上林誠知(ソフトバンク)年俸推移と2019年の年俸予想

上林誠知選手は、高卒でドラフト4位ながら常勝軍団のソフトバンクホークスで入団4年目にしてレギュラーの座を勝ち取りました。

5年目の今季(2018年)全試合出場、堅実な守備に長打も打てるバッティングも急成長しました。

そんなソフトバンクには無くてはならない存在になった上林誠知選手の年俸推移と2019年の年俸予想をします。

Sponsored Links

上林誠知(ソフトバンク)年俸推移

上林誠知選手は、2013年に埼玉の仙台育英高校からドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスに入団しました。

契約金:4,000万円

年俸:500万円

で合意して入団しました。

1年目から5年目までの年俸推移

年度入団年俸年齢
2018年5年目3,500万円23歳
2017年4年目800万円22歳
2016年3年目800万円21歳
2015年2年目500万円20歳
2014年1年目500万円19歳

上林誠知選手の年俸推移としてはルーキーイヤーが1軍に出場することができませんでした。

そのため、2年目の年俸は現状維持の500万。

ただし2年目の成績は1軍で15試合出場、打率.318 本塁打2 打点6という結果を残し300万アップの800万円を勝ち取ります。

しかし3年目の成績はすべて前年度を下回り、現状維持の800万円でサイン。

そして上林誠知選手の人生を変えたのが2017年の入団4年目のシーズン。

この年、上林誠知選手は134試合に出場、打率.260 本塁打は二けたの13本、打点51に盗塁12、失策0と攻守に渡って大活躍。

極めつけは外野手でリーグトップの10補殺を記録しました。

もちろん初の規定打席にも到達しキャリアハイの成績なので年俸推移もグーンと伸びましたね。

800万円から3,500万円と2,700万円アップです。

Sponsored Links

上林誠知2019年の年俸予想

今年(2018年)も大活躍だった上林誠知選手。

先の2019年の年俸予想を発表します。

年俸予想は
1億円

大台突破を予想させていただいました。

やはり、上林選手の今シーズンの働きっぷりはお見事の一言に尽きます。

日本シリーズに於いても、その活躍ぶりはすさまじく、大事な場面でホームランを打ってくれます。

クライマックスでの下剋上からの日本シリーズで、ソフトバンクホークスを優勝へ導いた立役者の一人であることは間違いないです。

太っ腹な孫社長のことだから、今後、更なる上林選手の飛躍と期待を込めて、これくらいの年俸の大台に乗せてくれそうな気がします。

また、今季、主力選手のケガや不調が目立つソフトバンクにとっては、いまの上林選手はとても重要な選手であることに間違いはありません。

800万円だった年俸が、4倍近く上がって3500万円になった今季でも、契約更新では笑顔一つ見せないなど頑とした態度などが報道されまた上林選手。

自分の実力はこんなものじゃないという、評価に対する悔しい気持ちもあっての、今季の活躍だったのかもしれませんね。

年俸が上がる人もいる代わりに、もちろん下がる人もいます。

ですが、今季、これだけの活躍があった上林選手の年俸が上がらないことはまずないでしょう。

そして上林選手自身も、年俸が上がることによって、球団から自己価値の評価をされることで、また頑張って来季も活躍してくれることをファンとしては期待しています。

余談ですが、今季の日本シリーズ中、内川選手から『どれだけ打つかではなく、どこで打つかが重要だからな』とアドバイスを受けて、奮起したそうです。

なので上林選手に性格からして1億円という年俸は視野に入れていると思います。

■関連記事

清宮幸太郎(日本ハム)2019年の年俸予想

山川穂高(西武)年俸推移!2018年活躍したらどこまで上がる?

多和田真三郎(西武)年俸推移!2018年最多勝でどこまで上がる?

まとめ

ソフトバンクで昨年から大活躍の上林誠知選手。

入団当初はくすぶっていても、それは仕方ありません。

何たって高卒ルーキーですからね。

いきなりプロ野球の世界で大活躍するのは清原和博選手くらいです。

それでも上林誠知選手の成績や年俸推移を見ると順風満帆すぎるくらいではないでしょうか?

若い上林選手が台頭してきたことでソフトバンクは今世代交代が行われています。

同じ外野手でいうと吉村裕基外野手、城所龍磨外野手と一時代を築いた選手が戦力外通告を受け自由契約になりました。

20代で自由契約になる選手が多いプロ野球の世界、30代までやれるのは成功した選手とも言えます。

あまり長く現役が続けられない世界ですから現役の間にどれだけ年俸推移をあげれるかが大事になってくるんですよね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする