いのが残念なところですね。

ただ2018年は5勝6敗と差が少なくなっているので2019年は、飛躍の年になり勝ち星が多くなると思います。

落差のあるチェンジアップでの空振り率は2016年リーグ1位、2017年リーグ3位になるなど決め球となるボールがあるのは小笠原慎之介投手の強み。

ストレートの最速は152キロですが重いストレートなので、それに得意のチェンジアップにスライダー、カーブを織り交ぜていけば相手打者もそう簡単には打てないと思います。

中日先発ローテーション2019第6戦の投手は?

中日ドラゴンズの先発ローテーション第5戦目は藤嶋健人投手と予想しました。

藤嶋健人投手の2018年成績

年度先発防御率勝利敗戦完投完封勝率投球回
2018年83.663100.75071.1

藤嶋健人投手は、柳投手や笠原投手同じ2016年のドラフト組です。

ただ、藤嶋投手はドラフト5位の下位指名で、さらに二人と比べると唯一、高校卒なので年齢が違います。

藤嶋健人投手は入団1年目は1軍登板が無かったので実質2018年が1軍デビューでした。

1軍初先発となったのは6月17日、この日先発予定だった松坂大輔投手が試合前に背中に痙攣を起こして開始15分前に急遽プロ初先発が告げられるというアタフタした状況。

それでも6回2失点に抑え嬉しい初勝利を挙げました。

でも、突然初先発が決まったのはむしろ藤嶋投手にとっては良かったかも知れません。

事前に監督から伝えられていたら前の日からずっとドキドキして緊張で夜も寝れなかったかも知れませんから。

最終的に2018年のレギュラーシーズンは3勝1敗に終わりましたが7回無失点とか7回1失点という試合も結構多かったんですよね。

打線との兼ね合いが良ければもう少し勝っていたと思います。

また、2019年は開幕から先発ローテーションを守れば二けたは勝てるでしょう。

■関連記事

⇒プロ野球12球団の開幕投手&先発ローテーション2019大予想!

まとめ

今回は中日ドラゴンズの2019年開幕投手と先発ローテーションピッチャーを予想しました。

  1. 開幕投手:吉見一起投手
  2. 先発ローテーション第2戦目:柳裕也投手
  3. 先発ローテーション第3戦目:笠原祥太郎投手
  4. 先発ローテーション第4戦目:松坂大輔投手
  5. 先発ローテーション第5戦目:小笠原慎之介投手
  6. 先発ローテーション第6戦目:藤嶋健人投手

上記のようになったんですがあなたの予想はいかがだったでしょうか?

それにしても中日ドラゴンズの先発投手陣って入団2~3年目の若手か大ベテランに分かれている感じですよね。

その他の先発候補を見ても山井投手だったら40歳ですからね。

脂の乗った中堅どころが活躍して欲しいんですが28歳の小熊凌祐投手も中々期待に応えてくれません。

あと今季(2018年)は中継ぎで不調だった又吉克樹投手ですが2017年までは先発もリリーフでも活躍していた投手です。

まだ28歳と働き盛りなので2019年は先発としてスタートするのも良いかも知れないですね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする